朝日新聞がデタラメな津田大介を裏工作で芸術監督に就任させた可能性!政治利用した慰安婦像は芸術作品ではない!武田邦彦

慰安婦像を展示し天皇を焼くあいちトリエンナーレ2019

あいちトリエンナーレの事件ですね。

前回に続きまして、問題のは韓国の慰安婦像を展示した事。

それから、昭和天皇の写真、顔写真がですね、焼かれる所を出すという、

まぁ、もの凄いものが何個か出ましたのでね。

それはやっぱり騒動にはなるでしょう。

津田大介というデタラメな人物がなぜ芸術監督に選任されたのか?

で、問題なのはそれ全体を指揮した津田大介さんという人がですね、非常に特殊な人で。

朝日新聞の論壇委員をやるくらいですから、まぁ、デタラメをいつもいうという所もありましてね。

そういう人がなぜ芸術監督に就任したかと。

これは、1年、2年前くらいの2017年の12月に選定されまして。

これは朝日新聞が大々的に報道しましたね。

つまり、社会的にあまり芸術としての実績もなく。

学力も大してなく。

大学の先生にもなれない。

そういう人で。

朝日新聞なんかを通じて、非常に刺激的な事を社会に発信して、そして人気を得るという、そういうタイプの人がなぜ全体の指揮を取ったかという問題がありまして。

これはあの責任を追及して行きたいと私は思っておりますが。

人間の社会の外と内

まずは格調の高い所から、この問題について話をしに行きたいと思うのですが。

人間の社会というのはですね、外と中というのがあるんですね。

外というのは何かって言ったら、社会構造なんですね。

例えば、封建主義であるとか、絶対主義であるとか、民主主義であるとか。

こういった人間が生活する上での外側の構造ですね。

これのまぁトップは誰かというと、昔は殿様であり、今では首相だったり、大統領だったりすると。

それで法律を決めて、多くの人達がより幸福に過ごすようにシステムを作って行くと。

もちろん税金なんかも取られるし、犯罪を犯せば、逮捕されて監獄にぶち込まれると。

これが、人間というものの外側を規制しているわけですね。

規制しているという言い方もあるし、それから人間の幸福を目指していると言ってもいんですが。

どちらでもいいんですが、そういう事なんですね。

それに対して、人間の中を取り扱うものがあるんですね。

それの一番大きいのが宗教です。

宗教は、イエスキリスト様が言われたようにですね、カエサルのものはカエサルに。

神のものは神にと。

これ、逆だったかな。

神のものは神に。

カエサルのものはカエサルに。

画像出典:Destination Florence

でしたかね。

ある人がイエスに、神様とカエサル。

カエサルというのはその頃ローマ帝国ですから、ローマ帝国の一番上ですね。

が、考えが違ったりした場合、どっちに従うべきかというような。

これは一種の悪魔の質問なんですけど、そういったものをした時にイエスがですね、軽くいなすんですね。

その言葉が、

「神のものは神に カエサルのものはカエサルに」

と、これはどういう意味を持っているかというと、人間の外なるもの、これはカエサルですね。

大統領とか殿様。

それは、外で取り扱うんだと。

それから、神のものは神に。

これは、人間の心の中なんだと。

それは、心の中の話なんだという風に区分けているんですね。

お釈迦様もそういう事を言っておられるし、誰でもそういう事は考え付くわけです。

それで、この内なるものというのは宗教が一番上なんですが、それから哲学とか学問ですね。

学問とかそうですね。

どっちかというとスポーツなんかもそうですね。

ですから、オリンピックに政治を持ち込んじゃいけないなんて言われるんですけど、それはそうで。

やっぱりスポーツというものを通じて、人間の体というものを通じて、人間の内なるもの、それをですね高めて行ったり、楽しんだりするという事なんですね。

これのトップがやっぱりいるんですね。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す