羽賀研二受刑者 資産隠し疑惑で逮捕!梅宮辰夫「稀代の悪」発言に納得の声…

羽賀研二受刑者 資産隠し疑惑で逮捕

18日、詐欺罪・恐喝未遂罪で服役中の元タレント、羽賀研二受刑者が、資産隠しの疑いで沖縄県警に逮捕された事が分かりました。

羽賀研二受刑者はなぜ逮捕、服役中なのか?

羽賀研二受刑者は、2003年頃、被害者の男性に対し、「医療関係の会社の未公開株が絶対に上がる」「破綻したら自分が全部補償する」などという話を持ち掛け、証書を作り、3億円のお金を受け取ります。

ですが、結果としては、羽賀研二受刑者が薦めた会社は破綻してしまったといいます。

「破綻したら自分が全部補償する」と証書を作っていた羽賀研二受刑者ですが、お金を返すどころか、2006年の6月に、代理として元ボクシング世界王者である渡辺二郎元受刑者、暴力団関係者などを使って強迫。

画像出典:i.ytimg.com

被害者の男性は、「約3億7000万円もの借金を、1000万円に棒引きする」という書類にハンコを押すよう脅迫されたといいます。

「ハンコを押さないと大阪湾に沈める」と脅された被害者の男性は、仕方なくその場ではハンコを押したものの、その後警察に被害届を提出し、事件が発覚。

警察の捜査の結果、2007年6月に羽賀研二受刑者は、詐欺罪・恐喝未遂罪などで逮捕され、2013年3月に最高裁で、懲役6年の罪が確定し、現在服役中の状態だというわけですね。

羽賀研二受刑者はなぜまた逮捕されたのか?

現在服役中の羽賀研二受刑者には、3億9000万円の支払いが命じられています。

被害者に対して、お金が無いなどとし、数百万円との支払いしか出来ないなどと主張していた羽賀研二受刑者ですが、故郷の沖縄に、複数の不動産を持っている事が判明しています。

つまり、羽賀研二受刑者は、被害者に対する支払いを嫌い、虚偽報告をしていた可能性があるというわけですね。

また、羽賀研二受刑者は、逮捕される1年前、2006年に一般の方と結婚し、2人の娘さんを持つ父親という一面があります。

羽賀研二受刑者は、この結婚した奥さんと偽装離婚をし、不動産を分与し、差し押さえを出来ないよう工作していた疑いがあるとして、「強制執行妨害等の疑い」で、18日に沖縄県警に、また逮捕されてしまったというわけです。

同時に、羽賀研二受刑者には、「全く反省の色は無い」という事が、判明してしまったというわけですね。

梅宮辰夫の「稀代の悪」発言の経緯

ロバートの秋山さんのものまねで若者にも人気がある梅宮辰夫さんは、羽賀研二受刑者が逮捕された際、「稀代の悪」「逮捕されて当然」と激怒したといいます。

梅宮辰夫さんがなぜここまで激怒したのかというと、羽賀研二受刑者は、元々、梅宮辰夫さんの娘でタレントの梅宮アンナさんと、恋人関係にあったんですね。

交際期間が、1994年頃から1999年頃までのだいたい5年間程度だったといいます。

羽賀研二さんは、1961年7月21日生まれ。

梅宮アンナさんは、1972年8月20日生まれ。

つまり、羽賀研二さんが33歳~38歳くらい。

梅宮アンナさんが、22歳~27歳くらいの時に、交際されていたというわけですね。

高級マンションに住み、スポーツカーを乗り回すなど、優雅な生活を送っていると思われていた羽賀研二さんですが、当時から億単位の借金を抱えていたといいます。

羽賀研二の保証人にされた梅宮アンナと梅宮辰夫

駆け出しのタレントだった梅宮アンナさんは、羽賀研二さんにぞっこんとなり、羽賀研二さんの借金返済に、巻き込まれて行きます。

1995年には、梅宮アンナさんは、羽賀研二さんとカップルで「アンナ 愛の日記」というペアヌード写真を出してまで、借金の返済を助けようとするほど、誰が何を言おうが無駄であるほど、のめり込んでいってしまいます。

その間も、羽賀研二さんには、他の女性関係も尽きない状況だったようです。

2019年1月4日に放送された「中居正広の金スマスペシャル」では、梅宮アンナさんは、当時、借金の保証人とされており、羽賀研二受刑者と別れ、他の人と結婚した後も、借金の返済を続けていたと語っておられたようですね。

その金額は、ゆうに8000万円を超えるといいます。

当時は、梅宮辰夫さんが、羽賀研二受刑者と娘のアンナさんとの交際に、頑なに反対する様子を、マスコミが面白がって、連日放送しているような状況がでした。

また、借金の保証人を負わされるのは、梅宮アンナさんだけに留まりません。

父親である梅宮辰夫さん自身も、羽賀研二受刑者が、沖縄でレストランをオープンする際、オープンの直前になって、「お店の施工費用4000万円の支払いがされていない」「支払いが無いと物件を引き渡せない」との事で、保証人にされ、借金の肩代わりをさせられたといいます。

マスコミを沢山呼び寄せれている状況もあり、断る事も出来ず、今考えると「完全に確信犯」であったとも…

そのような経緯もあり、羽賀研二受刑者が、詐欺罪・恐喝未遂罪などで逮捕された際に、マスコミに対して、

「はっきり言いますよ、『希代の悪』です」

「羽賀がやっていることはあの手のことばかり」

「ああいう人生をずっと送ってきている。逮捕されて当然」

と、怒りをあらわにされたというわけなんですね。

羽賀研二逮捕へのネットの反応

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す