馬渕睦夫 TVが報じないスイスと北朝鮮のヤバい関係!北朝鮮がならず者国家として放置され続けた理由!

崩壊を始めた文在寅政権

水島総水島総

私はもうかなりね、完全に。

この間も別の放送で言ったのは、今、米朝対中韓。

つまり、基本的に文在寅政権は、中国共産党のね。

だから、いよいよ遂に、文在寅政権が破壊を始めた。

もちろん、北朝鮮とも繋がっているけれども。

短距離ミサイルは、中国向けとも言えるしね。

だから、はっきり言うと、プロレス的な展開をやっている振りをしているけど。

金正恩とトランプは。

結構つながっていて。

影響下は、どっちかというと米国の影響下に北朝鮮はあるんだと。

それでいいですよね。

狙われる北朝鮮と満州の膨大な資源

馬渕睦夫馬渕睦夫

それは、非常に重要なご指摘でね。

というのは、先ほどの満州の問題と結びつくんですよ。

北朝鮮と満州はご承知のように、国境を接していますしね。

もう既に、満州の一部というか。

北朝鮮の資源というのは、もの凄い膨大な物が埋蔵されていますしね。

だから、北朝鮮と満州を足したね、この経済圏を考えたらね、それはそれを活用しようとね、目ざとい人が考えないはずがない。

人間しか資源がない中国本土の実態

水島総水島総

そうなんですよ。

満州にもありますしね。

ところが北京から向こうはね、チベットを除けば、ウイグルは凄い資源がある。

チベットは地下資源、水資源がある。

他の所の中国の本土は、殆ど何もないんですよね。

馬渕睦夫馬渕睦夫

人間しかいない。

水島総水島総

そう。

人間しかいない、汚染された大地と、汚染された川と、空気。

こういう状態ですからね。

馬渕睦夫馬渕睦夫

そうですね。

水島総水島総

おっしゃるように、ちゃんと目ざとい人だったら、満州、それからロシアも国境を接しているし。

モンゴルとも。

だから、非常にいい場所。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す