外国人移民を受け入れたヨーロッパの悲惨な現実

ヨーロッパに難民爆弾再び

ヨーロッパに難民爆弾再び、というお話をさせて頂きたいと思います。

2015年、ヨーロッパに中東、シリアなどの難民を中心とした勢力がキャラバンを作り、大量に流入した事件がありました。

その数、約120万人。

当初、ヨーロッパはそのような難民に対して、融和的な態度を取っておりましたが、あまりに大量に流入してくる難民に手を焼いたヨーロッパ。

結果的に、トルコに追い返すという事を行いました。

まず、その原因から見ていきましょう。

アラブの春、そしてシリア危機によって、中東アラブ地域で、大量の難民が生まれてしまいました。

この難民の人たちは、家を失い、行き場を失い、生活の基礎的な部分まで無くなってしまったわけです。

そのような人たちは、豊かなヨーロッパに向かって、隊列を組み、移動を始めたのでした。

ある意味、現代版の民族大移動が起きたわけです。

島国国家と大陸国家の大きな違い

日本の場合、島国という特性があるので、国家と国、というものがほぼ一致します。

海、というものに囲まれているために、国民・文化・宗教などが、ほぼ同一の国、という事になるわけです。

それに対して、大陸国家というものは、国境や国家という概念が曖昧です。

例えばかつて、オスマントルコという国がありました。

それは、ギリシャまでその領土としており、大陸全体を支配していた。

また、突厥(とっけつ)などは、中国の万里の長城まで攻め込んでいた。

という歴史があるわけです。

かつて、トルコは大国でした。

そして、十字軍の戦争などにより、再びキリスト教勢力が勢力を伸ばし、また領土を回復していったという歴史があるわけです。

ヨーロッパのここ数十年の流れ

そして、ここ数10年の大きな流れとして、小国の集まりであったヨーロッパは、EUというものを作り、巨大なキリスト教国家を再構築しようとしたわけです。

ある意味、第4次ローマ帝国、とも言えるものなわけです。

ドイツのヒトラーが作ろうとしたのが第3帝国。

再び作ろうとしたのが、現在のEUは、第4帝国という言い方もできるわけです。

しかし、このEUですが、周辺国を巻き込んで巨大化して行くにつれ、宗教や文化というものが入り乱れるようになり、混乱するようにもなって来ました。

難民受け入れによる悲惨な現実

そんな中、起きたのが難民危機だったわけです。

ヨーロッパ、先進国の中でも、一番貧しい国はギリシャです。

そして、ギリシャはたくさんの島国で出来上がっています。

そんな中、ギリシャで有名なリゾート地であったレスボス島という島。

これはもう、トルコからあっという間にボートで着ける距離にあるわけです。

多くの難民たちは、中東からトルコを抜け、そしてこのレスボス島を目指したわけです。

レスボス島という島は、決して治安がよく、決して巨大な政府があるような島ではありません。

そもそも論で言って、行政が崩壊状態にあった、財政破綻状態にあったギリシャは、まともな難民審査が出来るような状態ではありませんでした。

EUにおいては、シェンゲン協定という人・モノ・金の移動の自由が保障されたEU内。

そして、それ以外。

という形で分かれます。

そして、難民や移民が入ってくる場合、まずこの最初の殻にあたる、最初に入国した国で入国審査を行い、難民の条件を整えた者だけを中に入れる、整えられなければ外に出す。

追い出すという作業をしていたわけです。

しかしギリシャには、それだけの行政を賄う能力はありませんでした。

そんな中、海で子供の死体が出たために、それを見たメルケルは、「難民いらっしゃい」という事で、難民ウェルカムをやってしまった。

その結果、何が起きたかといえば、難民たちの大行進が発生してしまった。

しかし、そんな中で、治安が悪化し、そして地元に馴染めない難民たちが多数出てくると、ヨーロッパはこれをなんとかしなくてはいけない、という事になり、トルコに引き取ってもらうという作業を行ったわけです。

トルコに対して60憶ユーロの融資を行い、そして難民キャンプを作り、トルコに送り返した。

しかし、再びこのトルコが、この国境を開いてしまった。

結果、大量のシリアなどの難民がトルコを目指し、そして再びヨーロッパ、ギリシャを目指している。

前回よりも、大規模な難民爆弾がヨーロッパに訪れようとしており、これをどう解決していくのか、というのが、今、大きな問題になりつつあります。

そして、答えはない、というのが現実なのでしょう。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す