本気でダイエットしたければ〇〇を止めなさい!女性の食欲は操作されている!なぜ人は太るのか? 武田邦彦 科学者

ダイエットに成功する方法

なぜ人間は肥満になってしまうのでしょうか?

肥満学会や肥満論文を読んだり、肥満のような文化的なものは、医学だけではダメなので、生物学であるとか、社会情勢、もちろん、農業の状態まで広く調べ、私なりに整理してきました。

人間の食欲というのは、ある意味でとても特殊な側面があります。

野生動物を見てみても、太ったシマウマは見たことがありませんし、何万頭のヌーの群れを見ても、メタボのヌーも痩せこけたヌーもいません。

 

こういった事がなぜ起こるのか、とういのは医学や動物学の世界でかなり研究されています。

人間だけが知る栄養学

人間以外の動物は、栄養学というものを知りません。

「砂糖はおいしいけれども食べてはいけない」

ですとか、

「油ものはおいしいけれども食べてはいけない」

といった事が言われますが、それは人間に栄養学があるからです。

元々味覚というのは、

「美味しければ食べる、美味しく無ければ食べない」

というものです。

もし、私たちが野生の馬だったり猿だったりすれば、砂糖や脂肪分も普通に食べるわけです。

ですが、太ってはいません。

もちろん、糖尿病でもありません。

砂糖や油の誕生

砂糖は300年くらいに発見され、それまで人間は存在を知りませんでした。

ですが、サトウキビなどは自然界にいくらでも存在しているので、砂糖の誕生が肥満の原因というのもおかしいです。

油に関しても、油を十分に食べられるようになったのは最近だから、などと言われます。

以前はずっと栄養失調だったから、油がおいしく感じられるんだ、などとも言われますが、それもおかしいですね。

動物界にもそういった例はいくらでもあるわけですから。

人間と猿の共通点

もう一つの問題は、人間は猿の子孫ですから、食べる物も猿と大体同じなんです。

猿が何を食べているのかと言ったら、主に木の実、果物、草の根といった葉っぱでは無いものを食べています。

これだけではたんぱく質がどうしても足りないので、昆虫や小さな動物を食べています。

人間の基本的な食べ物は、日本食を見てみると、焼き魚、煮物、

煮物というと大体使うものは、にんじん、ごぼう、タケノコ、といった根の物、それから実の物といったものが主体で、葉っぱがないわけでは無いですが、少ないですね。

「白菜はどうなの?」

「ほうれん草はどうなの?」

といった事を思われるかもしれませんが、基本的には、里芋みたいなものや、レンコン、にんじん、大根、といった感じで、葉っぱよりも若干、根や実が多いように感じます。

こういった食事の内容を見ても、猿の状態が続いてきているわけです。

栄養過多な人間

こういった基礎的な事と、かつ、最近なぜ私たちが太るのかといったら、それは基本的に栄養が過多であるからです。

労働は軽くなってきているにも関わらず、食欲だけは落ちていないという状態ですね。

こういった人間の食欲の根源、もしくは動物との関係、現代社会の労働条件などを全て含めて考えた結果、簡単に一言でいうと、

「TVを見るから太るんだ」

という風に思うわけです。

というのも、現在はもう栄養が足りないから、ご飯の時間が来たら、貪るように食べるような時代ではありません。

洗脳により、一時は、

朝は、「朝食は食べなければならない」といって朝食を食べる。

お昼は、「お昼休みが来たから」といって昼食を食べる。

夕方18時か19時になると、「夕方は食べないといけないから」といって夕食を食べる。

といったように、人間はいつ食べるかを頭で考えるわけです。

現在の人間の食の根源は、頭で考えて食べなければならない時に食べるのと、誘導型の食欲なのです。

男性の誘導型の性欲

男性の性欲は、誘導型の性欲です。

女性がお化粧をするようになったのも、その事が原因です。

女性が誘わないと男性の性欲は沸かないのです。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す