【ニュース ファーウェイ】ファーウェイ携帯が中国にスパイされていた事が判明!日本政府もファーウェイ排除へ!上念司

日本のファーウェイ排除方針 中国大使館強烈な反対

司会 男司会 男

日本政府が中国通信機器大手、ファーウェイとZTEの製品、政府の調達から事実上、排除する方針を固めた事について、日本にある中国大使館はホームーページに、両国の経済協力のためにならず、強烈な反対を表明すると非難する声明を発表しました。

中国が騒ぐのは痛いところを突かれた証拠

上念司上念司

よっしゃー、正解って事ですね、これね。

中国が反応するという事は、痛いところを突かれた時。

上念司上念司

痛い時に、痛いってギャーって声を出すのが、左巻き、プロ市民の分かりやすいところなので。

司会 男司会 男

強烈な反対っていう時にはって事なんですね。

中国の強烈な反対は日本にとっての大正解

上念司上念司

強烈なって事は、大正解って事ですね。

華丸を貰いましたよ、これは、ナイス!

平気で嘘をつく中国と言う国の正体

司会 男司会 男

7日づけで声明、ファーウェイなど2社の製品がですね、日本の利用者から好評を得ており、2社が日本製品も大量に輸入していると強調しています。

中国の法律は、いかなる機関にも、盗聴やスパイのための装置を製品に仕込む権限を与えていない…

上念司上念司

平気で嘘ついていますね。

国防動員法という法律を読んでみろ、この野郎という話ですよね。

発表されているそういう法律があるのに、こういう嘘を平気でつくんですよ。

チャイナの大使っていうのは。

中国に外交は存在しない

上念司上念司

つまり、彼らがやっているのは外交じゃないんです。

チャイナにはね、外交が無いの。

統一戦線工作というのがあるだけで、外交をやっていないんですよ。

外国に対して影響力を行使してね、工作活動をしているだけなんですよね。

だから、嘘も平気でつくんですよ。

国際ルールは一切守らない中国の正体

上念司上念司

外交上の約束とかも全然守る気が無いので、WTOに2000年に加盟してから、WTOのルールを一切守らないでしょ。

だから、アメリカがキレたんですよ。

アメリカの国民がトランプを選んだ理由

上念司上念司

オバマ口でずっと抗議していたんですけど、口で言ってもダメなんで、アメリカ国民はトランプを選んで、もう口だけじゃダメだと。

実行力を伴って、強制的に奴らを従わせるという事で、「お前ら、世界のルールを守れ」という事で。

アメリカはガツガツいっていますけど、基本的にWTOの手続きに従ってね、知的財産権を求めろと言っているんですよ。

こういう所をちゃんと書かないんですね、日本のマスコミはね。

世界で広がる中国の通信機器を締め出す動き

司会 男司会 男

アメリカや日本だけでなく、各国で中国の通信機器を締め出す動きが強まっています。

オーストラリア、ニュージーランドもですね、次世代通信規格5Gへのファーウェイの参入を禁止しています。

こういう動きも、中国は追いつめられる一つになるという事ですね。

ファーウェイ携帯を使用する危険性

上念司上念司

これに加えてイギリスですね、ブリティッシュテレコムもファーウェイを使わないと宣言をしましたので。

この間あれですよね、楽天が、楽天モバイルね、新たに参入しましたけど、楽天は基地局にファーウェイを使わない宣言をしましたが、端末で売っているじゃないかという批判が早くもわき上がって。

端末はでも、ユーザーが選ぶかどうかなんで、ユーザーももうファーウェイを使わなければいいんですよ。

楽天は基地局にもうファーウェイを使わないと宣言をされているので、いいんじゃないですか、こういう動きが出てくるとね。

ソフトバンクは個別に制裁?

上念司上念司

ソフトバンクはだから、個別に制裁されるかもしれませんね。

これは気を付けた方がいいですよ、ほんと。

日本だけではなく、オーストラリア、ニュージーランド、イギリスもという事ですからね。

上念司上念司

5Gに関しては、結構回路が複雑で、スパイチップを埋め込まれると、なかなか検出が難しいらしいんです。

なのでもう、疑わしきは最初から入れない。

予防しておくという事ですね。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す