米津玄師 Lemonを紅白で生歌熱唱にファン絶賛!歌詞に秘めた想いと抱える病気

米津玄師 第69回NHK紅白歌合戦生出演

第69回NHK紅白歌合戦、出演しないと思われていた米津玄師(よねづけんし)さんが生出演し、ドラマ「アンナチュラル」で大ヒットした「Lemon」を歌い上げました。

初めてのテレビ出演だったにも関わらず、CD音源さながらの素晴らしすぎる歌声とパフォーマンスに、視聴者の間では、

「紅白最高だった!」

「出演してくれてありがとう!」

「生歌うますぎる!」

などといった、絶賛する声が上がっています。

世界的ダンサー とのコラボも話題

世界的ダンサーである菅原小春さんとのコラボも話題になりました。

画像出典:gqjapan

米津玄師 卓越した音楽的才能

紅白初出場のDAOKOさんが歌った、「打上花火」や、小学生ユニットのFoorinが歌った「パプリカ」も、米津玄師さんが作詞作曲した作品だという事ですから、素晴らしい音楽的才能をお持ちの方なんですね。

米津玄師 Lemonの歌詞と秘めた想い

Lemon

作詞作曲:米津玄師

この「Lemon」という曲は、「アンナチュラル」というドラマの主題歌を作って欲しいとの依頼を受けた米津玄師さんが、お亡くなりになったおじいさんを想い作った曲との事。

「アンナチュラル」というドラマは、人間の死を扱うドラマであったため、それとリンクする曲を作られたというわけですね。

米津玄師さんは、漠然と考える事が多かった死を、このおじいさんの死によって、リアルに感じる事が出来たようで、「Lemon」という曲は、失った人をただただ悲しむといった素直な気持ちを、美しい言葉で紡いでいるといった印象ですよね。

個人的な気持ちを、多くの方が自分の事のように感じる事が出来るよう、少し抽象度を上げたといった感じなのでしょうか。

レモンをカットした断面から光という言葉を導き出すなんて、なんて素晴らしい感性なのだと、ただただ感心するばかりですね。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す