加藤浩次 大崎会長・岡本社長体制が続くなら俺は吉本を辞める!吉本興業と決別の覚悟!

大崎・岡本体制が続くなら吉本興業を辞める

加藤浩次加藤浩次

もうここには行くの止めようって。

亮と宮迫さん2人で、行かないで自分たちで記者会見しようて、2日で急遽、あの会見をやったという経緯だと思うし、その話を2人から聞いた。

いやぁ~って。

おぞましいな。

こんな会社あんのかって。

僕はね、ちょっとね、あの~、岡本さんをよく知ってますけど、そういう事する人です。

若い人らにそういう事をしている所を見たことある。

そして、会社の社員に対しての恫喝みたいな、「おぅ、お前ら」みたいな事を言う人だっているのは、僕も知ってます。

でも、その流れで。

でもこんな時には助けてくれる人だろうと。

言葉は汚いけど、そういう風に言っていても助けてくれる人だろうって、俺は思ってたけど、そうじゃないんだって。

そのままなんだって。

加藤浩次加藤浩次

これね、若手芸人とか、僕ら以外も、僕もまだペーペーです。

みんな怖がってる。

今の吉本の会社の状況、大崎さん、岡本さん、この2人をみんな怖がってる。

こんなので、楽しい笑いできんのかなぁ。

今の体制で。

何か文句言ったら、文句じゃない、意見を言ったら、怒られんじゃないか、潰されるんじゃないか。

現場のマネージャーもそうです。

吉本興業っていうのは、本当に現場のマネージャーって優秀な人間が多くて、辞めて行った人間もいます。

そこに納得が行かなくて、辞めて行った人間も僕は知っている。

でも、ずーっと続いて来た。

みんなが怖がってる状況が。

大崎さんと岡本さんを怖がってる状況がずっと続いて来た。

俺、これからもそれが続くと思ったら、僕はこの会社にいれない。

僕は辞めます。

この体制が、今の社長、そして会長の体制が続くんだったら、僕は吉本興業を辞める。

なぜなら、ここまでずっとみんな我慢して、頑張ってやってきてて、こんな浮かばれない事が、この会社で起こってんだよ。

で、実際に、それが取締役で決まってる。

大崎さんは何も知らないって言うかもしれないけど、絶対知ってる。

これは僕の意見として言いたい。

俺は、辞める。

この取締役が変わらないんだったら。

僕はそこを本当に思う。

この怒りが、どこにぶつけたらいいのか分からないし、今までやってきた事もある。

松本さんの気持ちは凄く分かるけど…

加藤浩次加藤浩次

言ったら、昨日、松本さんがワイドナショーでおっしゃってた。

大崎さんが辞めるんだったら僕も辞めるって、松本さんもおっしゃってた。

大先輩に対して僕が口きくのは、本当におこがましい話かもしれないですけれど、松本さん維とってはずーっと一緒にやってきて、大崎さんというのは同士だと思う。

それは松本さんの気持ちは、凄い僕は分かる。

松本さんの気持ち分かる。

でも、松本さん、本当に僕は後輩ながら言わせて頂きますけど、あの、会社のトップなんです。

みんな辛い思いしてて、会社のトップが、責任取れない会社って、機能してんのかな。

松本さんの優しさ、たぶん松本さんの優しさから、今まで世話になってきて、一緒にこうやって東京で頑張ってきた。

行ったら、吉本興業が東京でここまで大きくなれたのは、ダウンタウンさんのおかげです。

実際に、さんまさんもいたりもします。

でも、そういった頑張りがあって、一緒にやってきたという気持ちは分かります。

松本さんの本心は本当に優しいです。

山本が問題を起こした時も、色々と尽力してくれた。

そういう松本さんが、松本さんに僕、意見するのは本当に辛くて、しんどいんですけど。

松本さんのマネージャーではなく、会社のトップで、社員の家族もいる。

そして、芸人の、若手芸人の家族、そして生活があるんですよ、そこには。

そしたら、今、吉本興業は、取締役以降、まぁ経営側、絶対に変わらないとダメ。

僕はその状況が会社で行われないんなら、僕は退社します。

それは、僕は心にもう、昨日ずーっと考えてて、そう思いました。

本当に、先輩の松本さんに対して意見をするような形になってしまって、申し訳ないんですけど、僕はそういう想いです。

加藤浩次加藤浩次

僕もちょっと感情的になってしまった。

でもやっぱり変わる時期っていうか、そこは必要なような気がするんです、僕は。

僕の意見として。

反社会勢力は吉本興業のスポンサーでもある

加藤浩次加藤浩次

亮も宮迫さんもそう思ってた。

じゃあその協賛になっているお金というのは、これはイベント会社を通していたけど吉本に入っている部分がある。

それは、反社会的勢力が払ったお金が吉本に入った部分はあるんじゃないかって、僕はこの話を聞いた時に思ったんですよね。

そこを「スポンサーで安心です」って言っているという事は、スポンサー安心だっていう事は、結局スポンサーのお金って吉本に入っているんじゃない?

えっ?って。

これ、おかしくない?

一番最初に言わなければいけない事じゃない?って。

吉本が主催していないとはいえ、そのイベントに吉本の社員は参加していたと聞いているので、ちょっとこの辺も岡本社長に聞いてみたい所。

どういう風に、どういうお金の流れになっているのかという事ですね。

更に、亮君が昨日言っていましたよね。

在京、在阪の5社、このスポンサーになってる。

その発言をちょっと見て貰えますか。

田村亮田村亮

もともと、「謝罪会見をしたい」「世間の皆様に謝りたい」という所だったのが、どこからか話が変わっていき、そして「記者会見やりたい」

「こういう風に、ネットとかで全部見れるようにしてもらえませんか?」って伝えると、

「いやいや、そんなんこっち側で決めるから」

僕がすごく不信に思ったのが

「在京5社、在阪5社のテレビ局は、吉本の株主だから大丈夫やから」

と言われました。

加藤浩次加藤浩次

ちょっとこれ、よく分からないんだけど、言っている事が。

これに関しては、在京、在阪5社というのは株主ですからね。

株主の方が権限ありますからね。

株主がそこの株を買って、公開していないとはいえそこの株を買って、言ったら会社は運営されている部分があって。

株主が、それ立場おかしくない?って。

株主さんですよね?

言った、吉本にしてみたら。

株主さんの、だから大丈夫っておかしい。

株主さんは監視する立場にあるから。

監視する立場の人間が、大丈夫ってこれ、僕は意味が分からない。

この意味として、株主だからどうでもいう事を聞いてくれるって思っているのか、株主だから何があっても大丈夫だと思っているのか、ちょっとこれ意味分かりませんよね。

在京、在阪5社は、吉本の株主になっているから、臨時株主総会を開いて、色んな事をもう一回決めるという事も僕は出来ると思う。

その部分というのはどういう動きになるのか、ここの発言に関しても、これもまぁ、亮が来て、岡本社長が言ったのか、弁護士が言ったのか、僕はちょっと分かりませんけど。

この辺もやっぱり、しっかり記者会見で説明して頂けないと、僕は納得しないなと思いますね。

ちょっとすいません。

僕も感情的になった部分もあるんですけど…

教育事業に吉本興業が関わる資格があるのか?

加藤浩次加藤浩次

吉本はね、教育に力を入れたりしているんですよ。

ビジネスとして、民間ファンドなどを利用して、そういう新しい会社を作ったりしている。

あの、教育にこれから携わる会社が、こんな事でいいのか。

これから、吉本興業という名前の、ブランド力もある。

そこを、子供たち、お笑いで、笑いでなんとかして欲しいって。

現場に行ったら、芸人たち頑張りますよ。

でも、その経営の母体、言ったら経営者たちがそれをどう思うんだろう。

なんとか逃げ切って、それで、言ったら今までと変わらない状態を作って行くのか。

僕はやっぱりこの、今の経営陣、代表取締役会長、社長、更に周りを取り巻く経営陣、全部刷新するっていう事が、僕は一番いいと思う。

そこが変わって、内部からも上がっていいと思う。

内部からそこで上がってくる人間、そして外部の人間、新しい形で、僕は吉本興業がスタートするんだったらいくらでも力を貸します。

これ、今までの旧態依然とした人間が残っていても何も変わりません。

その部分で、新しくなったら、僕は何でも力を貸しますし、そこに松本さんが、本当にお世話になった大崎さんとういう方、それは本当に素晴らしい方だと思うけど、今は取締役会長というお立場ですから。

そこは松本さん、辞めるとか言わないで貰いたい。

そうなって新しい会社を、松本さん中心に作って頂きたいなって、僕は考えてます。

ここからどうなるのかっていうのは、僕はその時点で、会社が変わらないんだったら、この会社にはいられません。

もうこういう事をやってしまって、こういう形になっている。

今まで、ずーっと見て来ました。

怖がっている若手社員、若手の人間、色々言われたこともある。

「会社に言われたから出来ないんです」

言っている人間もいた。

そこで頑張って来ている中で、ここは変わる時だと思う。

そこが無いと、もう亮さんと宮迫さんの、あの勇気と、あの会見が、僕は浮かばれないと思う。

今日の2時から会社の会見がありますんで、注視したいと思います。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す