慰安婦からアイヌ新法まで反日活動の全てが行きつく人物の正体!チュチェ思想国際研究所理事 武者小路公秀

反日活動の源流 武者小路公秀

大高未貴大高未貴

私が今まで、慰安婦問題からずっと、反日活動の源流ね。

アイヌに繋がるまで含めて取材して来た結果、いっつも最後、行き当たる人物がいて。

必ず関わっているんですよ。

その人がこちらです。

出典:kokuminrengo.net

居島一平居島一平

武者小路公秀さん。

ほぉ~。

大高未貴大高未貴

武者小路公秀さん。

武者小路さんの話から、ちょっと大学に行って、最後、NHKに繋がるので。

最後に聞いて頂きたいんですけれども。

武者小路さん、ご存知?

上念司上念司

武者小路実篤の親戚?

大高未貴大高未貴

えぇ。

叔父が、武者小路実篤かな。

上念司上念司

はぁ~。

居島一平居島一平

仲良きことは美しきかな

国際政治学者の武者小路公秀さん。

大阪経済法科大学アジア太平洋研究センターの特任教授、前所長。

公益財団法人朝鮮奨学会理事でいらっしゃいますね。

大高未貴大高未貴

はい。

上念司上念司

なんか、嫌な予感していますね。

居島一平居島一平

この方、徹底した反米、反体制、反権力主義者。

人権擁護法案の、あっ、これも出ましたね。

上念司上念司

世田谷自然食品左翼か。

大高未貴大高未貴

世界に股かけてる。

居島一平居島一平

人権擁護法案の推進者の一人であり、同法案の草案をつくった人権フォーラム21の代表で、推進派の部落解放同盟との関係も深い。

上念司上念司

おっと、出た。

チュチェ思想国際研究所理事 武者小路公秀

居島一平居島一平

また、チュチェ思想国際研究所理事。

上念司上念司

そうなんですよ。

居島一平居島一平

や、坂本義和氏と共に、朝鮮労働党と日本共産党の関係改善の斡旋役を務め、2007年には、朝鮮総連が主催する在日本朝鮮人中央大会に、来賓としてあいさつを述べている。

2008年には、チュチェ思想全国フォーラムに講師として招かれた。

親北朝鮮の季刊誌『金日成・金正日主義研究』にも、反覇権主義、反植民地主義についての論考を寄稿している。

親北朝鮮季刊誌の常連執筆者 武者小路公秀

大高未貴大高未貴

常連執筆者ですよ。

上念司上念司

これに書ける人は、もうね、チュチェ思想のかなりランクの高い人だけです。

大高未貴大高未貴

うん。

居島一平居島一平

へぇ~。

そして、旧ソ連と第三世界に担がれて、世界政治学会(IPSA)会長になったこと、国連大学?

国連大学の副学長も務めた人なんですね。

国連大学副学長時代には、意図的にKGBのエージェントを国連大学に迎え入れた事を認めている。

カトリック教徒であり、カトリック正義と平和協議会などが主催する講演会でも、しばしば講演している。

武者小路公秀と中核派の関係

大高未貴大高未貴

ここのカトリック正平協というのは、中核派が入っていますからね。

居島一平居島一平

はぁ~。

上念司上念司

バリバリですね。

大高未貴大高未貴

バリバリですよ。

居島一平居島一平

ロイヤルストレートフラッシュみたいなもんですね。

大高未貴大高未貴

そうなんですよ。

もう、全部ここに行きつくんだもん。

居島一平居島一平

全部、カード揃ったみたいな。

大高未貴大高未貴

そう。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す