ラグビーワールドカップ2019 日本代表とルール!試合時間は?外国人選手が多い理由と誤解!

2019年ラグビーワールドカップ 日本で遂に開幕

9月20日、2019年ラグビーワールドカップが日本で遂に開幕しました。

開幕戦、日本はロシアと対戦し、松島幸太朗選手のハットトリックという活躍もあり、30-10と20点もの差をつけ、見事勝利を収めました。

ラグビーワールドカップを楽しむために必要な、ラグビーのルールや試合時間、日本代表のメンバーについて、簡単に予習しておきましょう。

ラグビーを楽しむために最低限知っておくべきルール

ラグビーはイギリス発祥のフットボールの一種で、イングランドにあるラグビー校でのフットボールの試合中に、ボールを抱えた選手が相手ゴールを目指して走り出した事が、起源ではないかと言われています。

細かいルールまで覚えようとすると大変ですので、これだけ知っておけばラグビーの試合を楽しめるという簡単なルールを紹介します。

ラグビーの試合は15人対15人で行われます。

出典:ameblo

試合時間は、前半40分、後半40分の合計80分。

前半と後半の間に、15分間以内のハーフタイムが認められています。

選手の交代は最大で8人まで行う事が可能で、脳震盪や出血などを起こした場合には、一時的な交代も認められています。

ラグビーは長さ94m~100m、幅68m~70mのグラウンドで、長さ280~300mm、重さ410~460gの楕円形、合成皮革製のボールを、15人×15人で奪い合います。

出典:jsports

出典:jsports

相手陣に攻め込み、相手のインゴールにボールを持って攻め込み、地面にボールを付ける(トライ)すると5点。

トライすると、ゴールキック(コンバージョンゴール)が与えられて、H型のゴールポストの間、バーの上をボールが超えると更に2点が追加で獲得出来ます。

出典:jsports

重い反則を取られると、ペナルティキックが与えられ、ゴールキック(コンバージョンゴール)と同様にH型のゴールポストの間、バーの上をボールが超えると、3点の獲得となります。

五郎丸歩選手が得意なプレーで、五郎丸ポーズは、国民的に有名になった例のあれですね。

出典:レトロモ

プレー中に、ボールをワンバウンドさせ、ペナルティーキック同様に、ボールをキックし、ゴールをするドロップゴールというプレーは、こちらも3点の獲得となります。

ドロップゴールは、試合中であればどのタイミングでも行う事が出来ますが、どう転がるか予想が難しいラグビーボールを弾ませて、キックをしなければならないため、非常に難しいプレーであると言えます。

出典:jsports

守備側に重い反則があり、その反則がなければ明らかにトライが出来ていたと審判が判断した場合は、ペナルティートライ(認定トライ)が認められ、7点を獲得できるというルールも、新たに追加されていますね。

スクラムをなぜ組むのか?

ラグビーの試合でよく目にするスクラム。

出典:Noside

なぜスクラムを組むのか、疑問に思っている方も多い事と思います。

ラグビーの試合には、フォワード(FW)のポジションに8人、バックス(BK)のポジションに7人という、合計15人で試合に臨みます。

スクラムは8人×8人の選手同士で組む事になります。

バックスがスクラムを組んでも反則ではないのですが、フォワードの選手同士で組むのが一般的です。

基本的には、フォワードのポジションには体が大きく、屈強な選手が配置されているため、パワー勝負はフォワードの役割になるというわけですね。

スクラムは、軽い反則があった場合や、ルール通りにプレーが出来ないなどのミスがあった時に、競技が審判に止められてしまい、その際に、素早く、安全に、かつ公平に試合を再開するために作られたルールです。

プレーが止められた際に、8人×8人同士でスクラムを組み、その下にボールを投げ込み、ボールを奪い合う事によって、競技が再開されるというわけです。

相手のインゴール直前であれば、スクラムで押し込み、そのままゴールするといったプレーも可能となるため、屈強な選手が必要になるというわけですね。

ラグビーワールドカップ2019 日本代表 フォワード(FW)

2019年ラグビーワールドカップの代表に選ばれたメンバー、まずはフォワード(FW)から。

稲垣啓太選手

出典:毎日新聞

新潟県出身、1990年6月2日生まれの29歳。
身長186cm 体重116kg
ポジション プロップ(PR)
パナソニックワイルドナイツ所属

スクラム最前線で戦うタフな選手
怪力の持ち主で「ビースト」の愛称で知られている。

木津悠輔選手

出典:rugby-japan.jp

大分県出身、1995年12月2日生まれの23歳
身長178cm 体重113kg
ポジション プロップ(PR)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ所属

2019年7月に行われたパシフィック・ネーションズカップフィジー戦に途中出場し、日本代表初キャップを獲得。
※キャップというのは、国代表同士の対抗試合であるテストマッチに出場した回数の事です。

具智元(グ・ジウォン)

出典:rugby-japan.jp

韓国出身、1994年7月20日生まれ、25歳
身長184cm 体重122kg
ポジション プロップ(PR)
ホンダヒート所属

父親は、元ラグビー韓国代表の具東春選手

2017年に、拓殖大学を卒業後ホンダヒートに加入し、11月に行われたリポビタンDツアーのトンガ代表戦に日本代表として初出場を果たし、日本代表初キャップを獲得。

ヴァルアサエリ愛選手

出典:rugby-japan.jp

トンガ出身、1989年5月7日生まれ、30歳
身長187cm 体重115kg
ポジション プロップ(PR)
パナソニックワイルドナイツ所属

2013年に、埼玉工業大学を卒業後パナソニックワイルドナイツに加入し、2014年には日本国籍を取得。

2017年11月に行われたリポビタンDチャレンジカップ2017のオーストラリア代表戦に途中出場し、日本代表初キャップを獲得。

坂手淳史選手

出典:rugby-japan.jp

京都府出身、1993年6月21日生まれ、26歳
身長180cm 体重104kg
ポジション フッカー(HO)
パナソニックワイルドナイツ所属

2015年、帝京大学ラグビー部主将として、全国大学選手権7連覇に貢献。

2016年、パナソニックワイルドナイツに加入し、4月に行われた2016年アジアラグビーチャンピオンシップの韓国戦に途中出場し、日本代表初キャップを獲得。

北出卓也選手

出典:rugby-japan.jp

京都府出身、1992年9月14日生まれ、27歳
身長180cm 体重102kg
ポジション フッカー(HO)
サントリーサンゴリアス所属

2015年に東海大学を卒業後、サントリーサンゴリアスに加入。

2019年9月に行われたリポビタンDチャレンジカップの南アフリカ代表戦に途中出場し、日本代表初キャップを獲得。

トンプソンルーク選手

出典:rugby-japan.jp

ニュージーランド出身、1981年4月16日生まれ、38歳。
身長196cm 体重110kg
ポジション ロック(LO)・フランカー(FL)
近鉄ライナーズ所属

好不調の波が少なく、運動量が多く、チームからの信頼も厚いプレイヤー。

ニュージーランド代表のオールブラックを目指すも、同じポジションに、ブラッド・ソーン、クリス・ジャックというオールブラックの中心選手がいた事もあって、日本での代表を目指す。

2007年に、日本代表初選出。

ジェームス・ムーア選手

出典:rugby-japan.jp

オーストラリア出身、1993年6月11日生まれ、26歳
身長195cm 体重102kg
ポジション ロック(LO)
宗像サニックスブルース所属

2016年にブリスベンステート高校を卒業後、東芝ブレイブルーパスに加入。

2018年4月に宗像サニックスブルースに加入。

2019年7月にパシフィック・ネーションズカップのフィジー戦に先発として初出場し、日本代表としての初キャップを獲得。

ヘルウヴェ選手

出典:rugby-japan.jp

トンガ出身、1990年7月12日生まれ、29歳
ポジション ロック(LO)・フランカー(FL)
身長193cm 体重115kg

ヤマハ発動機ジュビロ所属

2010年に拓殖大学に入学し、2013年には拓殖大学ラグビー部の主将を務める。

2014年、拓殖大学を卒業後、ヤマハ発動機ジュビロに加入。

2016年11月に行われたリポビタンDチャレンジカップ2016のアルゼンチン戦に先発出場し、日本代表初キャップを獲得。

中島イシレリ選手

出典:rugby-japan.jp

トンガ出身、1989年7月9日生まれ、30歳
身長186cm 120kg
ポジション ロック(LO)・ナンバーエイト(No.8)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ所属

2012年、流通経済大学を卒業後、NECグリーンロケッツに加入。

2015年、神戸製鋼コベルコスティーラーズに加入。

2018年11月に行われたリポビタンDチャレンジカップ2018のニュージーランド戦に途中出場し、日本代表初キャップを獲得。

ヴィンピー・ファンデルヴァルト選手

出典:rugby-japan.jp

南アフリカ出身、1989年1月6日生まれ、30歳
身長188cm 体重106kg
ポジション フランカー(FL)
NTTドコモレッドハリケーンズ所属

ネルスプロイト高校卒業後、2013年にNTTドコモレッドハリケーンズに加入。

2017年11月に行われたリポビタンDチャレンジカップ2017のオーストラリア代表選に途中出場し、日本代表初キャップを獲得。

姫野和樹選手

出典:rugby-japan.jp

愛知県出身、1994年7月27日生まれ、25歳
身長187cm 体重108kg
ポジション No.8(ナンバーエイト)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ所属

2017年、帝京大学を卒業後にトヨタ自動車ヴェルブリッツに加入し、チームのキャプテンを務める。

同年11月に行われたリポビタンDチャレンジカップ2017のオーストラリア選に先発出場し、日本代表初キャップを獲得。

ピーター・ラブスカフニ選手

出典:rugby-japan.jp

南アフリカ出身、1989年1月11日生まれ、30歳
身長189cm 105kg
ポジション フランカー(FL)
クボタスピアーズ所属

フリーステート大学を卒業後、2016年にクボタスピアーズに加入。

2019年7月に開催されたパシフィック・ネーションズカップのフィジー戦に先発で出場し、日本代表初キャップを獲得。

リーチ・マイケル選手

出典:rugby-japan.jp

ニュージーランド出身、1988年10月7日生まれ、30歳
身長190cm 体重105kg
ポジション ナンバーエイト(No8)・フランカー(FL)
東芝ブレイブルーパス所属

ニュージーランド人とフィジー人の母親を持ち、15歳の時にクライストチャーチのセント・ビーズ・カレッジから留学生として来日。

北海道の札幌山の手高校に入学。

高校を卒業後、2007年に東海大学に進学し、2008年にはラグビージュニア世界選手権のアメリカ戦に、日本代表として出場し、日本代表初キャップを獲得します。

東海大学を卒業後、東芝ブレイブルーパスに加入。

2013年7月25日に、日本国籍を取得し、選手登録名を「マイケル・リーチ」から「リーチ・マイケル」に変更。

2014年4月からは、日本代表のキャプテンに就任し、その後は日本代表の顔として活躍するラグビー日本代表の大黒柱。

アマナキ・レレイ・マフィ選手

出典:rugby-japan.jp

トンガ出身、1990年1月11日生まれ、29歳
身長189cm 体重112kg
ポジション ナンバーエイト(No8)
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス所属

トンガハムラ村の出身で、16人兄弟のうちの15番目の子供。

U18、U19、U20とトンガ代表として活躍するも、日本国内での居住・プレー機関が3年以上の条件を満たしたため、U20トンガ代表に選出されてから3年以上経過後、トンガ国籍のまま、日本代表に選出。

花園大学を卒業後、2014年にNTTコミュニケーションズシャイニングアークスに加入。

2014年には、トンガ代表を打診されるも辞退し、同年11月に開催されたリポビタンDツアー2014のルーマニア戦に日本代表として出場し、初キャップを獲得。

2015年には、大学時代から交際していた日本人女性と結婚。

ラグビー日本代表のリーチ・マイケル選手は、マフィ選手を「特別な存在」とその身体能力の高さを評しています。

徳永祥尭選手

出典:rugby-japan.jp

兵庫県出身、1992年4月10日生まれ、27歳
身長185cm 体重100kg
ポジション フランカー(FL)
東芝ブレイブルーパス所属

2011年に関西学院の高等部を卒業後、関西学院大学に進学。

2015年に関西学院大学を卒業後、東芝ブレイブルーパスに加入。

2017年4月に開催されたアジアラグビーチャンピオンシップ2017の韓国戦に先発として出場し、日本代表初キャップを獲得。

ツイヘンドリック選手

出典:rugby-japan.jp

ニュージーランド出身、1987年12月13日生まれ、31歳
身長189cm 体重107kg
ポジション フランカー(FL)
サントリーサンゴリアス所属

サモア出身の両親を持つ突破力に優れたベントレーター。

帝京大学を卒業後、2011年にパナソニックワイルドナイツに所属。

2012年には日本代表に選出され、IRBパシフィック・ネイションズ・カップのトンガ戦に出場し、日本代表初キャップを獲得。

2013年4月にサントリーサンゴリアスに移籍。

堀江翔太選手

出典:rugby-japan.jp

大阪府出身、1986年1月21日生まれ、33歳
身長180cm 体重104kg
ポジション フッカー(HO)
パナソニック ワイルドナイツ所属

2013年2月22日、日本人FWプレイヤーとして、スーパーラグビーで最初にプレーした日本人選手。

島本高校を卒業後、2004年に帝京大学に進学し、4年生の時に主将を務める。
帝京大学を卒業後、2008年、三洋電機ワイルドナイツ(現:パナソニックワイルドナイツ)に所得。

2009年には日本代表としてカナダとのテストマッチに出場し、日本代表初キャップを獲得。

2010年にはトップリーグの年間最優秀選手(MVP)に選出。

2015年の頸部の手術を乗り越え、ラグビーワールドカップ2015の日本代表に再選出。

ラグビーワールドカップ2019 日本代表 バックス(BK)

茂野海人選手

出典:rugby-japan.jp

大阪府出身、1990年11月21日生まれ、28歳
身長170cm 体重75kg
ポジション スクラムハーフ
トヨタ自動車ヴェルブリッツ所属

2009年、江の川高校を卒業後、大東文化大学に進学し、2012年にはラグビー部の主将を務める。

2016年には、日本代表としてカナダ代表選に途中出場し、日本代表初キャップを獲得。

田中史朗選手

出典:rugby-japan.jp

京都府出身、1985年1月3日生まれ、34歳
身長166cm 体重72kg
ポジション スクラムハーフ(SH)
キヤノンイーグルス所属

166cmと小柄ながらも、試合の先を読む能力に長け、巨漢選手にも果敢にタックルを試みる勇敢なスクラムハーフ。

伏見高校1年生の時に全国高校ラグビー優勝を獲得。

2003年に京都産業大学に進学し、2006年の大学選手権では、準決勝まで進む立役者として活躍。

大学卒業後、2007年に三洋電機ワイルドナイツ(現:パナソニックワイルドナイツ)に加入。

日本選手権では、2007年、2008年と三洋電機ワイルドナイツの連覇に貢献。

2008年には、日本代表に選ばれ、5月に行われたHSBCアジア5カ国対抗のアラビアンガルフ代表戦に出場し、日本代表初キャップを獲得。

2012年10月には、南半球3カ国のプロチームが戦う世界最高峰「スーパーラグビー」所属の「ハイランダーズ」へ入団するという日本人初の快挙を達成。

2019年にキャノンイーグルスに加入。

流大(ながれゆたか)選手

出典:rugby-japan.jp

福岡県出身、1992年9月4日生まれ、27歳
身長166cm 体重71kg
ポジション スクラムハーフ(SH)
サントリーサンゴリアス所属

荒尾高校ラグビー部では3年生の時に主将を務める。

帝京大学に進学し、ラグビー部では4年生の時に主将を務め、大学選手権6連覇を達成。

大学卒業後、2015年にサントリーサンゴリアスに加入。

2017年4月には、アジアラグビーチャンピオンシップ2017の韓国戦に先発として出場し、日本代表初キャップを獲得。

アタアタ・モエアキオラ選手

出典:rugby-japan.jp

トンガ出身、1996年2月6日生まれ、23歳
身長185cm 体重114kg
ポジション センター(CTB)・ウィング(WTB)・スタンドオフ(SO)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ所属

2015年に目黒学院高校にトンガから留学生として来日し、卒業後は東海大学に進学。

2016年4月には、2016年アジアラグビーチャンピオンシップの韓国戦に途中出場し、日本代表初キャップを獲得。

レメキロマノラヴァ選手

出典:rugby-japan.jp

ニュージーランド出身、1989年1月20日生まれ、30歳
身長177cm 体重92kg
ポジション ウィング(WTB)・フルバック(FB)
ホンダヒート所属

オーストラリアのランコーン高校を卒業後、19歳で日本に来日。

2012年には日本女性結婚。

2014年には、ホンダヒートに加入し、日本国籍を取得。

2016年11月開催のリポビタンDチャレンジカップ2016、アルゼンチン戦に先発として出場し、日本代表初キャップを獲得。

田村優(たむらゆう)選手

出典:rugby-japan.jp

愛知県出身、1989年1月9日生まれ、30歳
身長181cm 体重91kg
ポジション センター(CTB)・スタンドオフ(SO)
キヤノンイーグルス所属

正確なキックやパスを持つスタンドオフ。

センター(CTB)としても、バックラインを自在に操るプレイメーカー。

父親の田村誠さんも、豊田自動織機シャトルズの総監督を務めた元ラグビー選手。

國學院栃木高校から明治大学に進学し、卒業後、2011年にNECグリーンロケッツに加入。

2012年4月のアジア5カ国対抗、カザフスタン戦に出場し、日本代表初キャップを獲得。

天才司令塔とも評される期待のプレイヤー。

中村亮土(なかむらりょうと)選手

出典:rugby-japan.jp

鹿児島県出身、1991年6月3日生まれ、28歳
身長178cm 体重92kg
ポジション センター(CTB)・スタンドオフ(SO)
サントリーサンゴリアス所属

鹿児島実業高校から2010年に帝京大学に進学し、主将として史上初の大学選手権5連覇に貢献。

2013年5月には、アジア5カ国対抗、UAE戦に出場し、日本代表初キャップを獲得。

2014年に、サントリーサンゴリアスに加入。

ウィリアム・トゥポウ選手

出典:rugby-japan.jp

ニュージーランド出身、1991年1月25日生まれ、28歳
身長187cm 体重101kg
ポジション センター(CTB)
コカ・コーラレッドスパークス所属

ブリステンステート高校からノースクインズランド・カウボーズ、フォースを経て、2014年に日野自動車レッドドルフィンズに加入。

2016年には、コカ・コーラレッドスパークスに加入。

2017年6月のリポビタンDチャレンジカップ2017、アイルランド繊維先発出場し、日本代表初キャップを獲得。

山中亮平選手

出典:rugby-japan.jp

大阪府出身、1988円6月22日生まれ、31歳
身長188cm 体重93kg
ポジション スタンドオフ(SO)・フルバック(FB)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ所属

東海大仰星高校では、3年生の時に、全国高校大会優勝を獲得。

早稲田大学に進学し、大学生でありながら日本代表に選出。

2010年5月に開催された2010年アジア5カ国対抗のアラビアンガルフ戦に出場し、日本代表初キャップを獲得。

2011年に神戸製鋼コベルコスティーラーズに加入。

ラファエレティモシー選手

出典:rugby-japan.jp

サモア出身、1991年8月19日生まれ、28歳
身長186cm 体重98kg
ポジション スタンドオフ(SO)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ所属

デラセラカレッジから山梨学院大学に進学し、卒業後、2014年にコカ・コーラレッドスパークスに加入。

2016年11月に開催されたリポビタンDチャレンジカップ2016のアルゼンチン戦に途中出場し、日本代表初キャップを獲得。

福岡堅樹選手

出典:rugby-japan.jp

福岡県出身、1992年9月7日生まれ、27歳
身長175cm 体重83kg
ポジション ウィング(WTB)
パナソニック ワイルドナイツ所属

福岡高校から筑波大学に進学し、関東大学ラグビー対抗戦の初優勝に貢献。

2013年4月、日本代表に選出され、フィリピン戦に出場し日本代表初キャップを獲得。

2016年、パナソニックワイルドナイツに加入。

ラグビー日本代表が誇るスピードスター。

将来は医者を目指す、高い知能も備えた魅力的なプレイヤー。

松島幸太朗選手

出典:rugby-japan.jp

南アフリカ出身、1993年2月26日生まれ、26歳
ポジション センター(CTB)・ウィング(WTB)・フルバック(FB)
サントリーサンゴリアス所属

父親がジンバブエ人、母親日本人のハーフとして生まれる。

国籍は5歳の時から日本国籍。

桐蔭学園高等学校時代に父親が急逝。

高校卒業後は、南アフリカのラグビーチーム、シャークスの育成組織に2年間在籍し、南アフリカのU-20代表候補になるも、「日本代表として強いチームに勝ちたい」との理由で辞退。

2014年に、サントリーサンゴリアスに加入。

同年5月に開催されたフィリピンとの代表選に出場し、日本代表初キャップを獲得。

ラグビーワールドカップ2019初戦の対ロシア戦では、ハットトリックを決め日本の勝利に貢献。

スピードとパワーを兼ね備えた期待のプレイヤー。

松田力也選手

出典:rugby-japan.jp

京都府出身、1994年5月3日生まれ、25歳
身長181cm 体重92kg
ポジション スタンドオフ(SO)・インサイドセンター(CTB)・フルバック(FB)
パナソニック ワイルドナイツ所属

6歳からラグビーを始め、花園出場への夢を父と子二人三脚で目指すも、2004年10歳の時に、父親がくも膜下出血で急逝。

伏見工業高校を卒業後、帝京大学に進学。

2016年6月のカナダ代表選に途中出場し、日本代表初キャップを獲得。

2017年、帝京大学を卒業後、パナソニック ワイルドナイツに加入。

ラグビー日本代表に外国籍選手が多い理由

ラグビー日本代表に、ニュージーランドやトンガ、南アフリカ、オーストラリアなど、ラグビー強豪国に国籍を持つ選手が、多数、代表として選出されている事に、違和感を覚えている方もおられるかもしれませんね。

これは、ラグビー界特有の、外国人ルールというものが影響しています。

基本的に、オリンピックなど、スポーツの国際大会であれば、日本代表として出場するためには、日本の国籍を有している必要があります。

そのため、もし、外国籍なのであれば、日本に帰化するなど、日本国籍を取得する必要があるわけですね。

ですが、ラグビー日本代表になる資格を得るためには、必ずしも日本国籍を有している必要はありません。

ラグビー日本代表になる為に必要な3つの条件

ラグビー日本代表になる為には、以下の3つ、いずれかの条件を満たしておけば、大丈夫なんですね。

1. 出生地が日本であること
2. 両親および祖父母のうち一人が日本出身であること
3. 日本に3年以上継続して居住していること(2020年以降は5年以上に変更)

といった感じで、ラグビーは、外国人が日本人代表になれる条件が、他のスポーツに比べて、非常に甘いんですね。

ニュージーランドや南アフリカといった、ラグビー競合国との力の差が、あまりにも大きいので、選手の移動をしやすくしているのかもしれませんね。

というわけで、極論で言えば、現状のラグビーのルールだと、日本代表の選手が、全員外国籍の選手でも、問題はないというわけです。

もちろんこれは日本だけに限った話ではなく、サモア、アメリカ、イタリアなどは、日本以上に、外国籍選手が、代表として出場していたりします。

また、現実的な話で言えば、日本は、外国人選手の力に借りる事で、ある程度世界と対等に戦えるようになっているという事実もあるわけです。

じゃあ、ニュージーランドやオーストラリア、南アフリカなどの代表選手が、日本代表になってくれれば、ワールドカップ優勝だって可能じゃないかと、思われる方がおられるかもしれませんが、そう甘くはありません。

実は、一度でも他国の代表になった選手は、日本代表選手になる事は出来ないんですね。

つまり、日本代表を選択した外国籍の選手は、生涯、日本代表として戦い抜く覚悟を、持ってくれている方々だという事なのです。

生半可は覚悟で、外国籍の選手が、ラグビー日本代表として、戦っているわけではないんですね。

最低限、外国籍の選手が、どのような気持ちと覚悟で日本代表として戦っているのか、知っておく必要はあるかもしれませんね。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す