左翼は自衛隊を憲法違反で訴追せよ!国民の憲法改正議論熱を高める方法!武田邦彦

ケンカだけしてる右翼と左翼

まぁ日本人で平和を守るったら、誰でも平和を守りたいと思ってるように思うんですが、私が少し辛口で言えばですね、

平和を愛するよりも、左の人と右の人とが対立するほうが好きだって感じなんですよね。

ですけども、やっぱり平和を守るとかものすごく難しいので、やっぱり右も左もなく相互に喧嘩してるんじゃなくてですね、

やっぱり一緒になって日本の平和を守り、まぁ平和な日本を子供たちにプレゼントするっていう考えがいいんじゃないかってのが僕の考えなんですよね。

だから私は左の方からも排斥され、右の方からも排斥され、まぁ真ん中の人達からも排斥されると、もうこういう風になるんですけどね。

あとはこの平和を愛する人への4番目ですけども、「違憲訴訟をしてみてください」という題にいたしました。

自衛隊はどう見ても武力である

つまりですね、自衛隊は武力ですよね。

どう考えても武力ですね、これは。

陸上自衛隊は戦車を持ってますし、いろんな大砲・ピストルも持っております。

それから、海上自衛隊はですねイージス艦はじめ護衛艦と称してますが、まぁ軍艦を持ってるわけですね。

もちろん、航空自衛隊はF15をはじめとしたアメリカの最新鋭ジェット戦闘機を持ってるわけですから、これを武力と言わないで何を武力かと思いますよね。

それから、交戦もするわけですよ。

交戦しなければ、何のために軍隊があるかどうか分かんないわけで、軍隊一応ありますけれども、なんか向こうから兵隊がきたら逃げますってんじゃぁですね、

やっぱこれじゃぁ交戦権…交戦しない軍隊ってことはないですね。

自衛隊は憲法違反なのか?

まぁそれだけなら、なかなか違憲訴訟するのは難しいかもしれませんが、なんたって60年間も膨大な国家予算を使ってるわけですよ。

まぁ1年に5兆円あまりのですね、国家予算を使ってるわけですね。

ですから、自衛隊が憲法に違反すると思ってる人にとって見ればですね、非常にはっきりとした憲法違反で税金を使ってる、憲法違反に税金を使ってる。

じゃぁ、憲法違反に税金を使ってるのが60年。

それでも、最高裁が何にもやらないって言うのはですね、ちょっとありえませんよね。

最高裁いらないですよ。

左翼は自衛隊を憲法違反で訴追せよ

だから、それで憲法9条の条文をそのまま読みますと、これは左翼の人が言ってる論調ですよ。

第一項にしても第二項にしても、憲法9条に自衛隊は違反してると、こう言ってるわけですよね。

だったらですね、やっぱりそれは口で言ってんじゃなくて日本は法治国家ですからね。

やっぱり僕は最後の人は訴訟してほしいですよね。

それで私はどうかっていうと、私は違うんですよ。

憲法は平和を愛する人が対象

私は憲法前文に「平和を愛する人を対象にする」と書いてあるんだから、平和を愛する人じゃない人はもちろん対象じゃないとこういう風に言ってるわけですよ。

ですから、憲法9条は平和を愛する国だけに相当するんだから、まぁ日本は関係ないよとこう言ってるわけですが。

まぁ、左翼の人は少なくとも…リベラルは少なくともそうじゃないんですよ。

平和を愛する人、国家じゃなくて全部に対して憲法9条が有効だと言ってるわけですからね。

だから、やっぱりおかしいっちゃおかしいわけですよね。

国民の憲法改正議論熱を高める方法

それから、まぁ国連加盟ってのもやっぱり私は国連の費用というのはやっぱり憲法で違反するから出しちゃいけないと思うんですね。

国連は集団的自衛権ですから、絶対に憲法に違反しますよね。

まぁその、普通の意味ではですよ、普通の意味では憲法に違反しますね。

ですから、やっぱりこれはですねリベラルの人、つまり例えばですねあの集団的自衛権の法律ができたときに「違憲だ、違憲だ」って皆言った先生方とか、

左翼の人ですね、戦争法案だって言った人たちは、なんで普通のときに裁判に訴えないんですかね。

だってそのために裁判所があるわけですよ。

で、裁判所の判断を仰いで裁判所が違憲だってことになって、いよいよ自衛隊を解散しなきゃいけないと。

こうなったらですね、これはやっぱり国民で議論が起こって、憲法改正をするべきかどうかって議論が非常に集中的に行われると思うんですね。

生殺し状態の日本

ただ今は生殺し状態なわけですよ。

つまり、皆なんでか知らないけど裁判所を避けてるわけですね。

でまぁ、これは右翼の人もそう言えるんですよね。

ていうのはですね、軍隊を持ちたいって言ってるわけですから右翼の人から言えばですね、これはまぁ訴訟が難しい、訴訟の形態が難しいっていうことはまぁ言えますけれども。

いずれにしてもですね、日本は平和を愛する国家に対してだけ交戦権とか武力を持てないんだから、軍隊がいいんだということをですね、訴訟するって訴訟の仕方が被害を持してる。

いずれにしても、そういうことがあるわけですよね。

左翼は自衛隊を憲法違反で訴追せよ

ですから私はですね、まず口火は左翼のリベラル派の人から切ってもらって。

そして、いずれにしてもですね自衛隊が違憲かどうか。

とにかく、なにも砂川事件のときにかなり裁判になったんですけども、まぁあの時は最高裁の問題もありまだ日本が独立した直後であるっていうな問題から、いろんな問題があったんですけれども、今はそうではないですからね。

ですから、そういう意味ではやっぱり私はまず、左翼のリベラルの人が日本の国内で、しかもなんか素人相手に騙すとかメディアを騒がすことが出来るってことだけやっててですね、

それで自衛隊の違憲訴訟っていうのをやらないっていうのはですね、非常にこうやっぱりなんかケチな考えって言うと言い方悪いんですけど、ちょっとはっきりしないって感じがしますよね。

だから是非私は、この際はっきりと違憲訴訟してもらってですね、それで国民の見解が違憲となったら自衛隊を一旦解散して、国民じゃくて単に例えばですね、裁判の結果としてはこれは裁判になじまないとか。

まぁ憲法違反を、最高裁判所がやらなかったら誰がやるのって感じがしなでもないですけど。

まぁそういうになった場合ですよ、それををやっぱりそれなりの事はしなきゃいけないという風に思うんですよね。

そしたら憲法論議っていうのは、まさにちゃんとしてくると。

要するに的が絞られてくると、議論がですね。

米軍の日本駐留は憲法違反なのか?

憲法違反なんだから、これはもう早急に自衛隊を持つかどうかを国民で決めて、それで憲法をちゃんとしなきゃいけないってことになりますけれども。

今ですと、左翼の人たちは自衛隊を憲法違反と言ってるのかどうかもはっきりしないんですよ。

それから、アメリカ軍が日本に駐留するっていうことが憲法違反なのかどうか。

これは憲法の範囲に入らないという意見も出るでしょうけどね。

だけども、それも、意見が出てもいいですよ。

まずはリベラルの人が違憲訴訟してみてもらいたいと私は思いますね。

そしたら、我々が本当に議論をして日本に平和をもたらすことが出来ると思います。

隠れてコソコソってのはダメですよね。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す