メディアが報じない韓国で起きた衝撃的な事件!韓国と断交すべき理由!須田慎一郎 武田邦彦

日本が韓国に付け入られた理由

武田邦彦武田邦彦

非常に重要な所だけを言いますとね、外交という他のものもそうなんですけど、悪口を言うのが一番いけないんです。

悪口だけ言って、行動を取らないという事なんですよ。

つまり、意気地の無いやり方ね。

これは一番相手に付け入らさせるんですよ。

今までの日本というのはね、毎日のサラリーマン生活が嫌だから、韓国の悪口を言って、憂さ晴らしするというのはいいけど、それが日韓関係にどういう影響を与えるのかというと、韓国の悪口を言えば言うほど、日韓関係は悪くなるわけ。

しかも何をやらないというと余計いけないわけ。

卑怯な韓国に竹島を取られた理由

武田邦彦武田邦彦

竹島もそうですよ。

あれを取られたのは李承晩ラインの時に取られたんだ、戦後ね。

僅かな隙に。

国際的には竹島は日本のものという風になっていたけれども、韓国は実力で取っちゃった。

日本に軍隊がいない時に。

だから、日本に自衛隊がいない隙に、警備隊が出来る前の間、その間に、日本は軍隊がいないから、どこ取られたってなんの文句も言えないから、その時にパッと線を引かれて取られたのが竹島。

それ以来、全く行動を取っていない。

日韓関係をおもんばかって行動を取っていない。

文句だけ言って行動を取っていない。

話になんない。

教科書にも載せなかった、韓国に配慮して。

話になんないですよ。

つまり、行動する勇気が無いんですよ、日本人は。

宮澤喜一は本当にポンコツである

武田邦彦武田邦彦

それからもう一つ、慰安婦もそうですけど。

朝日新聞の記事だから、それは全部嘘でしょうけど。

嘘を前提に言わなきゃいけないので大変なんだけど、結局慰安婦はね、宮沢総理大臣が8回、誠意をもって謝っちゃったわけですよ。

謝る前はこういうわけですよ。

今度みたいに、「安倍総理が謝ったら許す」と言うね。

韓国が慰安婦の嘘をでっち上げる手口

武田邦彦武田邦彦

事実ではない慰安婦事件というのをまずはでっち上げる。

次は、誤ったら許すと来るのよ。

それで、宮沢総理大臣はポンコツだったから。

あれは本当にポンコツだったんですよ。

で、謝った。

そしたら今度はどういうかと言ったら、「謝ったから、本当だ」と来る。

で、にっちもさっちもいかない。

いつもこんな事をやっているわけですよ。

武田邦彦武田邦彦

だからね、人間というのはね、誠意が大切で、やっていない事はね、「私たちはやっていません」と言わなきゃいけないし、謝るべきじゃない事を謝ったら、それはダメなんですよ。

司会 男司会 男

禍根を残しますよね。

日本が韓国と断交すべき理由

武田邦彦武田邦彦

だからね、まず第一に、そういった過去の事も踏まえて、現状から言えばね、我々日本人は、絶対に韓国の悪口を言わないという事ですよ、まず第一に。

悪口を言わない。

そして、悪口を言わないでもう決まっているんだから、韓国と付き合ったら悪い事しか起こんないんだから、だから断交するとか、少なくとも敵性国として認定する。

もしくは、向こうが反日という言葉を使ったら、その団体なり、政府なりとは絶対に話をしないと。

なにかそういった行動に出なければいけない。

日本が韓国に持っている下心

武田邦彦武田邦彦

ところが、韓国にちょっと部品を出したいとか下心があって、いいよいいよとやっていたらね、これはいつまでも解決しないし、もっと悪く行くし。

日本人の名誉としても、非常に望ましくないと思うので。

僕はもうここまで来たら、やっぱり日本政府としては、韓国で反日という言葉を使った人は、これ以上絶対に話をしませんと。

だってね、誰だってそうでね。

「お前、嫌いだ」と言われてね、「親しくしましょう」なんてね、そんな奴はダメですよ。

武田邦彦武田邦彦

それから、みんなが言っているように、韓国というのは元々歴史的にそういう国だから、だからこの際付き合わないというね。

付き合わない方法として、国交断絶というね。

国交断絶をするか、それとも大使を召還するか。

輸出入を制限するか、それは色々方法はあるけど。

司会 男司会 男

ビザの制限とか。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す