菅官房長官のアイヌ新法は国家分断工作では?日本国の破壊を企む文科省!チュチェ思想 大高未貴

アイヌ新法による国家分断工作?

大高未貴大高未貴

菅官房長官は、アイヌ政策推進会議の座長を務めていらっしゃいますよね。

それで、アイヌが先住民として、アイヌ新法に明記されてから、色々、辻褄が合わない事も生じて来ていて。

例えば、歴史に関する記述でも、北海道はアイヌの土地であって、明治以降、倭人が侵略をして、アイヌの人が虐殺、差別して来たという事なども、この文科省の指導教書とかにも書かれているんですけれども。

これって、歴史の改ざんですよね?

菅義偉菅義偉

あの、そこに私、どのように書いているか知りませんけれども、少なくとも、今私たちがやろうとしているのは、アイヌの人々が北海道の先住民だったという事。

これは、事実だと思います。

そういう中で、名誉と尊厳という事をですね、保持し、次の世代に継承していく為に、アイヌ政策を、今回推進法でやろうという事を、今私もやっているという事です。

アイヌ新法とチュチェ思想

大高未貴大高未貴

先住民であるというのも、まだ議論が分かれている段階だと思うんですけれども。

この実は、アイヌ政策に関して、北朝鮮のチュチェ思想の指南役、尾上健一さんという方が、

出典:Medium

80年代に書いた本に、このアイヌ政策と今の日本政府のアイヌ政策は、丸っきり一致して、政策が進められているんですね。

大高未貴大高未貴

で、今のアイヌ協会の中にも、チュチェ思想関係者が、何人か入っていて。

どうして日本国でありながら、こういう北の影響を受けた政策が行われているのか。

でまた、このアイヌ協会の最終的な目的が、アイヌの自治権の確立。

つまり、自主憲法、アイヌの。

国旗の制定とか、そういった所まで議論されているので。

これはちょっと、国家分断工作といっても過言ではないような、懸念もあるんですけど、官房長官はどのようにお考えでしょうか?

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す