男性が美人に弱い理由!美人はなぜモテるのか?美しいとは何なのか?武田邦彦

なぜ美人はモテるのか?

なぜ美人がモテるのかと。

これは、先日ある読者の方かたメールをいただきまして、なぜ美人がモテるんだろうかと。

男の方はですね、力が強いとか、頭がいいとかですね、収入が多いとか、背が高いとかもまぁ、力が強いみたいなもんなんですが、そういったものがもてはやされて。

それは確かにその通りだと。

そういう男性がモテるのはいいけど、女性の方は、美人がモテるったって、美しいだけで、いい子供が生まれるわけでもなし、丈夫なわけでもなし、むしろ美人薄命なんていうわけですから。

まぁそれで色んな、美人には美人の欠点がありますよね。

それなのになぜ美人がモテるのかと、いうご質問がありましてですね、なぜ美人がモテるのかという事をお話をしたいと思います。

まず直接的に人間の美人がモテるようになったのは、人間が600万年前に発生してすぐではなくて、それから400万年経った、200万年前くらいだと私は思っているんですね。

美しさと性欲の関係性

なぜかと言いますと、動物の世界を見ますとですね、大きく分けて2つの種類があります。

1つは、オスが性欲がある場合と、メスが性欲がある場合ですね。

多くの場合は、みなさんがご存知の通り、オスが性欲があるわけですね。

それで、メスはまぁ受け手というか、そういう風になりますね。

そういう場合は、例えば典型的には、おしどり。

画像出典:Pinterest

オスは非常にキレイに着飾っておりますが、メスはまぁ茶色い小っちゃな、あんまり目立たない色をしていますね。

ちなみに言いますと、おしどり夫婦って言うんですけど、実はおしどり夫婦というのは仲のいい夫婦って意味ですけど、おしどりは非常にあの、浮気者でですね。

だいたい1年ごとに、メスを替えるんですね。

離婚するわけですね。

ですから、まぁ、オスがかなり性欲があるという。

それで、変わり身が激しいという事ですね。

これは、オスがキレイで、メスが汚いって言ったらなんですけど、まぁキレイじゃない。

クジャクもそうですね。

画像出典:Yahoo!ブログ – Yahoo! JAPAN

クジャクっていいますと、羽を広げたキレイなクジャクを思い出しますが、あれはオスでありまして、メスは殆どみなさんの記憶にないぐらい、目立たないわけですね。

これはあの、こういったキレイな鳥という部類もあるし、それから哺乳動物でもそうですね。

オスのゾウは本当に立派ですが、メスのゾウはなんだか冴えないですね。

画像出典:ディスカバリーチャンネル

それからライオンでもそうですね。

画像出典:Career Find

ライオンでもオスはたてがみがあって、非常にこう美術的な恰好をしておりますけれども、メスはちょっと目立たない実用的な感じですね。

こういった動物は全て、オスが性欲があるんで、メスは着飾る必要は無いんですよ。

メスは子供を産めばいいんですからね。

ですから、オスはメスを選ぶ事はありません。

単にメスであれば、求婚します。

ただこういった一般的な動物には、もう一つ特徴があって、メスに拒否権があるのが普通ですね。

ですからオスは非常にキレイに着飾って、メスに気に入られるようにする。

メスは、性欲があまりなくて、拒否権があるっていう、これがまぁ一般的ですね。

そうしますと、オスの方がキレイで力もあり、という風になるので、まぁ、ライオンみたいな感じになるわけですね。

200年前に性欲を失った人間のオス

ところが人間は200万年前に、男性の脳が1000ccを超えた時に、男性が性欲を失ったと考えられるわけです。

これは色んな人が言っていますが、私は人類学から言って、心理学から言って、社会学から言って、そうだと思っているんですね。

そうしますと、オスがですね、男がですね、200万年前の人間は、男が女を求めなくなったわけです。

そうすると結局何が起こったかというと、子供が生まれなくなるわけですね。

それでメスが慌てて、お化粧をするようになりますね。

お化粧の跡が見つかるのが200万年前なんですね。

で、人間の男の脳が、1000ccを超えて、頭脳支配になり、遺伝子支配の性欲が影を潜めてくるわけですね。

それ以来、なぜじゃあ、ここが問題ですね。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後にフォローをお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す