妊婦加算はなぜ?いつから?妊婦加算の理由と妊婦税の正体!医者はお金を出さない妊婦に冷たい?

妊婦加算って何?

医療機関で診察を受けた際に貰える明細付きの領収書に何やら見慣れない文字が。

「妊婦加算」

実はこの制度、既に導入されています。

妊婦加算はいつ導入されたのか?

今年の4月から既に導入されている制度で、妊婦の方が受診する際には、これが加算されます。

つまり、妊婦の方というのは、「一般の方よりも医療費が高くなる」という制度なのです。

この制度を巡って、今議論が起きています。

街を歩く妊婦さんに質問しても、当事者である妊婦さんですら、誰も知らないという状態です。

妊娠4か月の妊婦さんは、

「なんだか妊婦に優しくないよう野中になるんじゃないかなって思って、少子化って言っているのに、相反している」

と語っています。

妊婦加算がTwitterで波紋

妊娠中の女性が、先月ツイッターに投稿した投稿したコメントが、現在インターネット上で拡散され、波紋を広げています。

「この前、皮膚科行ったらお会計呼ばれて「あれ、妊娠中ですか?ならお会計変わります」とか言われて会計高くなったのウケる。妊婦加算だとさ」

妊婦加算とは?

そもそも、妊婦加算とは、一体何なんでしょうか?

妊婦加算とは、医療機関の外来を受診した妊婦に対し、通常の診療代にさらに上乗せされる費用の事です。

今年の4月から始まった制度なのですが、殆ど知られる事なく、妊婦の負担が増えていた事態に、ネット上では批判の声が相次いでいます。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す