レジ袋の有料化が異常である理由!追放を続けたドイツの悲劇!武田邦彦

ダメダメというよい子

私が社会というものを見ていますとですね、学校にしても職場にしても、社会全体にしても、どのグループにしてもですね、ダメダメというのが多いほど、まともに行っているようで、沈滞してしまうんですね。

まぁ、そのくらい、そのくらい、といっている社会の方が、自由で明るくかつ進歩しますね。

しかも、思わぬいい方向に進むんですよ。

それはやっぱり、ダメダメとかいうと、変な固い議論だけが通るんですけど、やっぱり人間の力というのは、もっと奥深くてですね、色々な発展の余地を残しているように思うんですね。

ところが最近ですね、ダメダメという人はですね、とかく良い子になるんですよ。

なんでダメっていう人が良い子になるのか知らないんですけど、とにかくダメという方がよい子になるんですね。

よい子のレジ袋追放

最近の事ではレジ袋の追放。

ダメっていう人の、一番好きなのが追放なんですよ。

この何かを追放するんですね。

この何かを追放するものは、人が便利だと思っていたり、それから何か人が楽しんでいると、腹が立つんでしょうね、多分。

それで、些細な事を問題にして、追放したがるんですよ。

で、その一つがレジ袋ですね。

レジ袋って、あれ、何にも悪くないんですよ。

何に腹が立つんですかね?

レジ袋を追放したいっていうんで、日本の話がイギリスに飛び火して、これがまた傑作なんですよ。

イギリスでもレジ袋の追放が3年前から始まったんですね。

そうしたら、レジ袋が半分以上減ったっていって喜んでいるんですよ。

そりゃあそうですよね、レジ袋の追放をやれば、レジ袋は減りますよ、そりゃあそうですよね。

その代わりに何が起こったかというと、他のプラスチックを袋として使い、プラスチックとか布とかの袋を使うようになって、それでみんなが不便になったって事なんですね。

別に、レジ袋を追放すればレジ袋が減るのは決まってるわけで。

レジ袋の有料化

それから、私なんかは最近スーパーに行って物を買いますとね、レジ袋追放ったって、レジ袋自身が無くなったわけではなくて、袋は必要なんで、ゴミ捨てる時にも役立つんでですね、レジ袋を5円で2~3枚買って行くんですよ。

だから、これはレジ袋を追放したんじゃなくて、レジ袋を有料化しただけなんですよね。

そりゃあまぁ、有料化すればみんな少しは我慢しますよ。

みんなを我慢させる事がよい子なんですよ。

みんなを我慢させて不便にさせる事がよい子なんですね。

レジ袋はね、機能と材料と、私は材料が専門なんですが、材料と機能から言ったら、もの凄く優れているんですよ。

そりゃあね、あんなに薄いもんで、随分と研究もされまして、製造方法も改良され、安く、プラスチックの量も非常に少なく、レジ袋にも使え、その後、ゴミ袋にも使える。

子供に何か持たせるのにも使えるし、汚いものを包むことも出来るし、非常に多用途で、僕なんかから言わせると、プラスチック製品の中で、非常にいいものなんですね。

それを追放しようって言うんですからね。

海に浮いたプラスチックは消えるの?

その一つの理由に、海洋にプラスチックが浮いているっていうんですよ。

プラスチックというのは石油から作るんですよ。

石油というのは、生物の死骸ですからね。

生物の死骸から作られたものは、基本的には、生物の死骸とほぼ同等なんで、ちょっと分解が難しいんですけれども、いずれにしても、プラスチックというのは、もう100年も使っているんですけれども、海にプラスチックは浮いていないですよ。

あれは軽いからですね、100年も使っていて、海とか山とかで処理されないんだった、今頃、海とか山には、プラスチックがいっぱい見えますよ。

でも、なんで見えないかというと、土の細菌とか海洋とかで処理されちゃうんですね。

そりゃあそうですよ、生物の死骸ですからね。

生物の死骸は、天然の中で処理されるようになっています。

ただ、普通の腐敗した肉だったら数週間で無くなるのに、プラスチックの場合だと、まぁ2~3ヵ月くらいかかると、まぁそういう事があるだけですね。

しかし、無尽蔵に捨てているわけではありませんから。

出来るだけ捨てないように回収しようと呼びかければ済むわけですね。

よい子のゴミの追放

それからこの、人をイジメてよい子になろうというのは、例えばゴミの追放なんかもそうですね。

ゴミが減ったって言って、喜んでいる人がいるんですよ。

なんでゴミが減ると楽しいんですかね。

人間が生活をすればですね、まぁ、トイレにも行くんですよ。

歯を磨いて、口をゆすげば、汚い水が出るんですよ。

それと同じように、どんな物でも使えば悪くなるんで、その使う量というのは、その人によって決めればいいんで。

別に、自分は例えばね、ゴミを追放しようという人は、自分が使うものを減らせばいいですよ。

ゴミを減らそうということは、使うものを減らそうという事ですからね。

質量保存の法則がありますから。

使って、ゴミにならないものは無いわけですから。

だから、ゴミを減らそうというのは、他人の生活を貧しくしようと頑張っているわけです。

貧しい生活の方が、心豊かなのかもしれないですよ。

そりゃあ、もちろん、そういう人もいるんです。

でも、ものをジャンジャン使う方が、幸福な人もいるんですよ。

別に構わないんですよそれはそれで。

今はそんな法律なんて無いんですから。

そういう政治体制でも、作れば別ですけどね。

他人の強制が好きなよい子

今は、みんな、自由とか民主主義とかがいいと思っているわけですよ。

自由とか民主主義というのがどういう制度なのかというと、その人、その人なりに頑張って働き、お金を持ち、そして、日本の場合は、日本国憲法に従って、個人の幸福を追求する権利を有するんですからね。

憲法に反するようなもんなんですよ、ゴミを減量しようなんて運動をやるという事自体が。

自分がゴミを減らすとか、ゴミを減らす人の同好会を作るというのはいいですよ。

他人に強制するっていうですからね。

それで、自分が良い子だっていうんですから。

他人の自由を制限し、憲法違反する人達がよい子いうのは、ちょっとこれはまた問題ですよね。

タバコが臭いから追放するよい子

タバコもそうなんですけど。

「タバコが無くなって、臭いが少なくなってよかった」

なんて言ってますけど、

あなたね、そしたら、最初っからそう言ったらいいよって。

肺がんだとか副流煙が健康を害するとか嘘ばっかり言って、それでタバコが現に無くなったら、臭くなくなってよかったって、そりゃないよと。

それはですね、他人の楽しみを奪う行為をして、自分はいいと。

タバコは確かに臭いですからね。

最初から、タバコが臭いから私は嫌だと言うべきですよ。

それからもう一つはですね、今から30年くらいはタバコが悪いって殆ど言われていなくて、男性の85%、実に殆どの人が吸っていたんですね。

人間はですね、ある習慣が出来たら、それを辞めるのはちょっと苦痛なんですよ。

ですから、新しくタバコを吸う人は、出来るだけタバコを吸わない方がいいよと、呼びかける事は、私はいいと思うんですけど。

当時は、タバコを吸ってもいいと言っておいてですね、人生の途中になって、突然誰かが言い出したからって、尻馬に乗るっていうのは、あまり関心しないですよね。

ユダヤ人を追放するよい子

私はね、結局社会が自由じゃなくですね、追放が盛んで、追放する人を良い子だという社会の中で、ユダヤ人の追放なんかが起こったんですよ。

それで、大虐殺が起こったわけですね、ホロコーストが。

ていうのは、ユダヤ人っていうのは、あまり好かれていないんですよ。

なんで好かれていないかというと、お金儲けがうまいから。

丁度、ゴミを出すのが多いから、とか、タバコを吸うから、というのとね、似ているんですよ。

結局、よい子と言われる人というのは、どういう人なんですかね。

よい子の暮らし

僕はよい子だとは思わないけど、物を質素に使って、つつましく生きてて、あまり楽しみもも無く、酒も飲まず、男性なら女性の所も行かず、実際にこういう生活をしている人が、本当にいい子なんですかね。

景気は悪くなるし、人生もつまんなくなるしですね。

人生がつまんなくなるって、その人は人生は楽しいかもしれませんけれども、一定の性格の人しか、人生を楽しんではいけないって、もしかしたら、自分の性格だけに合わせた人生だけが楽しいから、他の人生の人は嫌だって。

そういう人が、良い子、良い子と言われる社会って、嫌ですねぇ。

よい子は一人でやってください

僕はね、タバコも吸わないし、タバコの煙も嫌いなんですよ。

そりゃあ、だらしない人よりも、だらしなくない人の方がいいですよ。

ゴミが多いよりも、ゴミが少ない方が、まぁ、処理する事も少なくていいんですよ。

だけどね、それは、追放運動をするんじゃなくて、

「タバコっていうのはこういう健康上の問題がありますよ」

とか、

「タバコの煙は臭いので、それを嗅ぐのが嫌いな人がいますよ」

とか、

ゴミをジャンジャン出すというのは、生活するという事なんですけど、

「豊かな生活をしたら、ゴミが増えますよ」

と、いう事を言ったりするのはいいと思うんですね。

だけど、追放運動はよくないですよ。

そんなに、他人の生活を制限して、いい社会は生まれないと思います。

参考図書:新聞・テレビは「データ」でウソをつく  
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

このサイトが気に入ったら
いいね!してね!

Twitter で