大阪都構想はなぜ負けたのか?大阪都構想またしつこい?否決の経緯!三橋貴明

大阪都構想とはなんだったのか?

司会 男司会 男

大阪都構想とはなんだったのか?

都構想の賛否を問う住民投票、この前の日曜日に投票が行われまして、開票の結果、反対が賛成を上回りました。

これによって大阪市の橋下市長が掲げた5年に渡る議論が行われてきたですね、大阪都構想は実現せず、今の大阪市がそのまま存続する事になりました。

三橋さん、まずは今回の結果、どうお考えですか?

三橋貴明三橋貴明

もう紙一重で、日本や世界が救われたかもしれないというくらいですね、壮絶な結果でしたね、これ。

あの、得票がですね、反対が70万5585、賛成が69万4844という事で、わずか1万741票差と。

その有効投票総数に対する差の割合って、1%も無かったんですよね。

だから、これはですね、もし藤井聡先生とかね、適菜さんとかこの番組でお馴染みの方がですね、あるいは学者のみなさんとか、あるいは都構想の中身を知ったね、日本国民の方々が反対運動とかをやらなかったら、多分負けていたと。

司会 男司会 男

負けていたというのは、賛成がちょっと上回ったと、

大阪都構想実現で日本はどう変わっていたのか?

三橋貴明三橋貴明

私にとって負けだから、当然賛成が勝って、それで大阪市が解体されて、で、大阪の経済というのが地盤沈下して、西日本が引きずられて、もの凄いこう一極集中になっていたでしょうわが国は、東京にどんどん人が集まって来て。

結果的に、首都直下型地震とかが起きてですね、ボンっと、国家存亡の危機、というような道じゃない方に、なんとか行ったと。

食い止めただけじゃちゃんと進んでいないんだけれど、そのくらい劇的な結果だったんですね。

司会 男司会 男

今回の結果を受けて、橋下大阪市長は政界を引退すると表明しておりますけどね、

三橋貴明三橋貴明

まぁ、すぐ戻ってくるんじゃないですか。

司会 男司会 男

そうですか。

もう、「自分の人生から政治は消えた」みたいな事をおっしゃっていますけど、

三橋貴明三橋貴明

だって、あの人、「2万パーセント出馬する可能性はありません」とか言って、平気で出る人ですから。

司会 男司会 男

今度は、「人生」になりましたけどね。

三橋貴明三橋貴明

そのうち、「宇宙」になるんじゃないですか。

「宇宙にかけて」とかですね。

どっちみち、信じちゃ駄目ですよ。

日本の政治が混乱し続ける理由

司会 男司会 男

でも一方で橋下さんの政界の引退を惜しむ声というのも、

三橋貴明三橋貴明

これね、結構重要なポイントで、なんで惜しんでんですかと。

で、都構想の話自体がおかしかったんだけど。

私ね、都構想の中身について知って、藤井さんとか私たちががんがん、がんかん発信していった問題点を知った上で賛成しているんだったら、それは価値観の問題だからよかったと思いますよ。

ただ、いわゆる保守言論人とか言われている人達も含めて、突破力のある橋下さんがやっているんだから賛成、とかですね、それがね、全体主義への道ですから。

誰が言っているかではなくて、何が正しいかというのをちゃんと考えろというのをですね、今回ぜひね、お一人お一人がですね、考えて欲しいんですよね。

例えば「安倍総理がやっているから正しい政策だ」って、そんなわけないですよと。

あるいは逆も同じ。

「共産党が反対しているから大阪都構想は正しいんだ」というこれも間違いです。

誰が反対、賛成じゃなくて、中身をちゃんと考えるという癖をつけないと、わが国はこのまま色んな政治が混乱して行ってですね、酷い状況になるんじゃないかなと、つくづく思いました。

司会 男司会 男

どうなんですか?

これは、他の国にも言える事なんでしょうかね。

三橋貴明三橋貴明

そりゃあそうですよ。

元々、こういうのの走りってギリシャですもん。

古代ギリシャの方ですよ。

だから、人類って2000年以上この問題に悩んできたわけですね。

これはあのプラトンのイデアってあるじゃないですか。

あれってそういう話ですね。

要するにみんなイデアではなくて影を見ていると。

それに踊らされて、それでイデアをちゃんと見れる哲人というんですか、その方々が、お前たちはちょっと間違っているよと言うとですね、攻撃されると。

まさに、今回の藤井先生ですけどね。

大阪都構想が紙一重で反対が上回った一因

司会 男司会 男

でも今回その三橋さんのメルマガ、

三橋貴明三橋貴明

新日本経済新聞

司会 男司会 男

このメルマガから、

三橋貴明三橋貴明

そうなんですよ。

1月27日でしたっけ、あそこに藤井先生が、淡々と事実だけね、大阪都構想の7つの事実を書かれて、それに維新の党とか橋下市長たちが、もの凄いヒートアップして食いついて来たから、ようやく問題点が知られ始めたので。

私が橋下市長だったら、スルーしましたね。

司会 男司会 男

はぁはぁ。

三橋貴明三橋貴明

あれで食いついた。

まぁ、藤井先生がメルマガを出されて、メルマガに寄稿して頂いて、橋下市長たちがもの凄い反発して来たから、結果が変わった可能性が高いんですよ。

だって、1万票の差ですからね、たった。

司会 男司会 男

ねぇ。

三橋貴明三橋貴明

だから、本当ね、歴史ってどう変わるかね、分からないんですよね。

司会 男司会 男

となると、いくつかの「if」が重なっている。

「もしも」が重なっているわけですよね。

三橋貴明三橋貴明

どれか一個でも、例えば藤井先生が寄稿されなかったとか、あるいは橋下市長が無視したとかですね。

あるいは、維新の党とかが、変なマスコミ統制ですね。

テレビ局とかに藤井を出すなとか、あんな事をやらなかったら、たぶん結果はひっくり返っていたなと。

司会 男司会 男

そうすると、だから先ほど三橋さんが仰ったみたいに、世の中がどう変わって行くかというのも、こういうきっかけで、なるって事なんですね。

三橋貴明三橋貴明

わずかな差。

たかだかメルマガ一個で、こんな事になってしまうんだという事で、ちょっと衝撃を受けました、私は。

司会 男司会 男

えぇ、でも流れっていうのは結構変わっていくものなんですね。

正しい判断をするために必要な事

三橋貴明三橋貴明

これからいい方向に変えて行かなくちゃいけないでしょうね。

私ね、別にあれですよ、別に改革が駄目ですとか、あるいは都構想は駄目ですとか、そういう風に言葉に否定する気は無いの。

中身ですよ。

中身をちゃんと知ったうえで、そのうえでそれぞれの価値観に基づいて判断をすべきなので。

せめて、誰が言っているから正しいとか、誰が言っているから間違っているとか、そういう考え方は辞めてくださいと。

別に私は、藤井を信じろとか、三橋を信じろと言っているわけではありません。

中身をちゃんと考えて欲しいんですね。

司会 男司会 男

えぇ。

例えば三橋さんなら三橋さんで、今の三橋さんの話は、これは私も賛同すると。

三橋貴明三橋貴明

納得いくと。

司会 男司会 男

でも、他の話によると、ちょっと僕は三橋さんの考え方とは違う。

これが普通、

安倍政権が進める新自由主義的グローバリズム政策

三橋貴明三橋貴明

当たり前ですよ。

なんで、他の人と価値観が全部同じじゃないといけないんですか。

そんな事はあり得ないんでね。

だからこれね、今回は大阪都構想はまぁ、ボツりましたけれども、これから安倍政権がね、色んな新自由主義的とかグローバリズム的だというかですね、そういう政策をやってくるわけですよ。

やって来ていますけど。

それですよね。

だから、「安倍総理は安全保障を考えてくれているから、こういう経済政策も正しい」となんでそうなるんだよと。

政策個別によって、態度が違うのは当たり前でしょと。

それが普通だと思うんですけど、むしろ。

司会 男司会 男

となると、私たちは一つずつちゃんと見ていかなきゃいけないんだという事ですね。

三橋貴明三橋貴明

そうですよ。

司会 男司会 男

確かに自分の反省点でも、この人が言っているんだから大丈夫だろうとか、

三橋貴明三橋貴明

あるいは逆の方が多いんですよ。

例えば、共産党が、社民党が言っているんだから間違っているんだと。

そんな事は無いです。

私は殆ど共産党と価値観が相容れる所は無いんだけれども、例えば彼らのグローバリズム批判というのは、正しい部分もありますよ。

そういう所も見て行かなくちゃいけないですね。

2015.05

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す