サッカーアジアカップ2019 日本がウズベキスタンに塩谷司のゴールで逆転!3連勝で決勝進出!

「いいね!」へのご協力をお願い致します!最新情報をお届けします!

画像出典:twitter

メンバーを大きく変更しゲームに臨んだ森保ジャパン

17日、森保一監督率いるサッカー日本代表は、アジアカップのグループリーグ第3戦である、ウズベキスタン戦に臨みました。

勝てば首位での通過、引き分け以下なら2位での通過となる日本。

森保一監督は、メンバーを大きく変更し、

画像出典:twitter

ゴールキーパーをシュミット・ダニエル

ディフェンダーを室屋成、三浦弦太、槙野智章、佐々木翔、塩谷司

ミッドフィルダーを青山敏弘、伊東純也、乾貴士

フォワードを北川航也、武藤嘉紀

というメンバーで試合に臨みました。

日本が2対1でウズベキスタンに勝利

日本は、前半40分、ウズベキスタンのエルドル・ショムロドフ選手にドリブルで切り込まれ、1点の先制を許してしまいます。

ですが、日本は直後の前半43分、右サイドを突破した室屋成選手のクロスに、武藤嘉紀選手が頭で合わせて、すぐに同点に追いつきます。

更に日本は、後半13分、室屋成選手が上げたクロスのこぼれ球に対し、塩谷司選手が左足を振り切り、ゴール右隅に逆転ゴール。

ウズベキスタンは、プレーの一時中断をアピールしていたとして抗議をしたものの、認められる事はありませんでした。

森保ジャパン 3連勝でグループ1位通過

日本はこの1点を守り切り、グループ3連勝で、1位通過で決勝トーナメントの進出を決定しました。

日本人が待ち望んだ日本人監督で始動した、絶好調の森保ジャパン。

このままの勢いで、アジアカップの王座を奪還して頂きたいものですね。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

「いいね!」へのご協力をお願い致します!最新情報をお届けします!

コメントを残す