武田邦彦 私は日本人で日本国を作りたい!福島を見殺しにした嘘つき政治家とNHK

日本人で日本国を作りたい

私は日本人で日本国を作りたいと最近思うんですよね。

今でもそうじゃないかと言われそうなのですが、

昨日ですね、福島原発の近くのお寺のお嬢さんと話を致しました。

お嬢さんの所は3人、そして隣のお寺では8人の方が震災後お亡くなりになり、その亡くなった11人のうち、10人が自殺だというんですね。

まぁ分かりますね。

これまで、先祖伝来の土地に住み、自然の恵みの中で生きてきた人にとってはですね、土地を失うという事は、お命を失うよりも辛いもんなんですね。

何も植える事が出来ない自分の土地に、セイタカアワダチソウが茂りですね、まぁ悲しいわけです。

その人たちは避難先にいるんですけど、必ず自殺する時は自宅に帰って、命を絶つと言うんですね。

その悲しさとか悔しさが胸を打ちますね。

福島に住む日本人の苦しみに何も感じない政治家

東京に住む政治家や知識人は、福島では誰も死んでいないと言うんです。

でも自殺する人の多くは、政府によって居住が禁止され、作物を植える事を許されない所の地域の人達なわけですね。

もしも原発が危険であると正直に政府が言っていたら、この人は原発の横に住む事もなく、自然の中で幸福な人生を送っていたでしょうね。

何百人という人が命を絶ち、もしくはその人と同じくらいの苦痛や、絶望、悲しみを味わっているのだろうかと思いますね。

それでも、原発を再開するというんですよ。

日本人が悲しさの中で自ら命を絶っている事はですね、東京の政治家もこれまで原子力を推進してきた人達も、なんとも思わないんですね。

自分がやって来た事で、こんなに悲しみを多くの人に味あわせてしまったんだという事も、心に届かないんですよ。

しかも、原子力以外の方法はいくらでもあって、火力発電所を増設すれば、経済的な損失もなく、電力も得られるのに。

そして、5000億円も原発に出しているわけですから、税金などを出しているわけですからね。

それを原発を終えるのに使えばいいのに、そのお金がやっぱり欲しいんですよ。

国民を騙し続ける政治家もNHKも恥ずかしくないのか?

しかし、この原発ばかりではないですね。

バブルが崩壊して以来ですね、もったいない、というのはこれは外来語だと思うんですよ。

日本語には無いですよ、もったいないなんていうのは。

国民に節約を強いて、1000兆円のお金を国債という名前で借り上げた政府は、借りたお金は返さないから、返却するのに増税をするというわけですよ。

国民もNHKの放送で騙されて、自分が借金をしたと錯覚をしていますが、借りたお金を返すべきなのは政府であって、国民ではないわけですよ。

天下りをしてたっぷりと退職金を貰った高給官僚は、赤字国債のお金を返すべきですよ。

補助金で潤った企業もあります。

こういった、借りたお金を返さないという文化は日本にはありません。

人の心の痛みを感じ、自然と共に暮らす人生を知り、借りたお金を返す素直な心を持ち、礼儀正しいのが日本人なんです。

日本人だけで国を作りたいと私は思います。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す