東京医大の女性差別と不祥事だらけの文部科学省!男女共同参画は嘘だらけ!女医の理想と現実!武田邦彦

不祥事だらけの文部科学省

このところですね、この森加計問題ぐらいから始まって、文部科学省の関係する事件っていうのはものすごく多いですね。

まあスポーツの日大のアメフトとか、ボクシングの協会の問題なんかも含めますと、もうあっちやこっちやでですね文部科学省系のトラブルが起こってますが。

東京医大の女性差別

その一つとして、東京医大の女性の差別のがありますね。

入学試験の点数を女性だけなんか減点して、合格者数をコントロールしてたっていうのがありますね。

これについてまあ、しょうがないじゃないかっていうな話もあるんですが、私はもう、もちろん全然なんていうか、箸にも棒にも掛からない、全然ダメだっていう感じですね。

いやあの、医療現場でですね女性の進出が多いんで困ってることは事実なんですよ、それはまあどういうふうに困ってるかって言いますとね。

ここも、女性の変な人って言ったらいけないんですけど、このブログにもものすごく文句言ってくると、ものすごく困るんですけども、私はありのままお話しますとね。

医大が女性を敬遠する理由

まず女性はですね、えっとお医者さんになってから妊娠するんですよ、妊娠するのが悪いっていうわけじゃないんでね。

その妊娠するのは妊娠するで事実なんですから、そうするとまあ約一年くらいダメですよね、その後まあやっぱり2人目が産まれるとか、それから幼稚園に入れるとか、ずーっとあるわけですよ。

そうしますとですね、これ良いとか悪いじゃないんですね、例えば現在はお医者さんが非常に専門家してますから、まあ近くの開業医でもそうでけどね。

開業医がもしお医者さんで女性のお医者さんで、しょっちゅう休診してるというとまあ、周囲の人は皆困るわけですよね。

また大病院だとですね今度、専門家してましてね、例えばなんかある特定の科ですね、循環器科なら循環器科とか、そういうとこ泌尿器科なら泌尿器科っていうとこでですね。

専門の先生が例えば二人だったとしますよ、そうすると二人でいつも患者さんをこう臨床の患者さんを捌いてんのに、一人の女性のお医者さんがしょっちゅう休むとですね、

その患者さんの数は急に減ったり増えたりしませんのでね、もう男性のお医者さんがもう大変になっちゃうんですよ。

完璧にブラック化している日本の病院

もともとちょっと現在の日本の医師、医院はですねブラック化してましてね。

もう夜の1時頃に毎日なったりすることもあるんですね、でまあ今はあの医療費の削減っていうふうに言われてますので、本当にブラックの時あるんですよ。

あの夜中まで診察がかかっても、自分のお金でタクシーに乗って帰るっていう請求できないっていうですね、まあそういうまあ旧態依然としてはブラックなんですね。

なんでこんなブラックかっていうと、例えば外科なんかで手術しますとねほとんどお医者さんは2日くらい病院におられる、その時の徹夜の手当てなんか全然出ないということで、

まあ通常の会社なんかに比べるともう、完璧にブラックなんですよ、完璧にブラック。

それでですね、えっとそういう中で女性が働くっていうのは無理があるんですね。

嘘だらけの男女共同参画のでたらめさ

それからもう一つはですね男女共同参画っていうけど、これもうでたらめなんですよ。

まあ内閣府の男女共同参画室がですね、公表されたデータをものすごく粉飾したっていうんで、嘘のデータで書いたって言うんで東大の先生がものすごく文句つけてますけど社会学の先生がですね。

私もチェックしましたけど、もう本当に嘘なんですよ、これ女性方が作ったグラフなんですね。

女性が勤務しても、あんまり経済成長に関係がないっていうデータが出てるんですけども、これはデータ嘘ついて出してるんですね。

女医の理想と現実

でまあ、女性の進出を急ぐって意味も分かるんですけどね、実際は女性の医師が妊娠すると休まなきゃなんない。

それから産後もですね、もう嫌味はものすごく言われるんですね、っていうのはさっき言ったように専門医が二人いて一人が女性で女性が休むともう本当に大変なもんですよ、あの現場がですね、もうやりきれない。

そうするとまあ、女性辞めてくれって事になるんですよね。

じゃあ例えば、あの子供をどっかに保育園に預けると、そうすると毎日5時に取りに、あの迎えに来てくれとか6時に迎えに来てくれって言うんですよ。

それもお母さん本人じゃなくちゃいけないなんて言う、制約がついてるところも多いんですね。

男女共同参画は口だけの嘘ばっか

だからつまり男女共同参画なんつってでもですね、ただ口で言ってるだけなんですよ、それでこの口で言ってる内閣府っていうのが嘘ばっかりついてるんで、

その特定の非常に恵まれた女性だけが、まあ自分だけがよけりゃいいやいう女性まだ多いんですよね、別にこれ差別でもなんでもないんですよ。

だから、えっともしもお医者さんが男性と女性と同じ数でいいというんであればですね、ほぼ女性は32~33歳で全員が辞めると、だから女性のお医者さんっていうのは、

32~33歳まで働いたらいいんだ言うふうにこう割り切るかですよ。

そうしなきゃやっていけないんですからね。

それから、もう一つは完璧に例えば女性が妊娠したらお医者さんが女性のお医者さんが完全に働けるように、国家の方で家政婦を一人付けるとかですよ、なんかそういうことをしないとですね、ダメなわけですよ。

人権を盾にしたバッシングで何も出来ない日本の指導者

ところがまあ、温暖化の問題もそうだし原発の問題もそうですけどね、なんでも最近もうここ日本の指導者っていうのはですね根本的な解決が出来なくなっちゃったんですよ。

それはバッシングの文化なんかもあってですね、まあ僕なんかも私武田邦彦ですけども、酷いバッシングを何回も受けるんですよ。

それでまあ、私なんかまあ割合とそういうの学問的信念でやっちゃうんですけど、お医者さんの中にはねそんなね女性の関係でバッシング受けるのは嫌だと。

また女性のね、ことって言うとやられちゃうですよ、いや僕が言ってるの全然女性差別でもなんでもないんですよ。

女性は妊娠するから、その分だけ休診になるからって言っただけでやられちゃうんですよ、その女性は妊娠するから悪いっていうのかって、いやそんなこと言ってないと。

女性は妊娠して休まなきゃなんない、そんとき患者さんの数変わんないんだからこれに対する対策を講じとかなきゃなんないってだけで、超バッシングされるんですよ。

だからもう皆も、面倒くさくて議論しない面倒くさくて議論しないので結局、入学試験の点数で裏で差別するってことになるんですね。

言論の自由を封鎖した先の世界

つまり言論の自由を封鎖すると、必ずものは裏になると、ね。

無理が通れば道理引っ込むなんですね、ここはね女性の指導者、もしくは女性差別を声高に言う人がもう大きく反省してもらわなきゃ、この女性差別を声高に言う人が女性差別を作ってるわけですよ。

私なんかが一生懸命ですねえ、例えば女性の意思は、女性の意思って必要なんですよ。

どうしても患者さん女性がいますし、女性じゃなくちゃ出来ないこともあるんですね。

しかし女性の意思になったら、ほとんど医者を続けられないんです。

だいたい35歳ぐらいで皆辞めちゃうんですよ、そのことも事実なんですよ。

それが差別で辞めるんじゃなくて、妊娠するからですよ主には、子供が出来るからですね。

女医が子育てする事は悪い事なのか?

子供が出来るとか妊娠するとこれ、女性の全く素晴らしい行為ですからね、素晴らしい行為をすると医者として勤められないっていう現在の医療体制がおかしいんです。

しかしこれを改善しようとするとですね、現在60兆円の医療費がまあ40兆円の医療費が60兆円になりますよ。

それ60兆円は嫌だっていうんですよ。

だからしょうがない、女性を差別して点数をコントロールすると、まあこういうふうになってるわけですね。

だからまず第一にこの問題は、だいたいね大学が絶対やっちゃいけないですよ、僕も大学の管理やってましたけど。

平等にやるという建前だったら、絶対平等にやらないとどんな社会的問題があったって女性の点数を差し引いたりするってことは、絶対やっちゃいけません。

そんなことやるから、やっぱり女性差別が残るんですよね。

だから、差別じゃないんですから別に妊娠したり子供産んだり子供を育てたり間ですね、女性が働けない間ちゃんとケアするっていうのが社会なんですよ、これが社会なんですから。

女性問題が解決しない理由

ところがこれね、本当に口に出すとね女性の活動家からものすごいバッシングされんですよ。

あの全然私の言ってること、読んでもくれない聞いてもくれないんですよ。

ただこういう女性だからこういう感じになるんですね。

誰かに、武田先生がなんか東京医大のこと言ってるけど、どうなの。

あの武田っつうのは、だいたい女性差別だから無茶苦茶言ってるんですよ、こんなんで判断されちゃうんですよ。

だから私が、きちっと論理的に言ってもですね全然ダメなんですね、もう最初から先入観で決めつけて言ってきますからね、だからこの女性問題は解決しない。

だからこの東京医大の女性差別問題っていうのは、ものすごくいけない事ですがこれが残ってる理由はこういうことやってる理由はやっぱり女性の活動家の、

なんていうんでしょうかね…もう無茶苦茶な非難、人を貶める事それによって生じてるんじゃないかと私は思います。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

「いいね!」を押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

コメントを残す