不倫や離婚の最大の原因が判明!男にモテる女性の特徴!女が男を誘惑する凄い方法!武田邦彦

男に与えられていた生きる意味

なぜこんなに離婚とか不倫が多いのかという問題ですね。

まず男性側の1番大きな問題は、前の回でやったように、男は死ぬことだけが大切だったんですね。

死ぬこと以外に、男の生きている意味というのはそれほどなかったわけですね。

女性に与えられた大きな仕事

女性は子供産み育てるという非常に大きな仕事があって、それでよかったわけですが、それは男が死ぬものですから、戦争で死ぬわけですが、それから昔は戦争で死ぬんじゃなくて、時々盗賊が現れて一家皆殺しになる、それを防ぐのがやっぱり男だったんですね。

夫だったわけです。

ですから、夫がとにかく命を懸けて守るわけです。

生物界が持つオスとメスの役割

これは生物界全体がそうで、魚なんかでも10匹の魚が集団がいると、メスが10匹いて、そのうちのメスの1匹がオスに性転換して、それで群れを守る。

そのオスはやがて戦いで死にますから、そうすると残った9匹のうち1番体の大きいメスがオスに転換して、守るという、それが生物の基本ですから、これは小学校4年生の理科の副読本にも載っているような話で、生物の原理原則なわけです。

だから太平洋戦争、この前の戦争の前までは、原理原則に沿っておりました。

日本の家父長制が成立した時代背景

ですから女性が被害を受けるとか家父長制がどうなんて、ジェンダー専門家なんて言ってますけど全然そうじゃなくて、お母さんにとっても子供を産んで育てるのは大変だけど、いざという時はお父さんが死んでくれるから、それで釣り合いが取れていたわけですけど、今は男が死なないで威張っているということで、これも不倫と離婚の原因の1つになります。

生物のオスが魅力的な理由

女性の方は全く違いますね。

女性側にも問題があるんですね。

生物というのは、通常はオスに性欲があって、メスは受け手なんですね。

ですから、オスは何とかして自分の子供を残すためにメスを誘うわけです。

ですから、オスが必ず魅力的ですね。

オシドリでも、孔雀でも、象でも、ライオンでも、みんなオスが立派だけどメスは汚い恰好をしてるんですよ。

子供を産むということが価値だから、別に美しいなんていうことは関係ないんですね。

性欲が衰えた人間のオスと誘導型性欲

ところが、人間もそうだったんですけど、200万年前と言われるんですが、頭脳が発達して、人間のオス、つまり男の性欲が衰えてくるんですね。

そこでメスが工夫をして、オスが本質的な性欲から誘導型性欲に変わるんですよ。

誘導型性欲というのは、メスが呼び掛けて誘って、オスの性欲が出てくるというやつですね。

こういう性欲には特徴があって、例えば発情期がないとか、その他いろいろあるんですが、オスよりメスがきれいだとか、今度は選択の対象になりますから、そこで女性は化粧をし始めて、それからいろんな性質が生まれます。

引っ込み思案な女性の狙い

例えば誘われるように誘導する。

だからメスは引っ込み思案になります。

メスの引っ込み思案というのは、誘ってるんですね。

夜目遠目笠の内と昔は言うんですけど、この前放送で言ったら、あんまり誰も知らなかったものですから、夜目、夜よく見えない、遠目、遠くから見る、もしくは笠の中、これは女性が男を誘う1つの形ですね。

だから寝化粧なんかもそうですが、簡単に言うと、うす暗いところできれいに見せる。

そして恥じらう、引っ込むというということで、男性がそれにつられて誘導型性欲が沸いてくるという、そういう構造なんですね。

結婚するときはだいたい女性は一生懸命誘導するんですよ。

お化粧をし、きれいに作り、年もだいたいは若く、そして男性のやや言うとおりになる。

例えば結婚式の希望があっても、あなたの言う通りでいいわよとか、考える通りでいいわよと言っちゃったりする。

女性が獲得した男性の性欲を誘導する手段

これは1つの女性が200万年間に獲得してきた、男性に誘導型性欲を起こさせる1つの手段なんですね。

ところが、結婚して1人目の子供が生まれて、女性は錯覚しちゃうわけですよ。

つまり男性が自分の誘導によって性欲が沸き、性欲が沸いたから愛情があるわけですね。

男女の愛情の基本

男女の愛情というのは、やっぱり性欲が基本なんですね。

性欲が伴わない愛情と言ったら男同士の友情ですから、これは全部質が違うんです。

ですから、男と女の愛情というのはやっぱり性欲が基本じゃなきゃダメなんですね。

2人目の子供が生まれない理由

ところが、奥さんが第1子を産んで太ってしまって、しかも旦那に対する言葉遣いはぞんざいになり、恥じらうこともなく寝化粧もせず、そこらへんに丸太のようにごろごろしているわけですよ。

そしたら、夫はいくら何でも誘導型性欲が沸かないんです。

誘導型性欲が沸かなかったら、同時に愛情も失われていくんですね。

ですから第2子が産まれないというわけですよ。

ちゃんと2人の子供を産むあれがあったら、女性が常に作戦的なんですから、男性は誘導された性欲なんですから、愛情なんですから、だから女性が作戦的でなかったらどうにもならないんですよ。

娘に作成を伝授する偉い母親

だけど私から見るところ、偉いお母さんは娘に全部作戦を言ってますよ。

あなたこうしなさい、男っていうのはこういうものよ、ちゃんとお化粧して行きなさい、少しはおとなしいところを見せるのよ、ってやってるんですよ。

これは絶対正しい女性の作戦なんですよね。

夫に離婚したい気持ちを簡単に起こさせる方法

自分が2人の子供を産んで、財産も安定し、離婚してもいいわってなったらごろごろ寝てりゃいいんですよね。

だから全部女性の思う通りになるんですよ、夫婦関係というのは。

不倫や離婚の最大の原因

ところが、男性が結婚の時に誘導型性欲で非常に強い愛情を自分に向けてくれる、そうすると奥さんは間違えちゃって、自分に本当に愛情があると思っちゃうんですよ。

だから自分が丸太のようにごろごろしていても夫の愛情は変わらないだろうと、そんなことはありませんからね。

これが1番大きな離婚や不倫の原因になりますね。

それはもちろん旦那の方にも問題があるんですよ。

男性の方の原因というのは死ぬことだけではないんです、本当は。

草食系男子と女性の誘導失敗

だけど草食型男性なんかも出てきまして、これも私の感じでは、女性の誘導失敗なんですよ。

女性が頼りにするようなふりをすればいいんですよ。

ところが、女性が私は私でやって行くというそぶりを見せたら、男は女性に貢いだりする意欲を失うんですよ。

つまり男性というのは全部誘導型ですから、女性が作戦を組み、女性が男性を思うとおりにコントロールしないといけないわけですよね。

夫が女々しくて暗くなる原因

だからそれの1番典型的なのは、第1子が産まれたけど第2子が産まれない、産まれないというか旦那が迫ってくれない、それは当然だと、誘導型性欲が沸かないんですからね。

そして、誘導型性欲が沸かないと、だんだん暗くなります。

それから女々しくなってきますね。

男としての猛々しさとかたくましさとか、あっさりしたところとか気前のいいところというのを失っていきますね。

それは、男性の性格が、男性的な生活をすることによって性格が、男性的生活によって男性的性格も保たれているわけですから、

何でも、嘘でも、お父さん頼むわよ、こういうのはお父さんが判断力があるからちょっとお父さんに聞いてきなさいとか言わなきゃいけないのに、子供に向かってお父さんの悪口だけ言っているんですから、それはダメになるに決まっているわけですね。

そして、どうしてもお父さんと離婚しなければならないと、もう離婚したいというんだったら、そこで作戦を練ればいいわけですね。

男性の人生は女性の誘導で決まっている

だけど、作戦なき女性はダメなんですよ。

これはどうしてかと言うと、誘導型なんですから、男性が。

女性が誘導して男性の人生を決めているわけですから、だからその生物学的な原理原則というのは外しちゃいけないわけですから、ある意味女性がコントロールできるわけですね。

男が魅力を感じる女性の特徴

お化粧の度合いも考え、寝化粧も考え、体重は女性は太っているのをすごく気にしますが、男性はだいたい平均的に太ってる女性が好きなんです。

これどうしてかと言いますと、何で女性が引っ込み思案だったり弱々しかったりするのがいいかと言うと、男性は自分にないものを求めているわけですね、もちろん。

男性は一般的にあまり脂肪がつきませんから、脂肪がついた女性の滑らかな体というのは非常に魅力的なんですね。

ですから、ガリガリ痩せているというのはあまりお勧めできません。

女性が男性の細かい変化にも敏感な理由

つまり、誘導型ということは男性の状態をよく見て、女性はそれができるんですよ。

だから女性は細かく見るんですよ。

ここにちょっと変なのついてるわよ、って気がつくのは全部女性ですよ。

ボタン1つ外れてますよと。

これはどうしてかと言うと、子供を育てるという力もあるし、相手の男性を誘導するには、相手をよく観察しなければならない。

相手が何が好きかというのをずっと分かって、こう誘導したらこうやる、こう誘導したらこうやる、というのを全部一通り理解してから男性に接しなきゃいけないんで、

それで女性の観察力、語学力、それから論理的じゃないけれども、感情的な頭、それから人の言うことが気になってしょうがないというような性格、全部それなんですね。

ですからやっぱり不倫、離婚というのが多いのは、男性側にも問題がありますが、やはり女性側にも大きな欠陥が現在存在するというふうに考えられます。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

「いいね!」を押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

コメントを残す