韓国駆逐艦「クァンゲト・デワン」レーダー照射事件の嘘!防衛省の動画に韓国が反論動画公開!伊藤俊幸

防衛省が韓国海軍のレーダー照射 証拠映像を公開

防衛省は12月28日、FC(火器管制)レーダーを照射された、自衛隊P-1哨戒機が、火器管制レーダーを照射した目的を、韓国海軍駆逐艦に、3度に渡り、確認する日本側の通信に対し、完全無視を決め込む韓国海軍の様子をリアルに映し出すノーカット映像を、遂に公開に踏み切りました。

韓国国防省による繰り返される嘘と、「自衛隊の哨戒機が、韓国の駆逐艦の真上を低空で飛行する異例飛行をした事が問題であり、謝罪するのは日本だ」といった、韓国のいちゃもんに対する反論として、仕方なく提出した日本側の証拠というわけですね。

ちなみに、こちらの映像は、韓国大使館を通じて、韓国側にも提供済みとの事です。

自衛隊員が、日本のために、日夜、どんな働きをされているのかを垣間見られる、とても貴重な映像ですね。

韓国が反論動画を公開

韓国は、全く反省する様子もなく、1月4日、「反論映像」を公開しました。

この映像と加工したサムネイルによって、

「この映像は信用が出来るものだ」

「日本の哨戒機が危険な低空飛行をして来たから火器管制レーダーを照射した」

「日本よ、謝罪せよ!」

という事のようです。

韓国軍レーダー照射の狙い

海上自衛隊の哨戒機が、韓国の海軍の艦艇、駆逐艦から、火器管制レーダーの照射を受けたとされる問題

岩屋防衛大臣は、日韓防衛当局間で協議を行う考えを示しています。

日韓の見解が違っている中で、事態の鎮静化をはかる構えも見せています。

韓国側は一切の電波放射は無かったと説明をしていたわけなんですけど、そもそもなぜこんな事が起こってしまったのでしょうか?

伊藤俊幸伊藤俊幸

このいわゆるP-1というか哨戒機はですね、瀬取りってあるじゃないですか。

要するに経済制裁がかかっていてやってはいけないというのをかいくぐって、船と船をくっつけて渡しているというのがあって、それをずっと監視しているんですね。

それを、まぁ、見つけては公表するという事をやっているんですけど、その途中にあの大和堆(やまとたい)があるわけですよ。

たぶんそこを通過していた時に、そこって基本的に漁船の世界ですから、それは北朝鮮もいます。

だから、まぁたぶん、工作船がいないかどうかぐらいはチェックするんですね。

後ろのハッチが開くのかどうかで分かりますからね。

そういった監視をやっていたんでしょうけど。

韓国海軍 排他的経済水域(EEZ)内での怪しい動き

伊藤俊幸伊藤俊幸

そこにまさかの「あれっ、韓国の軍艦がいるわ」と。

普段はいないですからね。

あれあれと言って見に行ったら、いきなりビーっとやられたんです。

ロックオンされたと。

日本の通信をガン無視する韓国海軍

伊藤俊幸伊藤俊幸

そうです、そうです。

で、「なんだこれ」となって、で一定の回避行動を取りながら、それで通信を設定して、「何やってんの」という話をしたけど、応答が無いと、という事だったと思うんです。

この事実を、最初にたぶん、私もそうだったんですけど、駐在武官がいますから、韓国にですね。

それは当然海軍将に問い合わせて「こういう事をやっているけどどうなの?」と言ったのにノーリアクションだったんでしょうね。

それが12月20日に起きた事で、それで全く反応が無かったので、21日に防衛省は公表することになったんですよ。

これはもう、総理の許可も得てですね、出したと。

嘘つき韓国のあり得ない言い訳

伊藤俊幸伊藤俊幸

そうしたらそこに今度出てきたコメントが、「捜索のため、漁船を探すために全部のレーダーを入れていた」と言うでしょ。

でも、それってあり得ないんですよ。

海軍の関係者とか、そういう知っている人間からすると、「なんでこんなでたらめの理由を言うの?」なんですよ。

だから、すぐにでも分かるようなでたらめなんですよ。

たから、防衛省は異例の「そんな事は無いでしょ」というカウンターの公表をし、

そうしたら、また今度出てきたのは、「レーダーは実は出していなくて、見ていただけ」だと。

それも「近くから」だと言って、それもあまりにでたらめだから、「そうじゃないでしょ」と言って、「俺たちは証拠を持っているぞ」と。

要するにレーダーを撃たれたのは、要するにテープがあるのと一緒なんですよ。

要するに「ボイスレコーダーを持っているけど、それでもお前はまだ言うのか?」という事を返した。

だから、異例の2回返しているんですよ防衛省は。

あまりにでたらめだから。

ていうので今日まで来ている。

フォローして最新情報をチェックしよう!