【ニュース 沖縄】沖縄が戦場になった理由と基地を無くせない理由!補助金が沖縄を駄目にする!武田邦彦

沖縄の基地の意図と運命

沖縄の基地の位置と運命ですね。

位置と運命というのはですね、非常に話すのが難しいものですから、皆が避けているのですが、心の中ではですね誰もが思っていることなんですね。

ある国には国境線というのがあるわけです。

もちろん国境線というのは、時として敵国と対峙しておりますので必ず戦場がそこになりますね。

有名なものは、ドイツとフランスの境界にあるアルザス・ロレーヌ地域ですね。

ここは、ドイツが強くなればドイツに占領され、フランスが強くなればフランスに占領される、その度ごとに軍隊に踏みにじられ占領された方の国法に小学校が変わると。

だからドイツ語勉強して、小学校3年までドイツ語勉強してると思ったら4年からフランス語になるという、そういうような地域だったわけですね。

これは、その後あまりに酷いと言うのでドイツとフランスが話をして、小学校教育は変えないという話になりましたが、そういう事があるわけですね。

沖縄がアメリカと日本戦場になった理由

もちろん日本でもそうで、大東亜戦争で戦局が悪くなると外国の軍隊が日本を攻めるわけですね。

そうしますと、北海道地域では樺太を攻められて樺太の日本人は命からがら逃げてきたりですね。

有名な樺太の通信隊に居た、8名の女性は全員が自害をしました。

それから千島半島では、一番北の占守島と日本では書くんですけども、そこで戦いが行われました。

それから、太平洋地域では硫黄島ですね、激戦が行われる。

そして南の方では、その当時台湾が日本の領土だったんですけども、ルソン島とアメリカ軍が占領したもともとフィリピンはアメリカの植民地でしたから、ルソン島に戻ってきたアメリカ軍はですね、

台湾で血を流すよりか直接沖縄を攻めようという事で、従来の作戦は台湾を取ってから本土と中国を攻めるという事だったんですけども、方針が変更されて沖縄戦になったわけですね。

当たり前のことですけども、地理っていうのは日本の人間にとって非常に重要ですね。

だから必ず周辺って言うのは、戦火の時には真っ先にやられるような事になるんですね。

蒙古襲来で対馬が全滅に近い被害を受けた理由

これは例えば蒙古の時でもですね、蒙古襲来の時でも対馬は全滅に近い悲劇を受けたわけでありますが、それはまた仕方がないというか、仕方がないと言うなよと言われても仕方がないんですね、博多に来る。

蒙古は何故直接的に江戸に来なかった、あの頃は鎌倉ですが鎌倉に来なかったんだと言ったって、太平洋回ってくるっていうのはあり得ませんから、それはそういう事になるわけです。

これはこれで、なんでアルザス・ロレーヌとか沖縄とかに住んでいるのかと、やっぱりそこはそこでいいからなんですよね。

例えば北海道だって、それは戦争があれば北海道がやられてしまうんですけれども、北海道と例えば青森に住むと、どっちに住むんですかって。

ソ連が攻めてきたら北海道やられちゃうけども、普段住むには北海道は広いし暖房も利いてるしいいなと言うのもあるわけですよ。

私も沖縄に何度も行ってますけども、沖縄また素晴らしいですからね、サンゴ礁あり暖かくて人柄はいいし食べるのに困らないしという言う事で、またそこはそこでいいわけですよね。

だけど、歴史的には琉球王国の時代から中国と日本の方に何か気を付けないとですね、ダメだという事も起こるわけですね。

そういうのが全部総合されて、地球上に皆が住んでいるわけです。

なぜ沖縄と北海道に基地が集中するのか?

そんなこと言ったら日本だって、中国とかロシアみたいに危なっかしいところの横に居ないで、日本列島なんかに住んでいないでハワイに言ったらどうだと言われたってですね、そういうわけにはいかないわけですよね。

だから沖縄に何故基地があるかというと、これは沖縄が日本の南の端だからと答えるしかないんですよ。

なんで沖縄だけが基地があるのか、それは沖縄が南の端だからしょうがないですよと、北海道と沖縄に基地が集中する、それは仕方がない。

あとは、佐世保とか舞鶴とかですね、やっぱりどうしても海に面した地域になる。

長野県になんで基地がないんですかって、長野県にあっても長野県に到達するまでには石川県と富山県を突破しないといけないし、太平洋側だったら静岡県突破して山脈を超えなきゃいけないから、だからそれはですね防衛になりませんよね。

ですから、別にそんな事を問題にしているわけじゃないんですよね。

日本と家族を守る為に沖縄で必死に戦った日本人

沖縄に基地がある場合、それは日本の代表ですね。

例えば沖縄戦が行われるとですね、私の記憶では沖縄戦で命を落とした日本軍の兵士は確か内地から出ていったのが7万、沖縄兵が4万くらいだったと思うんですね。

もちろん民間人が10万近く亡くなっていますけども。

軍隊としては日本軍が出て行ってるんですね。

今問題になってる、嘉手納基地の嘉手納の守備隊っていのは京都、京都から出ていった守備隊が守ったんですけども、確か僕の記憶では5千人玉砕していますね。

ですから、もちろん基地は沖縄にあってもですねやっぱり守るのは日本全体で守ると、言う事も今までの歴史もそうなっているわけですね。

補助金が沖縄を駄目にする

だけどもやっぱり、基地がある負担はですね何かしらカバーしなきゃいけない。

アメリカ軍の件については次回にやりますので、今回は位置という点ではですね、これは沖縄振興策、ずいぶん僕もそれに携わったんですけども、補助金という形はどうもよくないんですね。

補助金をずっと出しますと、沖縄は特別に日本の中では補助金を置いてもらっているわけですが、補助金はやっぱり沖縄はあまりよくはしませんね。

どうしても人間ですから、ただのお金もらってしまうとですねそれで気が緩んじゃうんですね。

それよりか沖縄の振興策というのは、やはり子供を一人産んだら1千万出すとかですね。

大学を非常に、小学校から大学まで無料にするとか、そういう方式ですね。

つまりその沖縄の未来に種を蒔くというか、例えば子供生まれる時とか育児に補助を出す、もしくは教育に金を出す。

これは、教育とかそういう育児に金を出しても、直接その生活に関係ないので生活にしよう、沖縄の政治経済は沖縄の人とずいぶん話はするんですけれども。

やっぱり沖縄に観光資源なり、それから技術資源ですね。

僕はうるま市の議員なんかもずいぶんやったんですが、うるま市確かあの頃人口が10万人でも技術者の数っていうのはものすごく少ないんですよ。

私いろいろ、うるま市で技術の事をやろうと思ってもですね、これだけ技術者がいなかったらもうダメだって感じなんですね。

沖縄を守る事は日本を守る事

ですから時間はかかりますが、やっぱり沖縄を守らなきゃいけないわけです日本としては。

だから、沖縄を守るって事は日本を守るって事ですからね。

それからよく最後の人で、沖縄戦だけが日本の国土の戦争だって、そうじゃないんですよ。

樺太も台湾も航空戦がありましたし硫黄島もありますしね、それはもう仕方がないことなんですね。

だから、間違ったことを言って人の感情を煽るのではなくて、やっぱり建設的に沖縄の人の子供の養育とか教育を充実させて、その代わり産業は自分達でやるっていう方式が僕は一番いいと思うます。

これは、沖縄の人もまあまあ指導者もそう言っていますし、僕もそれで沖縄の産業というものを振興させようと思ってずいぶん努力しましたが、なんたって今技術者がいないんですよ。

私の提案するような技術の産業はですね、技術者いなかったらどうにもならないんですよ。

沖縄が目を背けてはならない現実

本土から沖縄に行っている人も多いので、人口はそれでずいぶん増えましたけれども、それでもですねやっぱり沖縄で気楽な生活を送ろうって人が沖縄に行くとですね、お金は落ちますけれども沖縄の発展にはもう一つならないんですね。

やっぱり苦労して、青森とか秋田の人だってものすごく雪の中苦労しているわけで、沖縄雪の中で苦労することがないんですけども、台風はありますけどね。

だけどやっぱり、かなり苦労しないと沖縄自身の振興、貧乏からの脱却って出来ないんですね。

沖縄は結構、栄えても経済的に進歩しても貧富の差は広がる方向に行くって言う事もあるんですよ実は。

これは沖縄の政治体制もちょっと問題があるし、それからなんて言ったって住みやすいので、あまりお金が無くても生きていけるのもですから、それが逆目に出て貧富差が広がるという事があるんですね。

経済発展すると貧富の差が広がるという沖縄の特徴もあります。

そういうところから見てですね、現実はやっぱり受け入れるという事ですね。

現実を受け入れるという事は、だから基地は我慢しろなんて言ってるんじゃないんですよ、すぐにそういうふうに来る沖縄タイムス的な人もいますけど、そうじゃないんですよ言ってるのは。

どうしても端というはそういうものだ、それに対して中心に長野県なら長野県に居る人は絶対に攻められませんから外国から、だけどもその代わりに基地はないわけですよ。

だから沖縄の基地に対して、長野県の人や東京の人がどういうふうな思いでやるかという事をですね、テーブルについて前の時に言いましたけれどもテーブルについて議論をする。

そしたら、沖縄の人の不満もなくなるし被害をいろいろ防ぐことが出来る、罵倒し合っててはですね日米地域協定も改善出来ませんから、そこらへんは僕も思い切って位置の問題を言ったのですけども。

やっぱり、位置の問題も大っぴらに議論が出来る基盤を作る必要があると思います。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す