トランプによる世界浄化作戦の真相!トランプは本当に救世主なのか?馬渕睦夫 水島総

トランプによる世界浄化作戦の真相

水島総水島総

それはやっぱりね、大使がおっしゃっていたのは、だんだんこう、みんなが分かって来たというのがね、やっぱりもう一つはFRBとアメリカ政府は違うというね。

別のご本でもね、お書きになっていますけど。

そのリンカーンとか、ケネディが殺されたのは、政府通貨の発行しようなんていうFBBから見たら、いわゆる金融資本から見れば、とんでもない事をやるやつは、全部抹殺されるというような事をね、これも明らかになって来た。

出典:ナタリー

だから、トランプ大統領と、アメリカのこれまでの支配層とは、違うというね。

ここの所がだんだん分かって来た。

水島総水島総

ここはちょっと意見が違うかも分からないですけど、安倍さんはどっちにいるかっていうね。

私はちょっと、独立しているとは思えなくてね。

今ね。

馬渕睦夫馬渕睦夫

そうですか。

水島総水島総

だから、その辺はあると思いますけど。

ずーっとこのままね、トランプの再選というのはおそらくあるんでしょうけれども、そこまで行くと、アメリカ自体をトランプはどういう形にね。

というのは、やっぱり今やっているのは本当にアメリカファーストで。

アメリカ自体が、様々な形の武力や、脅しや、優しい言葉を含めて、全部なびかせようとしている。

このパックスアメリカーナみたいなね、形に実際はなっていくんではないかと。

そこの所がね、大使とも議論したいなと思ったのはね、行くだろうと思うんですよ。

馬渕睦夫馬渕睦夫

行くと思いますよ。

水島総水島総

今までの旧来のディープステートというそういう人達とも、うまく脅したり握手をしたり、折り合いをなんだか色々とやりながら、だんだんそういう支配下でやっていくと。

馬渕睦夫馬渕睦夫

それはそうですね。

水島総水島総

そういう流れになって行くと。

で、ここなんですけど、私はちょっとマルクス主義的な問題で言うとね、今までのディープステートは基本的には、レーニン、トロツキー。

そういうワンワールド、世界同時革命。

トロツキー的な発想が凄い強い。

出典:cdn1

馬渕睦夫馬渕睦夫

そうです。

水島総水島総

だと思うんですね。

もう一つ、トランプはじゃあもしかしたら、本当に反グローバリズムじゃなくて、一国社会主義者のスターリンに近いんじゃないかと。

出典:スプートニク

最近、私はちょっとね、そこのね。

同じでもね、一国社会主義。

トロツキー対スターリンのね。

我々の学生時代に、それが結構議論をされたりしてたんで思うんですけど。

そういう形になって行かないかと。

折り合いをつけながらね。

旧来のディープステートと。

プーチンがスターリンを尊敬する理由

馬渕睦夫馬渕睦夫

おっしゃる事は分かります。

それは言葉の問題であってね、ナショナリストという事ですね。

結局スターリンもナショナリストだったんです。

実はね。

水島総水島総

そうでしょうね。

大祖国戦争っていってね、やりましたから。

馬渕睦夫馬渕睦夫

だからね、プーチンは、プーチン大統領はスターリンを尊敬しているんですよ。

出典:BBC

しかし、レーニンとかね、ロシア革命は全然していないんですよ。

だからそこがね、我々一般にはなかなか難しい所でね。

我々は今まで、要するにアメリカの主としてメディアとか学者によってね。

アメリカの学者って、だいたいユダヤ系ですけどね。

スターリンが悪だという事になっているんです。

水島総水島総

そうされちゃっていますよね。

馬渕睦夫馬渕睦夫

そうされておりますけどね、実はそうじゃなくて。

スターリンは、ロシア革命から、なんとかね。

ロシア革命というのは、ユダヤ人がロシアを乗っ取った事ですからね。

なんとかそのロシアを、彼自身はグルジア人だけど、ユダヤ革命家から取り戻そうとした人なんです。

水島総水島総

だから、そうなんです。

グローバリズムユダヤ人からね、いわゆるロシア人に変えたんですね。

あれがチェンジがあった事がね。

それぞれが、各国で社会主義をやれっていうね。

スターリンから変わったロシアの体制

馬渕睦夫馬渕睦夫

それがね、非常に重要な点で。

結局ね、スターリンからロシアの体制っていうか、レーニンがやったボルシェビキ革命のね、体制が変わって行ったんです。

徐々に徐々にね。

で、私が勤務した79年。

この本が出た79年はね。

馬渕睦夫馬渕睦夫

もうロシア人じゃないと、共産党の幹部にはなれないという時代だったんです。

水島総水島総

そうでしたね。

スターリンは、ユダヤ嫌いだって言われていましたよね。

馬渕睦夫馬渕睦夫

そうです、そうです。

だからね、これからね、本当にそういう意味では、スターリンの再評価っていうのがね、行われるんだろうと。

今までは、スターリンは極悪人ですからね。

粛清をやったのはスターリンだと。

水島総水島総

極悪非道のとんでもない典型みたいなね。

なっていますよね。

虐殺をしたのはレーニン・ボルシェビキ政権

馬渕睦夫馬渕睦夫

ところがね、虐殺をやったのは、実はボルシェビキ政権なんですね。

出典:vstrokax

だから、それを隠すっていうのがあって。

それを隠すために、悪者にされたのがスターリンとヒトラーなんですね。

こういう事がね、徐々に明らかになって来ていると思うんですね。

馬渕睦夫馬渕睦夫

だからそういう意味ではトランプさんはね、やっぱり各国が各国の責任を持てと。

その上で、ディールをやろうじゃないかという事ですね。

それは同時並行的なんですが、私はトランプさんはね、一つの世界観の下に、世界をもう一度立て直すという風に考えておられると。

私なりにそれは名付けているんですが、「世界浄化作戦」

今まであまりにもね、ディープステート。

あるいは、ディープステートになびいている人達によって、歪められて来たね、腐敗し来た世界のシステムを正常に戻すという事なんじゃないかと思うんですね。

水島総水島総

「世界浄化作戦」というのが面白いのは、極めて神道的なね。

つまり、今までディープステートというか、そういう人達がやってきたのは、「あれが独裁でなっとらん」とかね。

悪い奴だ、悪い奴がという事で、それを民主化するっていうね。

そういう理屈でやっていく。

罪と罰だったんですよね。

だから、汚いものを、悪いものをみんな洗い流して行くというか。

お祓いしていくといね。

「浄化」というのは、なんかちょっと違いますよね。

本来の実力を取り戻すアメリカ

馬渕睦夫馬渕睦夫

えぇ。

だからそれはね、ディープステートは自分達が悪さをやっていながらね、「悪いのはお前だ」ってやって、世界に紛争を起こして来た。

トランプは、「もうそういうのは止めよう」と言っているわけですね。

みんなもう少し初心に帰るというか、アメリカ自身が、アメリカ建国の精神に帰ると。

変わるべきだという事ですね。

という事はね、先ほど社長もおっしゃったように、アメリカも本来の実力をこれから発揮するという事なんです。

だから、本当のアメリカはね、第二次世界大戦が終わった時に、世界の富の半分を握っていたわけですよ。

GDPのね。

だったら、アメリカが、そういう意味ではいい意味で、世界をいい意味で支配できたはずなの。

ところが、ディープステートと、そういうアメリカの国家としてのアメリカの利害は、一致しませんからね。

水島総水島総

そうですね。

馬渕睦夫馬渕睦夫

ディープステートが東西冷戦の下で、何をやって来たかと言うと、アメリカという国家を潰す事をやって来た。

この点がね、日本は保守層も含めて、理解できないんですよ。

私がいくら言ってもね、信じてくれない。

水島総水島総

だから、先ほどね、おっしゃっていた、私も満州国って凄く関心があるのは、あれも合衆国なんですよね。

水島総水島総

あれは実験だったんですよね。

馬渕睦夫馬渕睦夫

そうです、そうです。

水島総水島総

アメリカは唯一の実験場、今も続けていると思うんですけど、それと対抗させるために、ヨーロッパにEUを作ったり、中国を今の場合ですね。

色んな対立軸を。

ソ連もそうだったし。

やっていますよね。

アメリカの力を削ごうと企んだディープステート

馬渕睦夫馬渕睦夫

歴史的に見ればね、南北戦争と同じ構図なんですね。

アメリカの力をいかに削ぐかと。

だから、リンカーンの南北戦争の時には、南部を離脱させて、戦争させて、けしかけてやったと。

それで、アメリカを第一次世界大戦、第二次世界大戦に参加させてね、国力を削いだと。

しかし、それでもアメリカはね、1945年の段階で、世界の半分の富を得ていた。

これではね、ディープステートが描いている世界統一というのは出来ない。

しかも、精神的にはキリスト教精神が、まだ残っていたね、国家としての健全なアメリカが存在する限りは、世界統一は出来ないから、アメリカを内部から潰しにかかったと。

それから、対外的には、無駄な、無益な戦争に駆り立てたと。

こういう事だと思うんですね。

水島総水島総

そういう意味でいうと、今、中国っていうものが、どういう方向に向かっているのかというのは、なんとなく予想が付く。

さっきおっしゃったように、トランプがやっているのは、対抗軸を作らせて、ずっとそういう混乱の中で色々戦争をやらしたり、なんかするという、いわゆる冷戦構造というのを作ろうとしていたのを解体しようとしているという事ですね。

馬渕睦夫馬渕睦夫

だからそれはね、中国にとっても、共産党以外にとってはいい事なんですね。

水島総水島総

国民にとっては。

馬渕睦夫馬渕睦夫

国民にとっては。

だけどもまぁね、それがチャイナファーストと、私は意味だと思ってね。

チャイナファーストをやっていないから、今の共産党政権はね。

それはやっぱり、代わって貰わなければいけない。

そういう意味では、北朝鮮も、北朝鮮ファーストじゃないわけですね。

しかし、金正恩はね、かなり私は、トランプにね、取り込まれているんじゃないかなって。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す