日本人は中国共産党に1200万人殺される!沖縄独立論の恐るべきシナリオ!武田邦彦

「いいね!」へのご協力をお願い致します!最新情報をお届けします!

辺野古沿岸部の埋め立てを強行

共同通信によりますと、名護市辺野古移設を巡り、政府は11月1日、辺野古沿岸部で、埋め立てに向けた関連工事を再開しました。

年内に土砂投入し、埋め立てを本格化させる方針です。

県が反対する辺野古移設が、およそ2か月ぶりに動き出しました。

石井啓一国土交通大臣の決定で、10月31日に、県の埋め立ての効力が一時停止した事を受けた措置です。

辺野古移設反対を掲げ、9月の知事選で初当選した玉城デニー知事は11月1日、県庁で記者団に対し、首相との対話を求めていたにも関わらず、工事を再開された事は、極めて残念と述べて反発。

謝花喜一郎副知事も、沖縄県の想いに全然寄り添っていないと批判しました。

武田邦彦武田邦彦

ちょっとこれは僕の意見は特殊なので、須田さんにですね、大筋の解説をお願いして、僕は批判的な解説になると思います。

辺野古基地移設と沖縄独立論

須田慎一郎須田慎一郎

僕の方もね、そういった意味で言うと、かなり特殊な話を今日はしたかったんですよ。

どうしてかというと、前にも少し申し上げたのですが、これがじゃあ沖縄県、沖縄の辺野古基地移設が、一体どういう方向に向かっていくのかという所なんですけどね。

実はですね、琉球新報の、実際の名前はちょっと失念したのですが、幹部の方というのかな、編集幹部の方が本を書いておりましてね、その本をずっと読んでいると、これは要するに個人の考えでは無くて、いってみればですね琉球新報全体を代表するような考えだった。

そして、今から申し上げる考えというのが、沖縄県内では、一定の支持を集めている。

それは何なのかと言うと、「沖縄独立論」なんですよ。

琉球処分は違法なのか?

須田慎一郎須田慎一郎

沖縄独立論はどこを起源とするのかというと、そもそも琉球処分、琉球藩が琉球県に移設するという琉球処分そのものが違法だったんだと。

それは要するにウィーン条約に違反するというね。

須田慎一郎須田慎一郎

ところが、琉球処分とウィーン条約というのは、ウィーン条約の方が、全く新しいわけですね。

これもね、訴求させているの。

事後法的な形で、ウィーン条約の精神にね反しているんだと。

つまり、その土地に住んでいる人の承諾や意志無しに、国籍等が決められる事は無いというというね、その精神。

これは国際的に認められた、そういった方針というのかな、物事の考え方なんだという所で、琉球処分違法説を取っているんですよ。

沖縄は一体だれのものなのか?

須田慎一郎須田慎一郎

加えて、当時の琉球というのは、ある意味で琉球王朝と言ってもいいんだけれども、要するに中国と日本との間で、両国との関係があって、つまり中国にも朝貢していて、冊封体制の下にあった。

あるいは、薩摩藩の支配下にあった。

両者の支配下にあったんだというような言い方をしている。

何も、日本だけでは無いと。

須田慎一郎須田慎一郎

実を言うと、当時ね、日本と清の間、言ってみれば明治政府の時ですよね。

清との間では、この琉球問題についての協議が行われていたんですよ。

琉球新報サイドの言い方によればね、日本としては領土の交換と言ったらいいのかな。

だから、当時は、沖縄本島については、これは日本の領有権がありますよと。

石垣なんかは、石垣諸島の所は、清にどうぞというようなね、線引きが行われようとしたんだけども、これは日本側の提案だというのが主張なのね。

これに対して清が、国内がその問題で混乱しているために、回答しなかったと。

結果的に日清戦争に突入し、第1次、第2次世界大戦になって行くと。

いう中で、その問題が消えてなくなったという歴史的経緯がずーっと書かれていて、それをもってして、要するに琉球というのは、何も日本の支配下に置かれているという事自体が不当だという、これが反対派の主張の基本的な骨格なんですよ。

沖縄アイデンティティの正体

須田慎一郎須田慎一郎

で、何が言いたいのかと言うと、自己決定権、あるいは沖縄アイデンティティというのがね、最近ずーっと強く言われてきていますよね。

要するに、沖縄県の事は沖縄県民が決めるんだと。

中央が勝手に出来るものではないと。

これはもちろん、普天間、辺野古の問題が、その中核なんだけれどね。

須田慎一郎須田慎一郎

それをもう少しですね、オブラートに包んだのが沖縄アイデンティティ。

これは、亡くなった翁長前知事が使われていた用語なんですよ。

そうするとね、今後何が起こってくるかと言うと、県民投票という流れになったじゃないですか。

条例が制定されて。

県民投票の結果、要するに「辺野古移設に反対だ」というのが多数派を占めた。

これを突き付けて、これで言ってみれば、中央政府というか安倍政権が聞く耳を持たなければ、いよいよ次のステップとして、独立というよりも、高度な自治権獲得という所に動いてくる可能性が高い。

沖縄がスコットランドに学ぶ自治体制

須田慎一郎須田慎一郎

なぜならば辺野古基地反対派は、実を言うと、事実関係として言うけどね。

例えば、スコットランド自治政府であるとか、その国の中にあって、高度な自治体制を持っている地方政府との間で、今、相当接触しているんですよ。

接近をはかっていて、意見交換をし、情報を貰っていると。

だからもうこれはね、場合によってはよこまで視野に入れているという所を、我々はまず認識しておくべきじゃないかなと。

須田慎一郎須田慎一郎

果たしてそれが出来るかどうかは別ですよ。

許されるかどうかは別だけれども、そういうようなですね、過激な方向に、今行きつつあるんだという事は、認識しておくべきじゃないかなと思いますね。

沖縄の民意は米軍基地を望んでいない

武田邦彦武田邦彦

僕は、民主主義信奉派なんですよ。

天皇陛下はちょっと別なんだけど、やっぱり国民が一番上にいて、政府があって、議会があってと、いうような構造が、僕はいいと思うんですよね。

だから、選挙が一番僕は重要だと思っているんですよ、前から。

選挙で決めたことは守ろうと。

そうしないと、選挙で決めたことを僕らがおかしいなんて言ったって、やっぱりそれはダメだというのが僕の考えなんですね。

沖縄知事選 反基地派が3度の勝利

武田邦彦武田邦彦

沖縄は、3回の知事選で、3回とも反基地派が勝っているわけですよ。

という事は、民主主義的に言えばですね、僕はもう沖縄に基地を置くのはね、結構、民主主義に反するなと思っているわけですよ。

それが、日本全体にとってどうかというのは別でにして。

とにかく、沖縄の人は、もう基地は嫌だと言っている事は間違いが無いんですね。

それが第1の僕の認識なんです。

沖縄県民はいったい何人なのか?

武田邦彦武田邦彦

第2はね、僕はね、沖縄の人は日本人だと思っているんですよ。

全然そう思っている。

友達もいっぱいいるし。

だから、沖縄の人と、本土の僕らと区別してはいけないと思っているんですよ、僕は。

絶対に区別してはいけないと。

言ってみれば、まぁ、兄弟であると。

だから、沖縄の人が嫌だと言うのなら、こっちが引き取ろうじゃないかという感じなんですよ、僕は。

沖縄県民の基地負担の辛さを味わう

武田邦彦武田邦彦

もういいじゃないか、沖縄は県知事じゃないのかと。

こっちは首相だぞと。

そんな事は、兄弟の間では言ってはいけないんだと。

みんな一緒なんだと。

だから、沖縄が弟か、兄貴かとかいうつまんない話がしたいわけではなくて、兄弟だとすると。

沖縄の兄弟がそんなに嫌がるんだったら、俺が少し分担するよというのが兄弟だと、こう思っているわけですよ。

そこで、沖縄の基地を、日本の防衛力が弱らない範囲で、現実にどっか別の所に作ってですね、僕らも沖縄の人と同じように、アメリカ軍基地がある辛さを、味わおうじゃないかというのが僕の考えなんですよ。

民主主義に対する確信

武田邦彦武田邦彦

それはね、沖縄の基地に、特定の変な高江ヘリパッドみたいな暴力反対運動はあるよ。

それはあるけど、もちろん暴力反対運動とか、沖縄にある2つの変な新聞に影響されているかもしれない。

しかし、民主主義というのは、それを超えた僕らの確信なんですよ。

だから、それを出来ないかという議論をね、やっぱり日本全体で。

沖縄は家族の一つだから。

沖縄の人が文句を言っているという話だけじゃね、もう選挙を3回やったから、僕はもうダメだと思う。

玉城デニー氏の勝利と沖縄県の民意

武田邦彦武田邦彦

僕はこの前の知事の時には、まだ2回目だし、仲井眞知事も、左に行ったり、右に行ったりしてたから、はっきり分からなかったけど、今度の選挙は、大敗というか。

票差を見るとね、やっぱり民主主義としてはね、沖縄の人に心を開いて、俺たちも日本人だから、そんなに苦しいというのなら、僕らも今までよく分からなかったけど、一緒にやっていこうかと。

いう態度は少なくともいるし、検討はいるし、公表もいると。

戦っている時ではないと。

武田邦彦武田邦彦

朝日新聞なんかは、今でも沖縄と本土の、なんというか政治闘争みたいに持っていこうとしているけれども、そういうのではなくて、日本人なんだから、やっていくと。

日本からアメリカ軍に出て行く時期

武田邦彦武田邦彦

3番目はね、やっぱりこの機会にね、日本はアメリカ軍に出て行って貰ったらいいんじゃない?

全部ですか?

武田邦彦武田邦彦

そう。

そうしたらね、この問題は無くなりますよ。

日本人はケチである

武田邦彦武田邦彦

じゃあなんで今、日本という世界的にも有数の国ですよ。

お金も十分にあるんですよ。

その日本が、アメリカ軍がいなきゃダメだと思っているのは、我々がケチだからですよ。

5兆円が10兆円になるんですよ。

どうしても軍事費が2%になるから、独立するには2%になるからね。

本当の意味で日本が独立するには。

10兆円出さなければならない。

その10兆円がもったいないんだよ、日本人は。

それを沖縄に押し付けているんじゃないかというのが、僕の感じなんですよ。

武田邦彦武田邦彦

沖縄の人もそれは、心の中では分かっているけどあんまり言えない。

補助金なんかも貰っているから。

だけど、彼は基地があって補助金を貰うよりか、基地がなくて補助金が無い方がいいって言っているんだから。

それは確かにそういう考えはあるよ。

俺たちは補助金なんか貰わなくたって、こんな基地の中で、女の子がレイプされるような環境の中で、生活したくないと思っているかもしれない。

沖縄の基地問題を綺麗さっぱり解決する方法

武田邦彦武田邦彦

僕は考え方として、やや右なんでね。

日本はちゃんと軍事を持って独立すべきだと。

出来るだけ早時期に、アメリカに出て行って貰って、日本は日本の軍隊で日本を守ると。

そうすれば、沖縄の問題も、同時に解決する。

だから、そういう方向に行くべきだというのが僕の考えであります。

私の考えてというのは、非常に特殊な考えであるかもしれませけど。

日本が考えるべき国防軍と核武装

須田慎一郎須田慎一郎

でも僕もね、集団的自衛権に関しては、全く否定するつもりは無くて、これはやっぱり行使していくべきだろうなと思うんだけれども、それでもね、やっぱり日本は、真の独立を獲得するために、やっぱりアメリカ、あるいはアメリカ軍との関係は、見直した方がいいと思うよね。

やっぱり、基本的には、自衛隊というよりも、これを早く国防軍にしてもらって、国防軍で自国の領土、領空、領海を守っていく。

で、必要とあれば核兵器の開発というものを視野に入れると、必要であればですよ。

そういったところもね、併せて考えていくべきではないのかなぁと。

日本独立の邪魔をする左派とリベラル

須田慎一郎須田慎一郎

でもそうなると、武田先生が今言われたように、だったらじゃあ、アメリカ軍との関係を見直しましょうよ、全部出て行って貰いましょうよ。

そのかわり、10兆円以上のね、予算が必要。

僕は、10兆円では足りないと思いますよ、もっと必要だと思う。

場合によっては、核兵器の保有だって必要になるかもしれない。

近隣国が持っているんだから。

でも、それは嫌なんでしょ?左派の人達は、リベラルの人達は。

それはもう、断固拒否だと思いますけどね。

須田慎一郎須田慎一郎

憲法9条を守って、米軍に出て行って貰うっていうね、その回答ってあるのかなって。

日本から自衛隊を無くしたら?

武田邦彦武田邦彦

それはありますよ。

中国共産党が来て、日本を占領すればいいんだから。

武田邦彦武田邦彦

だって、僕は日本共産党の政策、日本社会党の政策は常に日本に軍隊はいらないって言っているの。

そうしたらどういう事になるかというと、中国共産党が当然日本を占領しますよ。

それは、もう目に見えている事で。

それはさすがに、否定できないでしょ、誰だって。

日本を中国共産党が占領する事は間違いない

武田邦彦武田邦彦

事実、チベットを占領し、ウイグルを占領し、内モンゴルに行き、ベトナムには戦後すぐと、1978年に2回侵攻し、領土にしようとしわけですから。

その実績から言って、中国共産党が日本を支配するのは、もう間違いが無いですよ。

僕も知っている、僕の大学に昔いたね、中国からの留学生、35歳くらいでもう中国に帰っていますが。

「いやぁ、武田先生、心配する事ないですよ」

「日本はもし困るんだったら、中国がいつでも占領しますから」

って、いつも言っていましたよ。

武田邦彦武田邦彦

僕がね、どっかでね、

「こんな事をしてたら、中国が尖閣諸島も沖縄も取るよ」

なんて言ったらね、その学生が、

「武田先生、ご心配なく」

「我々が全部、日本は取ります」

って言ってたから。

須田慎一郎須田慎一郎

ご心配だよね。

このな放送やってたら、俺たち捕まってさ、失踪しちゃうよ、言っとくけど。

范冰冰さんみたいに。

日本が中国に占領されたら1200万人が殺される

武田邦彦武田邦彦

もちろん、中国が日本を占領したら、まぁ日本ね、僕の今までの歴史的な計算だと、10%くらいは殺されるんですよ。

だいたい。

だから、日本人1200万人くらいは殺されますね。

だいたい、そういう占領政策なんです、元々が。

中国というのは、占領したら、だいだいそこの10%くらいは色んな理由で殺して、そしてその国を自分たちの国にするというのが基本ですから。

なぜ軍隊は存在しているのか?

武田邦彦武田邦彦

これをだから、なぜ特攻隊がいるか。

なぜ日本に軍隊がいるかというと、その軍隊が5万人死ねば、悪いけど軍隊の人には。

軍隊が5万人死ねば、その後ろで、5000万人が助かるから、軍隊というのが存在するわけ。

軍隊の方が死ぬのが少なかったら、軍隊は必要ないわけですよ。

だから、自衛隊は自分の身をもって国民を守るって言っているわけ。

それは何を言っているかと言ったら、自衛隊が1人死ぬことによって、後ろで国民が1000人助かるから、軍隊というのを持つわけですよね。

だから、軍隊があるっていう事は何を言っているか言ったら、こっちの命を守るために、軍隊というのはいるわけだから。

だからね、中国共産党に1200万人くらいは殺されますよ。

それはもう間違いがない。

それはもう当然だと。

軍隊を持たない国の悲惨な末路

武田邦彦武田邦彦

だけれども、僕は日本共産党とか日本社会党はね、僕はそういう政策をずっと取ってきたと思っています。

だって、どこにあるの?って、チベットが一番いい例だけど、軍隊が無くて、その国の人達が殺されないとか、占領されないなんている例は、今まで、古今東西、歴史上無いんだから。

そんな事は起こらないですよ。

親としては、そんなの絶対に採用できない。

僕は子供もいるし、孫もいるから。

僕だったら、死んでもいいよ、じいさんだから。

須田慎一郎須田慎一郎

うん。

その通り。

そんな事とサラッとおっしゃらないでください。

武田邦彦武田邦彦

その方が、世の中のためにはなるかもしれない。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

「いいね!」へのご協力をお願い致します!最新情報をお届けします!

コメントを残す