那須川天心VSフロイド・メイウェザー!子供扱いで10億円荒稼ぎ!マニー・パッキャオも批判!

那須川天心VSフロイド・メイウェザー戦の茶番劇

大晦日の「RIZIN.14」の目玉として企画されていた、ボクシング5階級王者50戦負けなしのフロイト・メイウェザー(41歳)と、キックボクシング28戦無敗、「神童」などとも呼ばれている那須川天心との、ボクシングルールでのノンタイトル、エキシビジョンマッチが行われました。

RIZINがフロイド・メイウェザーに用意したファイトマネーは900万ドル、日本円だと約10億円という驚きの金額。

「金の亡者」という異名を持つフロイド・メイウェザーには、試合前から、批判が集まる状況でした。

「神童」「天才」などと評される名須川天心のファンの間では、「世界最強ボクサーであるフロイド・メイウェザーに勝てるのは名須川天心だけなのではないか」といった淡い期待もあったようです。

名須川天心さん自身も試合前に、

「とりあえず、パンチを当てることはできそうかなと思います」

「まあ、(パンチを)もらっても何とかなると思います」

などと語っておられたようですが、現実は残酷なものでした。

試合開始後、ニヤニヤと不敵な笑顔をうかべて、名須川天心に近づいてくるフロイド・メイウェザー。

画像出典:nikkansports

名須川天心から、簡単に3回のダウンを奪い、

1R、2分19秒であっさりTKO勝利。

画像出典:sankei

不甲斐なさに、泣いてしまう名須川天心選手

画像出典:thenypost

完全な子供扱い、もう泣くしかないような、残念な結果となってしまいました。

メイウェザーは、たったの2分19秒で、10億円という大金を手にする事になったという事ですね。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す