日産 カルロスゴーン逮捕の衝撃!再婚した妻の影響?株価暴落?

日産 カルロスゴーン逮捕の衝撃

日産自動車の代表取締役会長であるカルロスゴーン容疑者(64)が、報酬を約50億円過小申告していた事が発覚し、商品取引法違反で逮捕された事で、世界に衝撃が走っています。

共謀したとして、ゴーン容疑者の側近、代表取締役であるグレゴリー・ケリー容疑者(62)も逮捕されました。

それを受け、日産の西川広人社長は、本社で緊急記者会見を開き、事件の経緯を語っておられます。

2000年6月に日産自動車の社長に就任したカルロス・ゴーン氏

21,000人もの従業員をリストラし、「コストカッター」などと囁かれ、恐れられましたが、社長就任当時2兆円ともいわれた有利子負債を返済し、日産V字回復の立役者であるといわれている人物です。

カルロスゴーンへの強い憤り

昨日、緊急記者会見を行った日産の西川社長は、カルロスゴーン容疑者が会社の資金を私的に流用していた事を明らかにしました。

ゴーン容疑者は、日産が保有する世界6か所の高級住宅を自ら利用し、その一部はゴーン容疑者に無償で提供されていたと見られています。

カルロスゴーン容疑者は、日産の社長に就任し、わずか一年で旧知の日産を黒字をV字回復。

まさに救世主となりました。

今年の上半期には、日産(会長)、ルノー(会長兼CEO)三菱自動車連合(会長)の販売台数が、世界のトップに立ちました。

そんな栄光の最中、昨日、カルロスゴーン容疑者は、100億円もの報酬を約50億円と過少申告していた事が発覚し、商品取引法違反で逮捕た事が判明しました。

日産の西川社長は、緊急記者会見を開き、カルロスゴーン容疑者を、社内調査した結果、本人の主導による重大な不正行為が大きく3件見つかった事を発表しました。

カルロスゴーンが犯した3つの不正行為

1つ目:開示される自らの報酬を少なく見せるため実際の報酬よりも減額し有価証券報告書に記載したという不正行為

東京地検特捜部によれば、2011年~2015年までに99億9800万円の報酬を得ながら、49億8700万円しか申告していない事が発覚し、偽った額は50億円を超える疑いがあるといいます。

2つ目:目的を偽り、私的な目的で日産の投資資金を支出したという不正行為

3つ目:私的な目的で日産の経費を支出するなどしたという不正行為

日産によれば、ゴーン容疑者は、会社の投資金や経費を私的に流用していたといいます。

また、ゴーン容疑者は、日産側が購入し保有する、世界6ヵ国の高級住宅を、自ら無償で利用している疑いも浮上しています。

このうち、リオとベイルートの住宅については、日産がおよそ60億円を出資し設立したオランダの子会社を通じて購入され、ゴーン容疑者に無償で提供されていたと見られています。

カルロスゴーン容疑者の不正行為に対して、日産の西川広人社長は、残念という言葉をはるかに超えて強い憤りを感じると語り、自分自身に対しては落胆を強く覚えていると語られました。

更に西川社長は、会社としては断じて容認できる内容ではないことは確認しており、専門家の先生からも、これで十分解任たる、重大な不正行為であるという判断を貰っていると語られています。

このことにより、カルロスゴーン容疑者は、解任を提案されるという事になりました。

カルロスゴーンの不正はなぜ起こったのか?

カルロスゴーン容疑者の不正は、なぜ起こってしまったのでしょうか?

西川社長によると、本事案で判明したゴーン主導の不正、長年にわたるゴーン統治の負の側面と言わざるを得ないと語っておられます。

救世主だったゴーン容疑者は、長くトップに君臨する中で、いつしか独裁者になっていたという事なのでしょうか?

カルロスゴーン容疑者の負の側面

カルロスゴーン容疑者は、1999年に45歳の若さで、日産最高執行責任者COOに就任。

2001年にはベストファーザー賞を受賞。

2002年にはスポーツカー「フェアレディZ」を復活させました。

その一方、経営立て直しのカリスマと呼ばれたゴーン容疑者には、シビアな顔が。

カルロスゴーン 別名コストカッター

コストカッターと呼ばれたゴーン容疑者。

一部の工場や生産拠点を閉鎖し、2万1千人を目標に、大規模なリストラを断行。

1年で、日産を赤字から黒字に転じさせました。

2002年には、企業改革に手腕を発揮した経営者として、当時の小泉総理から表彰状を受けるまでに。

痛みを伴う徹底した合理化を貫き、更に2004年には外国人として初めて藍綬褒章(らんじゅほうしょう)を受賞しました。

そしてこの頃、カルロスゴーン容疑者が変わっていく出来事があったと、日産の西川社長は会見で語っておられます。

カルロスゴーン 日産とルノーのトップを兼務

西川社長によれば、2005年、ルノーと日産のCEOを両方兼務する事になったカルロスゴーン容疑者。

その時、西川社長としては、ごく当たり前に日産を率いてくれたゴーン容疑者がルノーの責任者になるのだから、日産にとっていい事であるという認識しかなく、それ以上、その後、どのような結果が将来に起きてくるのか、あまり議論する事が無かったといいます。

カルロスゴーン 高額報酬問題

毎日新聞によると、ゴーン容疑者は、日産から7億3500万円、三菱自動車から2億2700万円、ルノーから約9億5000万円、3社合計で、約19億円もの報酬があると報じられていました。

しかし、2015年には、ルノーの株主総会で、ゴーン容疑者の「報酬が高すぎると」批判が噴出。

持ち株比率で54%が反対の声を上げました。

結局は、減額にならなかったものの、高額な報酬は、しばしばメディアなどで問題視されてきました。

カルロスゴーンの不正を見抜けなかった理由

昨日の会見で日産の西川社長は、不正を見抜けなかった理由を、ある部分で、会社の中の仕組みが、その部分が非常に形骸化、形式だけのものとなっており、透明性が低く、要するにガバナンス(統治)の問題が大きかったと語っておられます。

カルロスゴーンはカリスマか?暴君か?

カルロスゴーン容疑者は、カリスマだったのか?それとも、暴君だったのか?

という質問に対して、西川社長は、じっくり考える時間は無かったと前置きをしつつも、事実として見ると、なかなか他の人間が出来なかった事を特に初期については、非常に大きな改革を実証したとう実績は、これは紛れもない事実であると語っておられます。

カルロスゴーンの側近グレッグケリー

西川社長は、グレッグケリー容疑差に対して、長い間、ゴーン容疑者の側近として様々な仕事をしてきたという事で、CEOオフィスという事になるため、そういう意味では、ゴーンCEOの権力を背景に、相当な影響力を持って、社内をコントロールしてきたという事は言えると思う、カルロスゴーン容疑者と、グレッグケリー容疑者の2人が、首謀であることは間違いない事だという風に見ていると語っておられます。

カルロスゴーンへのクーデターの可能性

どういった形で今回のクーデターのような形に至ったのかとう質問に対して、日産に西川社長は、そうではない勢力からクーデターがあったというような理解はしていないし、そのような説明をしたつもりも無い、そうは受け止めて頂かない方がいいのではないかと思うと語っておられます。

日産 外国人執行役員の情報提供

カルロスゴーン容疑者の今回の不正に関しては、日産自動車の外国人の執行役員の方の、会社側へ情報提供によって、発覚したと言われています。

外国人執行役員と検察側が司法取引をした結果、こういった不正疑惑が明るみに出たという事が新たに分かっています。

カルロスゴーン 離婚と再婚

カルロスゴーン容疑者は、1985年レバノン出身のリサさんという女性と結婚されています。

そして、リタさんとの間に、3女1男をもうけたのですが、2015年に離婚。

多額の慰謝料が発生したのではないかと言われています。

カルロスゴーン容疑者(62)は、離婚した翌年2016年に、キャロルさん(50)という方と再婚されています。

画像引用:https://i0.wp.com

結婚式の披露宴では、フランスのベルサイユ宮殿を借り切りにし、盛大に行われたと言われています。

カルロスゴーン氏の脱税事件

百田尚樹百田尚樹

新聞ではね、有価証券なんとかとか難しい事を書いていますけど、分かりやすくいうと脱税ですよね。

数字を見ると、おおかが100億円くらいを貰っておったのに、半分ほどしか申告していなかった。

という事は、後の50億は、これ税金を払っていなかったという事ですよね。

50億の脱税ですよ、これは凄いよ。

上島嘉郎上島嘉郎

まぁ、桁がね、もう。

百田尚樹百田尚樹

歳もね、カルロスゴーンさんは64歳ですわ。

それと共謀したのがグレゴリーケリー容疑者ね62歳。

私も62歳、あと3カ月で63歳なんですけど。

もうね、自分ももうすぐ63歳になるから分かりますけど、そんなに人生残っていないんですよ。

はっきり言うてね、そんなに長くない。

もうね、何十億も金を持ってもね、あの世に持って行かれへんねん。

それやのに、まだ金欲しいかちゅうね。

百田尚樹百田尚樹

表向き、7億円貰っていますよね。

7億言うたらね、どんな金かと言うたら、これね、サラリーマンの生涯年俸の倍くらいあるんですよ。

上島嘉郎上島嘉郎

3倍以上あるでしょう。

百田尚樹百田尚樹

だから、2人か3人分の人生の金を一年で貰っているんですよ。

いやぁ、もっと行くんじゃないですか。

従業員の首を切り、私腹を肥やすカルロスゴーン

百田尚樹百田尚樹

ほいでね、僕ら、ほんと腹が立つのがね、そらね、業績を、日産の業績を回復させた、V字回復させた。

そういうもんには当然ね、経営者は多額の報酬を貰ってもええと思います、思います。

けれどもね、日産のV字回復の中にはね、もの凄い数のリストラがあった上でなんですよ。

そこですよね。人の首を切っているわけですからね。

百田尚樹百田尚樹

確かね、2万数千人くらいの首を切っているんですね。

2万数千の世帯で、家族を路頭に迷わせたんですよ。

一時的とはいえ、

百田尚樹百田尚樹

首を切られた人は大変な生活ですよこれ、収入を絶たれてね。

つまり、こういう末端の社員たちの首を切って、末端の社員たちの血を流して、自分はね、血を流していないじゃないですか。

百田尚樹百田尚樹

それをね、役員報酬を思いっきり貰っておいて、それをまた、ごまかすいうねんからね。

そのうえね。

カルロスゴーンはグローバル資本主義の象徴

上島嘉郎上島嘉郎

本当にそうですよ。

上島嘉郎上島嘉郎

グローバル資本主義って、こういう事なんですよ。

要は、かつての日本はね、百田さんが書かれた出光を持ち出すまでもなくて、家族や従業員、地域社会を支える企業活動をしていくんだと。

つまり、国民経済を豊かにしていくんだという事が、目標にあったわけですよ。

上島嘉郎上島嘉郎

グローバル資本主義というのは、そうではなくって、株主や投資家に対して、どれだけリターンできるかというところで、経営能力がはかられるみたいになっているところで行くと、従業員の首をいくら切ったって、株価が上がって配当が増えればいい経営者ってなってしまう。

日本人が知らされないアメリカからの年次改革要望書

上島嘉郎上島嘉郎

この価値観をね、少なくとも日本でいうと1980年以降、いわゆる経済の構造改革なるものがずっとアメリカから突き付けられてきて、それが、グローバリズムという言葉にくくられる形で、なんとなく日本の景気というのは、改革が遅れているから悪いんだと思わされてきて、改革、改革みたいになっている。

上島嘉郎上島嘉郎

それが、実は背後には、アメリカからの年次改革要望書なるものが出ていたりという事を、国民があまり知らないままに来たりという。

そういう流れの中で、例えば日産自動車の問題のここに象徴的に表れているのは、誰のための経済活動なのかという事ですよ。

百田尚樹百田尚樹

誰のための会社かという事ですよね。

日本の経済的価値観は本当に古かったのか?

上島嘉郎上島嘉郎

だから今、百田さんが言われた通りで、従業員にこれだけ辞めて貰うんだったら、出血を強いるっていうんだったら、自分の役員報酬をどころか、色んなものを返上しても頑張るというのが、日本的な価値観だったはずなんですよ。

ですが、今日、グローバル経済の中では、日本的な経営、あるいは経済的な価値観は「古いものだ」「遅れている」「ダメだ」という風に思わされている事が、本当に正しかったのかって問い返さなければいけない。

私たちは、私たちの経済活動の考え方があってよかったんじゃないかというのをね、もう一度日本人が考え直すきっかけに、これはならなければいけないと思いますね。

日本人が知らない出光佐三という日本人

百田尚樹百田尚樹

だから、ゴーンさんなんかに言わしたら、「いやいや、2万1千人首を切ろうが、株主が喜んでるよ」ってなもんやろうね。

だって、会社は株主のもんだもん。

従業員のもんじゃないんだもん、という考えですね。

その正反対が、私が書いた、今上島さんに仰っていただいた、「海賊と呼ばれた男」の出光佐三ですよね。

百田尚樹百田尚樹

出光佐三はいわゆる、「従業員は家族と一緒や」と。

だから彼、戦後一番、会社の資産を殆ど失った時、重役たちが、出光佐三は会長ではなく、店主と呼ばせていたんですけど、

「店主、もう社員を全員首を切るしかありません。」

と言われた時に、一人も首を切らんと。

「社員は全員わしが食わす」

いうて。

自分の個人資産を投げ売って、社員を食わせたんですよね。

「黄金の奴隷たるなかれ」と言った人ですからね、出光さんはね。

出光佐三の経営理念

百田尚樹百田尚樹

そう、そう。

百田尚樹百田尚樹

だから、今はね、出光興産も株式上場して、株式会社になりましたけれども、出光佐三の時は、一切上場しませんでしたからね。

株なんて全くしなかった。

会社を上場したら、会社は株主のものになっちゃうと。

会社は自分たちのものなんだと。

つまり、経営者と労働者たちの一丸のものなんだとね。

百田尚樹百田尚樹

この会社は面白い会社でね、首が一切ない、そして定年がない。

それから、タイムカードが無いんですよ。

今の会社は、行ったらタイムカードをガチャンとやりますよね。

要するに、「今日は何月何日」「今月は何日働きました」「何時から何時まで働きました」っていうねんけど、出光興産は、出光佐三の時は一切無かったんですよ。

そんなものはいらんと。

わしは、君らに信頼して仕事を任しておるんだと。

君らはその信頼に応えて仕事をやってくれと。

だから、残業手当も無いんですよ。

しんどかったら休んだらええと。

一生懸命やる時は、一生懸命やってくれと。

ある意味で、色々な事を先取りされていたかもしれないですよね。

百田尚樹百田尚樹

まさにそう。

ほんで、定年も無い。

年齢で定年はおかしいと。

人間というのは、働いて働いて働いで、元気があるまで働くんだと。

俺は十分に働いたと思った時がそいつの定年だと。

労働基準局が厳しすぎる裏事情

百田尚樹百田尚樹

私ね、何年か前に、今の経営者と喋った事があるんですよ。

「なぜ、今タイムカードとか、あんなのを廃止しなんですか?」

って言うたらね、経営者は言うた。

「本当はね、したいんですよ。出光佐三さんのね、ああいう経営の方法をやりたい」

「でもそれをやると、私ら、一気に労基に潰されますわ」

言うて、労働基準局に。

百田尚樹百田尚樹

「何しとるんや」

「お前らブラックかコラ」

と。

「お前らタイムカードも無しで働かせるんか、これあかん」

いうて、

「それやった瞬間に、私ら労働基準局からガンガンに叩かれますわ」

いうてね。

それは、致し方ないですね。

上島嘉郎上島嘉郎

今の世の中だとね、法律で労働者を守ろうとかって言ってんだけど、本当に個人の自由って言うんだったら、そういう企業の理念を掲げている所は、そこにみんな自由意思で入って、そのとおりに働けるという事があればいいんであって。

むしろね、法規制する事によって、個人の様々な目標だとか、意欲だとかを削いでいる可能性もあるわけですよ。

働きたく無い人と働きたい人

百田尚樹百田尚樹

いくらサラリーマンでもね、自由業でも一緒やけど、やっぱり人間ってね、働きたい時があんねん。

思いっきり働きたい時があんのよね。

それはね、もう、銭金の問題とかね、そんなんやなくて。

私はまぁ、銀行との取引もあるんですけど、銀行の人も言うてた。

「本当に労働基準局が厳しいですわ」

いうて。

昔は、僕ら若い時は、まぁ「24時超えな帰れませんでしたわ」いうて。

ところが、どんどん厳しくなって「あんまり仕事するな」「はよ帰れ」って言われて、「結局22時くらいに帰らなあきませんねん」いうて。

「22時くらいに帰ったら、結局仕事終わりませんねん」いうて。

で、終わらへんかったらどうするかって言うたら、「家帰ってやりますねん」いうて。

もしくは「朝、早よう起きてやりますねん」いうて。

そしたら、「朝、あんまり早ようやるな」いうて、「朝も切られますねん」いうて。

しゃあないから、夜、家に勝ってからやると。

ほんならね、作業は今パソコンやからね、パソコンのUSBを持って帰ったらあかんのですよ、もう今。

色々作業をしていて、USBを持ち帰って作業を家でしよういうて、USBを会社から出したらいかんのですよ。

もの凄い厳しいんですよ。

法律でがんじがらめにする弊害

上島嘉郎上島嘉郎

情報管理という面もあるんだけれども、ただまぁ、だからね、私も思うのはね、いわゆるブラック企業っていうのがあって、本人の意思に反して、強制的にやってんだったら、それはそれで摘発してきゃいいんですよ。

俺は働きたいって人がいたら、それはどうぞでいいんじゃないのっていう。

ただ、それは、経営者も出光のよう責任を持って、そこまでやってくれるんだったら、会社もちゃんと応えるという関係性があってという前提が2人の会話の前提なんだけれども。

そこをね、あまりにも法律でがんじがらめにする事がいいのかというね、むしろ日本人の場合だと、日本人が作ってきた共同体といのは、そこは法律をもっと超えて、お互いの常識とか暗黙の了解とかでやれてきたことがね、失われているという事の方が、私は大きな損失だなと思っているんですよね。

日本で潰された終身雇用と年功序列

百田尚樹百田尚樹

昭和30年代とかにね、日本のいわゆる終身雇用、それから年功序列、これ、凄く批判されたんですよね。

もう古いと、世界はそうじゃないよと。

実力があったら下のもんでも追い抜けるんだと。

終身雇用みたいに、一つの会社にずーっと死ぬまで雇用するのはおかしいと。

サラリーマンも実力があったら、どんどんよそに行くんやと言う風にね、やってた。

もう古いと。

江戸時代の丁稚かという事でですね、もの凄い批判されて、進歩的文化人とかになんか言われて、だんだん、だんだん改革されていって、今はこうなってしまったんですけど。

今はね、企業もなかなかね、終身雇用の制度も崩壊してしまって、それから年功序列もだんだん消えて来た。

ところが不思議な事に、世界の企業は逆に今、欧米の企業で終身雇用を取り入れて、それで業績がよくなったという企業がいっぱいあるんですよ。

やっぱりね、もう面倒を見て貰えるんだと。

日本の古い経済的価値観を採用する欧州

上島嘉郎上島嘉郎

本にも出てくるんだけど、「一所懸命」というところで、人間は頑張れるんですよ。

百田尚樹百田尚樹

そう、おんなじ所でね。

今は「一生懸命」って言いますけど、昔は「一所懸命」

一つの所。

俺はここが死に場所なんだと。

俺はここで頑張るんだというのがこの精神なんですね。

実際に欧米で終身雇用を取り入れて、どんどん業績を上げている所が、本当に沢山あるんですよね。

タイムカードを廃止するGoogle

百田尚樹百田尚樹

あともう一つ、出光のタイムカード無し。

これも例えば、欧米が逆にやっているんですよね。

Googleなんかそうなんですよ。

Googleなんてタイムカードが無いし、いつどこで働いてもいいんですよ。

「俺はもう今日しんどいし家でやるわ」

てなもんでね、それでもオッケーなんですね。

百田尚樹百田尚樹

逆にそういうのがね、どんどん。

だから、そんなのをやっていったら、何人かに1人はね、ズルする奴はおるんですよ。

それはいます。

でもね、そのズルをすることを恐れるよりもね、むしろ、どんどん仕事できるヤツの方が増えるんですよ。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

このサイトが気に入ったら
いいね!してね!

Twitter で