高山正之 娘を強姦し続けた父親に無罪判決を下した名古屋地裁・鵜飼祐充裁判長の異常判決!

父親が愛娘を強姦してなぜ無罪なのか?

SAYASAYA

愛娘を強姦して、なぜ無罪か?という事で、まぁこれセンセーショナルなね、事件がありました。

中学2年生の頃からですか、19歳になるまで、実父が愛娘を虐待し、強姦していたという事に対する無罪判決が出てしまったという事なんですが、

こんな事ってあるんでしょうか。

高山正之高山正之

これが17日の朝日新聞かな、これは。

名古屋でしたっけね。

これはね、やっぱり検察が控訴しているから。

最初はね、控訴するのかどうか、それこそ鈍かったけれども、あまりにも社会的に問題が大きくなって、ちゃんと控訴するから。

この下級審のはひっくり返されると思うけど、それにしてもね、こんな裁判官がいるのかなと呆れたね。

なんていう名前の裁判官かな、ちゃんと名前を出して…

SAYASAYA

名古屋地裁、岡崎支部という事ですが、名前は出ていないんですかね、

高山正之高山正之

どっかにね、確か出ていたと思うけど、

SAYASAYA

これね、是非ね、裁判官ご本人にお聞きしたいですよね。

高山正之高山正之

その状況を法律的に解釈すると、相手にも判断する能力があるし、抵抗もしなかったし、抵抗出来たのにみたいな事を言って、拒否不能では無かったみたいな言い訳を綴っているわけだ、その裁判官は主文でね。

これはね、だけどだいたい調べてみたら、中学生時代から犯していたっていう、

SAYASAYA

そうなんですね。

高山正之高山正之

それが今の条文解釈に、適合しないからって言って、無罪だっていうのはね、これは本当に、法律書だけを見て、実態を把握していないね。

だいたいね、親が子を犯すって事自体が、もう刑法で想定していなかったんだよね。

SAYASAYA

なるほど。

強姦され続けた娘が父親を殺害した事件

高山正之高山正之

元々はね。

それが起きて、実はもう今からもう50年くらい前、もっと前かな、昭和43年だから。

3億円事件が起きた頃にね、栃木県で似たような事件があって。

それは娘をずっと犯し続けて、栃木の話だけど、子供まで産ませて。

それで、夫婦同然。

母親はまぁ逃げ出しちゃってね。

夫婦同然みたいにしていて、子供も産ましといて、そうしたら職場でその娘の方が初めて恋をして、結婚したいって言ったらその父親がね、「じゃあ今までの事をばらすぞ」って娘を脅して、何度も大騒ぎをしてね。

で、思い余って、その酔っ払って帰ってきた父親の寝入りばなを襲ってね、首を絞めて殺したと。

当時はね、刑法で言うと警報199条が殺人という項目なんだけど、3年以上だったかな、3年以上、無期懲役、死刑まである殺人の規定があるんだけど、

199条の次の200条というのに、尊属殺人ってあるのね。

SAYASAYA

尊属殺人。

高山正之高山正之

まぁ、昔はね、尊属殺って言ってたんだけどね、尊属っていうのは、自分より上、つまりお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、それを殺した場合は、無期、もしくは死刑というね。

もう最初っから、最低でも無期というね、厳罰が下された。

やっぱり、親に孝行しなければいけない、子供が親を殺すなんてあり得ない、っていう想定で、尊属殺っていう規定があったのよ。

SAYASAYA

じゃあいわゆる、親による子供の殺害というのは、何になるんですか?

高山正之高山正之

それはね、昔の規定では尊属に対して、子供は卑俗。

卑しいって書くから、おかしな。

まぁ、そういう区別があった。

SAYASAYA

尊属と卑俗ですね、はい。

高山正之高山正之

卑俗はね、もう一般の殺人に含めちゃうんだけど、尊属殺は一項目を立てて、無期、もしくは死刑という規定があった。

SAYASAYA

無期か死刑だったんですか、尊属は。

高山正之高山正之

そうそうそう。

だから、この栃木の事件っていうのは、まだこの尊属殺が生きている、刑法にあった時代に起きた事件だけど。

でも、「なんだこれは?」って言ってね、その裁判官も普通に判断して、普通の殺人よりも軽い、その父親殺しだけど、懲役2年半くらいのね。

同情すべき点があるし、親としての務めも果たしていないよね、娘を犯すなんて。

そういう前例があったわけ。

それで、その事件をやっぱり最高裁も重く見て、結局、尊属殺をその段階から事実上無効にしちゃって。

SAYASAYA

なるほど。

高山正之高山正之

で、平成に入ってからかな、だいぶ遅れて尊属殺そのものを抹消しているのね。

条文としてはね、昭和の御代はずっと生きていたはずなんですよね。

だけど、適用はしなかったという例がある。

その事を考えれば、もう殺しても構わないような滅茶苦茶な父親を、この場合は犯しても無罪という。

SAYASAYA

人間の所業とは思えない事ですよね。

近親相姦というか、強姦ですからね。

高山正之高山正之

しかも実の娘を。

でね、この記事には酔って抵抗不能っていう、ほら女性を酔わせてね、という事例が実は福岡地裁でもあって。

3月ですね、それはね、酔っ払っていても、合意したと取られる場合は無罪だみたいなね。

なんというか、女性の尊厳というのは、一切無視したような判決が、ずっと続いているのよ、今。

痴漢よりも強姦の罪を軽くする鵜飼祐充裁判長の判決

SAYASAYA

こんなのが続いていたら、本当に女性は恐ろしくて、若い女性とか街を歩けなくなりますよね。

高山正之高山正之

男の側からすれば、電車の中で痴漢をしたくらいで世間から袋たたきに合うけど、痴漢なんかしないで、犯してしまえばね、逆に無罪になる可能性も高くなっちゃうんだよね。

SAYASAYA

なるほど。

高山正之高山正之

こんなね、あほらしい規定が実に、ねぇ。

SAYASAYA

痴漢の方が、社会的制裁が大きかったりするという。

ねぇ、考えられないですね。

高山正之高山正之

そういう判決を下したのが、名古屋地裁の岡崎支部。

岡崎ってあの家康の居城のある所ね。

鵜飼祐充という裁判長ね。

画像出典:goo ニュース

この人は、もう一回やっぱり、法律というのを学びなおしてね。

SAYASAYA

そうですね。

裁判官に人権教育と性教育をと、みんながプラカードを持って抗議をしているという事です。

高山正之高山正之

本当にね、もう呆れかえるというかね。

なんだろう、この人は判例集を見たことが無いのかね。

SAYASAYA

ねぇ~。

高山正之高山正之

栃木の事件なんて、結構有名なのに、ちょっと驚きが過ぎる。

SAYASAYA

これ素朴な疑問なんですけど、その虐待というか強姦がスタートしてから、5年経っているわけじゃないですか。

で、その5年間の間の中に、著しく抵抗が困難では無かった状況というのはあったかもしれないけれども、

高山正之高山正之

そうそう。

未成年の時代もあったんだもんね。

SAYASAYA

最初の1回というのは、それはなぜ罪に問われないのかというのが、

高山正之高山正之

それは調べて今度分かったわけでしょう。

SAYASAYA

だって、場合によってはそういった事を全く知らない14歳ですか。

全く知らずに、わけも分からずという事もあるわけじゃないですか。

そういう事は罪に問えないのかなっていう。

高山正之高山正之

遡ってね。

それはね、常識がある我々だから言えるんで、この鵜飼っていう裁判長は、そういう事には思いも至らないで、条文だけを見て、これはこの規定にそぐわないから、ここは無罪、この点も無罪って積み重ねて行ったら、全部無罪になっちゃったみたいな所がある。

ちょっとね、信じられない。

普通、法律をやる人間って、こういう事はね、あり得ないんだけどね。

逆に、自分の裁量で決める事すら出来るのに、もうこれはちょっと驚き、呆れる以外ない。

クビにした方がいいよね、もしかしたら、不適格としてね。

SAYASAYA

もうあまりにも酷い判決過ぎて、何か別の事情があるのかなとかって、逆になんか同情してしまうくらい、変な判決。

高山正之高山正之

愛娘の方になんか特別な事情があったのかみたいな、逆に邪推されたりね。

SAYASAYA

もう放浪の地で、親子2人しかいなくて、貧しい中で肩を寄せ合って、本当にお互いがお互いを必要とするような関係になっていたとか、色んな物語が裏にあるんじゃないかって、でなきゃこの判決はおかしいという。

高山正之高山正之

それがあったとしても、

SAYASAYA

ダメですけどね。

高山正之高山正之

中学生時代からっていうのはね。

というか、親が娘をって事自体がね、もはや人倫に背いているしね。

むしろ重刑だね。

本当にこれこそ無期くらいにした方がいいね。

SAYASAYA

本当にそうですね。

一回鵜飼裁判長の話を聞いてみたいというところで、愛娘を強姦してなぜ無罪か?という事でお話を伺いました。

ありがとうございました。

 
 
 
最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す