脇雅史 酷い法律が次々に成立する理由!

官僚制を否定してきた弊害

脇雅史脇雅史

官僚制を否定する。

官の権力は悪いもの。

その、権力否定をする方向で、今やみんな動いていますよね。

役人は悪い事をしている。

悪い事をしている人もいるんだけど、だから役人を無くせという方向で、ずっと動いて来ちゃったんですね。

悪い役人はいらないんだけど、国家にとっていい役人が必要なんですね。

その事を忘れて、とにかくどんどん数を減らして。

だから、統計だってどんどん減らすからあんな事になったわけで。

三橋貴明三橋貴明

そうですね。

非常に増えた議員立法の弊害

脇雅史脇雅史

それからね、平成の御代に入ってから起こった事はね、議員立法がもの凄い増えるんです。

なぜかって言うと、内閣法制局という所があって、それはそれなりの権威のある組織であったわけですね。

ところが「あんなやつらに言わせずに俺がやる」なんて枝野が言っていた事があるけどね、内閣法制局長官の代わりに。

ところが、内閣法制局というのは、法律を通す時に一字一句、もの凄くうるさいんです。

で、各省から法律を出す時に、今までの法律との整合性とかをですね、その法律をやった場合の公平性とか、色んな観点から本当にもの凄い審査をしていたんですね、昔は。

それが面倒くさいものだから、その議員立法で行こうと。

水島総水島総

はぁ、そういう事か。

脇雅史脇雅史

議員立法で行きますとね、そこはすっ飛ばされるんです。

水島総水島総

なるほどね。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す