藤井聡 日本国民を消費税増税で殺す吉川洋東大名誉教授と山口廣秀元日銀副総裁の嘘レポート!学術論文に出来ない裏事情!

東大名誉教授と前日銀副総裁のフェイクレポート

司会 男司会 男

財政制度審議会会長や、日本経済学会の会長を歴任した、東京大学吉川名誉教授と、山口前日銀副総裁が先週、連名で消費の低迷の要因についての分析レポートというのを公表しました。

賃金の上昇不足と、将来不安が、2大要因と総括しまして、政府に対して、持続可能な社会保障制度の将来像、これを明示する事を要望しています。

これが今、霞が関とか永田町界隈では、非常に話題になっているそうですね。

藤井聡藤井聡

これはあの、「低迷する消費」というレポートなんですね。

いまご説明頂いたように、まず連名者、3人連名者いるんですけど、そのうちの2人がですね、経済学会会長をやられた東大名誉教授の吉川洋先生。

画像出典:立正大学 経済学部

と、もう一人が日銀副総裁をやってらっしゃった山口さん。

画像出典:人民中国

経済界の超重鎮、超大御所2人がですね、こういう事を言っているんです。

日本の今景気が駄目なのは、主要なエンジンであるところの消費が低迷しているから、だと。

消費が低迷している事の原因の一つは、賃金が下がっているからだと。

ここまではいいんですよ。

もう一個重要な要因があって、それが国民の将来不安だと、こう言っているんですね。

将来不安を払拭するためにも、持続可能な社会保障制度、税社会保障制度を設計すべきだと、こう言っているんですよね。

これを普通に読むとですね、例えば自民党の緊縮財政派の人が、

だからやっぱ消費税を増税せぇへんかったら、国民が不安になるから、増税をする事で、社会保障制度を、安定財源を作ったら国民が凄~く安心するから、ゆっくりと消費し始めるだろうと。

いう議論を強化してですね、諸費税増税論を加速しているという状況があるんですね。

で、これはほんまかなぁと思って、レポートをよ~く見てみると、僕がこれ昨日インターネット記事で配信したんですけど、断定しますがデタラメです。

司会 男司会 男

あっ、デタラメ?

藤井聡藤井聡

僕はこれをフェイクレポートと名付けています。

あのフェイクニュースってあるじゃないですか。

司会 男司会 男

はい。

東大名誉教授のフェイクレポートに霞が関・永田町が発狂!

藤井聡藤井聡

嘘のニュース。

それと同じで、この分析レポートはフェイクレポートです。

なぜかというと、一番重要なのはここなんですよ。

社会保障の将来不安があるから、消費が低迷しているという事を、結論で断定しているんですよ。

要所を見ても、最初の1ページ目に、不安があるから消費が低迷していると断定してあるんですよ。

その根拠はどこかなと思って、色々読んでみると、こう書かれていたんです。

とにかくね、消費が低迷しているというデータがあると。

そのデータだけを見て、この原因は将来不安があるからだって言っているんですよ。

えっ、えっ、ちょっと待ってと。

ちょっと待ってと。

だって、AがBの原因であるという事を証明するためには、それなりのデータが必要なんです。

だから、Bがあるという事を言うだけで、AがBの原因だと言っている。

ちょっと待ってと。

だから、根拠が示されていないんです。

で、もうちょっと丁寧に言うとね、国民が不安だという事は書かれているんですよ。

国民が不安になっているというデータは、アンケート上で出ていると。

そら、不安やろなと。

一方で、消費が低迷していると。

うん、低迷しているよなと。

ほしたら、彼らはこう言っているんです。

ほぼこういう言い方ですよ。

おそらく、不安だから、消費を低迷させているんだろうと我々は見ている。

まぁ、見えはったらええですわ。

司会 男司会 男

はい。

藤井聡藤井聡

別にそう思うんやろと。

僕はそう思わへんけど、別にいいですわ。

分析の本文の所には、「そう思う」って書いてあるんですよ。

ところが結論になると、「不安が消費を低迷させている」って断定しているんですよ。

司会 男司会 男

断言しているんですね。

藤井聡藤井聡

だからね、これはもう、詭弁ですね。

デマというか、詭弁というか。

よくもまぁね、元経済学界の会長がね、経済に関してこんなデタラメをよく言えるなぁと。

これね、僕はよく分かるんですよ。

学者が、論文を書くときは、こんなの絶対に通らないです。

司会 男司会 男

はい。

藤井聡藤井聡

でもね、なんかこう研究機関のレポートやったら、好き勝手掛けるんですよ。

査読者がいないので。

だから、レポートで出してはるんですよ。

これ、学術論文やったら、絶対にアウトですね、こんなん。

よく、こんな恥ずかしい事をするなぁと。

司会 男司会 男

で、先ほど、藤井さんもおっしゃいましたけれども、このレポートが、霞が関、永田町で、出まわっていると。

そうすると、先ほど言った消費税は増税すべきだという事に繋がっちゃうという事ですね。

消費低迷の原因が将来不安だと断定できない理由!

藤井聡藤井聡

そうです。

そして、その安定財源を確保するために、社会保障の不安を無くすために、公共事業だとか、防災だとか、あと防衛だとか、教育だとかいう所を削って、社会保障財源を、あるよと。

年金あるよ、というと同時に、年金負担を上げて、それで増税をして。

「将来の社会保障費ありますよ」って言ったら、安心できるんだから、これから公共事業を削って、防衛費も削って、消費税増税しようという議論が高まっているんですよ。

これ本当に、自民党内で、このレポートを受けて、高まっているんですよ。

司会 男司会 男

でも、それはそうじゃないんだという事なわけですよね。

藤井聡藤井聡

そうそうそう。

司会 男司会 男

藤井さんは例えば消費の低迷、これはまぁデフレかなと。

将来不安、この辺りというのはどういう風に分析を…

藤井聡藤井聡

将来不安というのは当然あって、もちろん例えば中国の方が消費を縮小しているのは、社会保障費が無いからしょうがないから貯金しているって、これはまぁあるんですよ。

ところが日本人は、特にね今この彼らが示しているデータを見るとね、特に消費性向を下げているのは、34歳以下の世帯なんですよ。

35歳以上は、そんなに減らしていないんです。

50歳以上なんかは、消費性向を高めていたりなんかする。

これは、貧乏だからなんですけど。

で、若い人が凄い消費性向を下げている。

これ、なんで若い35歳以下だけが下げているか?

これ、吉川さん達は、「年金が不安だから」と。

ちょい待てと。

なんで、35歳以下だけが、年金の事が不安で下げて、35歳以上のやつは下げていない、これめちゃくちゃやないかと、いうのが一個あるんですけど。

35歳以下の人が、不安なのは何かというと、「デフレ」ですよ。

日本が消費低迷している本当の原因

司会 男司会 男

やはり、デフレなんですね。

藤井聡藤井聡

で、失業するんじゃないかとか。

自分が勤めている会社が潰れるんじゃないかとか。

あるいは、会社に勤められていても、給料が上がらないんじゃないかとか。

そういう事が不安で、怖いから自己防衛の為に、貯蓄を高めてはるわけですよ。

特に、35歳以下って、一番弱者ですから、一番最初に切り捨てられる人たちで。

かつ、どこの国でもそうですけど、若年層って、失業率が倍くらいあるんですよ。

だから、一番弱い立場なので、自己防衛の為に、デフレに対する自己防衛の為に、貯金を高めて、消費性向を下げていると考えるが、僕は凄い普通だと思いますね。

司会 男司会 男

となれば、そのデフレをどうやって解消するかという事ですよね。

藤井聡藤井聡

そうそう。

で、デフレを脱却すれば、消費性向は上がるだろうと。

だから、まずデフレを脱却するために、1番やってはいけない事は増税なんです。

消費税増税なんです。

だから、デフレを脱却するために、まず10%の増税を延期しましょう、という話になるはずなんですよ。

かつ、財政政策をやりましょうと。

そしたら、日本経済が良くなっていくなという事になれば、積極財政をやれば、みんなが安心をして、お金を使うようになるという事が推論されるわけですね。

僕にとっては、こちらの推論の方が、吉川さん達がやっている推論よりも、10兆倍、10京倍、10垓倍、10無料対数倍、

司会 男司会 男

桁が違いますね。

藤井聡藤井聡

信憑性が高いと、僕は思います。

そうじゃないという方がいるんだったら、ぜひ、その理由を言って頂きたい。

ちなみに、僕はこのレポートはおかしいと。

こんなものはデマだと、フェイクだと断定しているので、もしそうじゃないと思うのだったら、吉川洋先生、聞いて頂けているんだったら、ぜひ僕に反論してください。

僕のペーパーを読んで頂いて、3つの疑問に答えてください。

それに対して、いつでも僕はご回答をお待ちしてます。

司会 男司会 男

えぇ、まぁ確かにだから、諸費が低迷している。

そして、特に35歳以下のね、若者が不安を抱いている。

それは、取りも直さずデフレだという事なわけですね。

藤井聡藤井聡

デフレと。

その可能性の方が、僕は高いと思いますね。

少なくとも、このレポートには、彼らが主張している因果関係についての主張を裏付けるデータは一切載っていない。

 
 
 
最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す