【津田大介 表現の不自由展】元々炎上狙いのくせに中止するなら最初からやるな!慰安婦像と天皇を焼く写真の芸術性を説明せよ!武田邦彦

あいちトリエンナーレ 脅しを言い訳に展示を中止

トリエンナーレの事件ですけど、早速反対運動が盛り上がって、中にはもうガソリンを撒いて焼くぞという脅しも勿論入って来るし。

賛成側では、頑張れ、とかいうのも入って来るし色んなのが来てですね。

それで名古屋市長の河村さんが、最初に、「ちょっと見たけど、あれは適当じゃないんじゃないか」という話をする。

そして、大村知事がそれを受けて外すと。

それからまぁ監督の津田さんも少しまずかったというような事を言うというような展開に今なっておりますが。

これでは全然ダメですよ。

あいちトリエンナーレ2019の狙い

要するにですね、今度の展覧会の芸術祭の目玉はですね、今まで色んな事で展示出来なかった、そういったものをやるっていうんですからね。

それは勿論反撃はありますよ。

当たり前じゃないですか。

だって、無難なっていうかですね、無難なもので、何も思想的なものもなくですね、芸術性も優れていて。

例えばミロのヴィーナスとか。

画像出典:Wikipedia

それからモナリザとか。

画像出典:quizknock.com

みんなが拍手して、素晴らしい、芸術性も素晴らしいと。

若干の社会性はあるかもしれないけど、それでも素晴らしいと。

なんだったら、みんなが見に行くと。

パンダみたいに行列をなして見に行くと。

ツタンカーメンの像とかですね、色々ありましたね、今までも。

画像出典:Kitchen Decor Club

それは、芸術ですからね。

多くの人が感激する事が大切なんですよ。

感激しない芸術というのも、芸術性があるものもありますけどね。

だけど、基本的には芸術というのはやっぱりみんなが感激する。

小説でしたら、トロストイの『戦争と平和』とか。

『野菊の墓』とか、読めばですね、

みんなが感激する。

音楽もそうだ。

だから、その音楽とかそういう中にですね、政治性が入っている事はあるんですよね。

例えばベートーヴェンの『皇帝』でもですね、

ナポレオンが皇帝になったのをベートーヴェンが怒りに狂って、楽譜を破り捨てたとか。

色んな事が言われたり、やられたりするわけですよ。

芸術だから、必ずしも、社会と一致しているという事はないし、その時代には非常に非難される芸術もあるんですね。

しかし、前回言ったように、人間の内なる面。

芸術とか宗教とか学問とか、そういったものとですね。

それから外なるもの。

社会ですね。

大統領とか、税金だとか、道路の整備だとか、道路の規制だとか、こういったものの2つあるわけで。

芸術はその一方ですからね。

だから、芸術が社会を揺さぶるという事はありますけど、だけどやっぱりそれは芸術性によって決まるわけですよ。

抗議でへこたれるなら最初からやるな

それで、愛知のまぁ、大村さんは知事だからそこまで深く関与したんじゃないと思いますよ。

画像出典:朝日新聞デジタル

今まで、展示がですね、拒否されたものを集めて展示するんですから。

それは、一品一品細かく検討してですね、批判に耐えられるか。

それはもう、今度みたいにもの凄く炎上すれば炎上するほど成功ですから。

それは当然。

ですから、そこはもうやっておかないといけないわけですよ。

来た来たってなもんですね。

そんなね、2~3日のね、抗議でへこたれるようだったら最初からやらない方がいいんですよ。

それは県と市がね、共同して10億も出してやるんですから。

13億だったかな、出してやるわけですから。

それはね、いいわけですよ。

天皇の顔を焼く写真と慰安婦像の芸術性を説明せよ

だから私がもし、今私も名古屋の経営アドバイザーなんかしてますけど、私が関与してたらね、もしもやるんだったら、徹底的に準備してやりますよ。

装甲車が来ようが、街宣車が来ようがね、私たちはこの芸術性というのを確信があるんだと。

だから展示に踏み切ったんだと。

説明しますよ。

殆ど、そういうなぜやったかという説明がないんですよ。

なんの信念もないゴロ的な津田大介芸術監督

だからまぁ、最初の時にちょっと言い過ぎたかもしれませんが、津田さんの今までの行動はですね、若干ゴロ的だったんですよ。

画像出典:Gooブログ

思い付きのような事をポッと言って、そしてまぁ朝日新聞がそれをなんか応援するという形で来たんですよね。

だから今度も全くその通りですよ。

何の信念もなかったんですよ、たぶん。

だって、必ずそういう問題ですから。

「行くぞ」とかそういうのが来るんですよ。

それに対して「いいよ」と。

我々は芸術性に確信があるんだと。

これが人類の為なんだと。

だから、愛知県を説得して、そして問題作品というのを出したんだと。

それで、芸術性はどこにあるんだという事をちゃんと言わなくちゃダメですよ。

私が見た所、慰安婦像なんてあれ、全然芸術性ないですよ。

画像出典:Nikkei Asian Review

芸術にはやっぱり制約がある

それから、昭和天皇の写真を焼いているやつなんかはですね、芸術の限界を超えているんですね。

画像出典:Twitter

つまりですね、芸術というのにも、やっぱり制約があるんです。

それはもちろん、世の中と最も隔絶したね、宇宙人かなんかを書いたような芸術なら制限はないですよ。

だけども、例えばですね、いくら芸術でも、例えばある非常に有名な女優さんのヌードの写真を、絵を書いて、顔もそっくり。

それで体の一部にもの凄いケロイドかなんか火傷があると。

嘘のですね。

それをやっぱり、出しちゃダメなんですよ。

それはもう、人権侵害になるんですよ。

ですから、芸術だから全ての制約が排除されるという事ではないんです。

やっぱり、芸術性が高くて、かつある程度の社会的規範の中に入っていて。

そして何か問題があったにしても、その芸術性によってですね、人類に大きな興奮だとか感激を与えるので、特別に許されるというのじゃなきゃダメなんですよ。

それは当たり前ですよね。

そんな事を言ったら、もう人の非難も何も出来るわけですから。

でっち上げの慰安婦像による多くの日本人への人権侵害

津田さんばかり非難してはいけませんが、それを支持した人がいるからこそ、今度の展示会になったんで、津田さんばかりの責任ではないんですけどね。

だけど、今まで人権とかなんとか言って来たのは津田さんじゃないですか。

そうしたら、慰安婦の事で、慰安婦のでっち上げですね。

あれで傷ついた人ってどれだけいると思います?

それはね、具体的には海外に住んでいる日本人なんていうのは、あの慰安婦像でもの凄く痛めつけられたわけですよ。

子どもなんか、もの凄いイジメられたわけです。

人権問題ですよね。

だって、それが事実ならいいですよ。

事実じゃないという事は、当の朝日新聞も公表しているし、私もきちっとした論拠が言えますしね。

戦時における正常なと言ったら変なんですが、正常なっていうか、慣例的なっていうか、その売春組織というのはあるんです。

どこの国でも。

ない国はないんですよ。

それは、戦後だって売春宿が残ってって。

韓国なんて、つい最近まで、今でもあるかな。

あるわけですから。

それはですね、まぁみんなが大きく言わないだけなんですよ。

それは売春とかそういうのは人間にとって必要だけれども、表面に出すのは問題だから、だからまぁトイレに行って、ちょっと排泄したと。

それを、大きくね、絵にしたりなんかして、展示するというのは、それはやっぱりダメなんですよ。

それは、芸術性もやっぱりないんですよね。

へなちょこ監督とへなちょこ主催者

ですから、そういうものについて私は今度、経過を見ていましたらね。

あれっ?と思いましたね。

だって、河村さんが、市長が問題だと言った翌日にもうその展示を止めるっていうんですよ。

それも、県の方もね、そういう言い方をするのが普通なんですけど、私がいたらやりません。

そんなね、一番いけないのが、騒動が起こるから、安全な展示が出来ないから止めるというのが一番いけないんですよ。

それこそが、表現の自由を束縛してんですよ。

そこは、市とかですね、警察がいるんですから。

警察がきちっと安全に見る事が出来るように、「我々には信念があるんだ」って。

県から警察に言ったらいいんですよ。

県警がそれをやらないというんだったらそれは仕方ない。

自衛隊にでも。

自衛隊がやってくれないというなら、じゃあ主催者の県が自分の身を張って、見に来る人の安全を確保しますと。

そのくらいのね、覚悟がなくてね。

それは、何回か展示が出来なかった問題作を展示するという事は出来ませんよ、そんなの。

なんだ?と一体。

へなちょこ監督と、へなちょこ主催者じゃないですか。

画像出典:Gooブログ

信念も何にもないじゃないですか。

それで、大きな事が出来るんですかね、一体。

もちろんあの、全然芸術だけに目的を置いたものをやればいいんですよ、もちろんそれは。

だって、社会との関係で、何しろ慰安婦像を出してね。

昭和天皇の写真、顔を焼く写真ですよ。

それを出してね、騒動が起こらないはずが無いじゃないですか。

それも読めない人だったら、元々芸術祭の主催とかそんなの出来ませんよね。

全く酷い話ですよ。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す