参議院選挙 消費増税が大きな論点になっていない!野党の心配事は日本に輸出制限された韓国!田中秀臣

消費増税が選挙の大きい論点になっていない

司会 男司会 男

参院選の情勢ですけれども、日経新聞が実施した調査によると、自民・公明両党、改選124議席の過半数の、63議席を超える勢いを見せていると。

自公両党と、憲法改正に前向きな日本維新の会などの改憲勢力は、非改選議席と合わせると、国会は次に必要な3分の2に迫ると、迫る勢いという事ですね。

野党は、立件民主党が改選9議席からの倍増を伺っていると。

また、朝日新聞の調査によると、比例区の投票先では、自民が35%と最も多く、立憲民主党が12%、公明、共産、日本維新の会が、いずれも6%だったという事ですね。

消費増税実施を掲げる与党が優勢という事なんですけれども、田中さん、この辺りはどうですか?

田中秀臣田中秀臣

そうですね、まぁ、消費増税が選挙の大きい論点に、事実上なっていないですよね。

司会 男司会 男

そうですね。

田中秀臣田中秀臣

マスコミの取り上げ方を見ますとですね、やっぱり一番の先の大きい話題というのは、安倍政権が行った韓国へのですね、輸出手続きの強化ですよね。

それについての話題というのが、やはりこの中心になっていて。

消費増税であるとか、選挙前にはですね、かなり注目を浴びていた、老後のですね、資金不足。

司会 男司会 男

年金。

政治の話題は韓国を中心に回っている

田中秀臣田中秀臣

2000万不足するというあれですね。

そういった論点がですね、どちらかと言うと、脇に言ってしまってですね。

政治の話題としては、韓国を中心に回っているかなという風な印象です。

ただですね、改憲か非改憲かと。

改憲勢力ってよく言うじゃないですか。

これ本当に、改憲を目指している勢力を指して言っているのか。

ただ単にですね、自民党と公明党と維新の会ですか、それをドッキングさせただけですよね。

で、実際に本当に積極的な政治力をですね、発揮して改憲を行う。

そういった勢力が、今回の選挙で問われているのかと言うと、全く問われていないというのが、印象だと思いますね。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す