脇雅史 酷い法律が次々に成立する理由!

官僚制を否定してきた弊害

脇雅史脇雅史

官僚制を否定する。

官の権力は悪いもの。

その、権力否定をする方向で、今やみんな動いていますよね。

役人は悪い事をしている。

悪い事をしている人もいるんだけど、だから役人を無くせという方向で、ずっと動いて来ちゃったんですね。

悪い役人はいらないんだけど、国家にとっていい役人が必要なんですね。

その事を忘れて、とにかくどんどん数を減らして。

だから、統計だってどんどん減らすからあんな事になったわけで。

三橋貴明三橋貴明

そうですね。

非常に増えた議員立法の弊害

脇雅史脇雅史

それからね、平成の御代に入ってから起こった事はね、議員立法がもの凄い増えるんです。

なぜかって言うと、内閣法制局という所があって、それはそれなりの権威のある組織であったわけですね。

ところが「あんなやつらに言わせずに俺がやる」なんて枝野が言っていた事があるけどね、内閣法制局長官の代わりに。

ところが、内閣法制局というのは、法律を通す時に一字一句、もの凄くうるさいんです。

で、各省から法律を出す時に、今までの法律との整合性とかをですね、その法律をやった場合の公平性とか、色んな観点から本当にもの凄い審査をしていたんですね、昔は。

それが面倒くさいものだから、その議員立法で行こうと。

水島総水島総

はぁ、そういう事か。

脇雅史脇雅史

議員立法で行きますとね、そこはすっ飛ばされるんです。

水島総水島総

なるほどね。

酷い法律が次々に成立する理由

脇雅史脇雅史

内閣法制局に行かないんです。

それぞれの法制局が、衆議院の法制局とその参議院とあって。

それはね、もう力関係で、「お前らうるさい!」と言うと抵抗出来ないんですよ。

だから、議員立法でやればうるせぇ事無しに、必要な法律を早く通せると。

だから、私が読んで、その公務員関係の法律だったけど、「こんなの法律かよ」と。

酷い法律だなと、質問しながら言った事があるんですよ。

ちゃんと条文を読んでいくとですね、なんだこれというような事が平気で法律で出てきた。

で、最近の話をすれば、例の議員定数の話の時に、附則に「必ず、次の時までには必ず法律の措置を取ります」という事を書いて、その前の時にも法律には必ずが無かったから、「必ず」を入れたからいいでしょうと言うわけですね。

「おい、法律に必ずって何?」と。

「必ず右側通行です」って。

水島総水島総

言わないですよね。

脇雅史脇雅史

法律に書いてあったら、必ずやるに決まっているんですよ。

その法律に対して、「必ず」を入れたから良くなったんだと思うセンスが、もはや立法府足りえないと私は思うのですが、そんな事もね、あちこちで喋って来たけれども、全く話題にも誰もしないし。

その程度でいいやってんで、法律そのもののレベルがうんと落ちて、いらない法律ばっかり作っている。

で、みんな議員立法で法律作ったって喜んでいるんです。

自民党の中でもね、「一人一本出せ」とかね。

お前ら、バカじゃ無いかと。

法律はね、手柄にするためじゃ無いんだと。

自分で考えて出すんじゃなくて、世の中を見ていたらこういう法律が必要だという客観情勢があるから法律を作るんであって、頭ひねって法律作れって、バカじゃ無いかと。

それを本気でやっているわけですからね。

だからもはやね、駄目なんです。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す