BTS ハーケンクロイツと原爆TシャツでMステ追放!椎名林檎と一触即発!


韓国の7人組ヒップホップアイドルグループBTSこと防弾少年団をミュージックステーションが出演見送りにしたとして、話題になっています。

BTSの出演をMステはなぜ見送ったのか?

BTSこと防弾少年団は、ジン、シュガ、ジェイホープ、アールエム、ジミン、ヴィ、ジョングクという韓国人7人組で構成される、人気ヒップホップアイドルグループです。

Youtubeにもたくさんのプロモーション用の動画がアップされていて、5億回以上も再生されており、非常に人気のあるアイドルグループである事が伺い知れます。

今回のMステ見送り騒動の発端は、BTS(防弾少年団)のメンバーであるジミン氏が、原爆Tシャツを着ていたという事が関係しています。

➤ 香山リカ BTSのMステ見送りに大激怒!原爆Tシャツのデザイナーは?バレた自宅住所!

原爆Tシャツは原爆万歳Tシャツとも呼ばれており、広島、長崎に落とされた原爆によって発生したキノコ雲と、万歳をする韓国人が背中にプリントされたTシャツです。

アメリカによって、広島と長崎に落とされた原爆によって、戦争となんの関係も無い21万人以上の日本人が一瞬にして殺されてしまったのです。

その中には、在日の韓国人なども含まれていたといわれております。

現在でも、原爆の後遺症で苦しんでいる方がおられるのです。

BTS(防弾少年団)が被るハーケンクロイツの帽子とは?

BTS(防弾少年団)メンバーが、ハーケンクロイツの帽子を被っていた事も、問題視されています。

ハーケンクロイツというのは、ドイツ語でカギ十字を意味しており、ナチスがシンボルとして採用していたという歴史があります。

ナチスというのは、ヒトラー党首としたドイツのファシスト政党の事です。

ヒトラーが率いるナチスは、アウシュビッツ強制収容所などで、ユダヤ人をホロコースト、大虐殺し、その数は数百万人にのぼると言われています。

ドイツは第二次世界大戦で敗北する事になりますが、その戦争責任を、ヒトラーと、ナチスだけのせいとして、戦争問題解決したという経緯があります。

そのため、ヒトラーやナチスを想起させるハーケンクロイツに関しては非常にナーバスであり、世界的にタブーな事なのです。

BTS(防弾少年団)は、宣伝用の写真をユダヤ人追悼碑の前で撮影するなど、感情を逆なでし、話題を集めるという手法を繰り返しています。

BTS(防弾少年団)は、真っ赤な旗を振り、ナチスを想起させるパフォーマンスなども行っています。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す