日本に奴隷制が無かった理由!日本の天皇制が持つ奇跡的な役割!権威と権力は全く違う!武田邦彦

天皇陛下のご譲位の決定

天皇陛下のご退位の希望について、これが国会でまた専門家の委員会というので検討されまして、一応ご退位、ご譲位と言いますか、それが可能な法律がこの国会で通るという状態になって参りました。

このことに対して、有識者の委員会での発言について、いろいろ天皇陛下からもお心と違うという、ご意見と違うというのも宮内庁から漏れ、伝わってくるようになりました。

例えば、公務が多すぎるんではないか、天皇はお祈りが主たる役目だから、公務がお忙しいということはあまり理由にならないんじゃないかというような意見も出たということですね。

これについてはいろいろな考え方があるわけですね。

宮内庁がリークした極めて大きな問題

天皇陛下というのは象徴で、かつ政治的な意味も持っておりません。

日本国統合の象徴であるということなので、公務というのが本当に存在するのかということは、この意見の中で議論しなきゃいけないことでありまして、その議論が天皇のご意志と沿ってないかもしれません。

もしも自分の発言が天皇のご意志と沿っていたらいけないと考えるならば、天皇陛下のことは一切議論ができなくなりますので、その意味では宮内庁の発表、発表というか漏れさせた、リークは、きわめて大きな問題だろうと私は思います。

天皇はお祈りだけしていればいいという言い方も、どういう言い方をされたかは別ですけれども、これもある意味で真実なんです。

日本が奇跡的な国である理由

日本は、天皇陛下がおられたということが非常によかったわけですね。

万国、世界の各国の中で、ただ唯一日本だけが、本当に奇跡的なんですが、約2000年間、ひとつの国としてまとまっていたというのが、多くの国民に幸せをもたらしたわけです。

例えば元寇で元が来た時も、一致して戦うことができたし、それから明治以来白人が最後の有色人種の独立国としての日本を滅ぼそうとしたときにも、一致団結して頑張ったと、

最後はアメリカに一部負けましたけれども、大東亜戦争の時も、イギリス、オランダ、フランス、ドイツっていうようなところをやっつけて、ドイツは第一次世界大戦ですが、ほぼ独立を保ったということは、やはり天皇陛下とは無縁ではないんですね。

日本に奴隷制が無かった理由

それからもう1つは、やっぱり日本に奴隷制がなかったということですね。

日本には現実的には、天皇陛下という階級と、庶民という階級の2つがありまして、庶民の中には職業的な階級、例えば江戸時代の士農工商というのがありましたが、これはいわゆる世界で言う階級とちょっと違うんですね。

世界で言う階級というのは、乗り越えられない階級なんですけれども、典型的にはインドのカースト制度みたいなものですが、バラモンの階級に生まれた人はバラモンであって、下の方の階級に生まれた人が、能力があるから上に行けるということではないんですよね。

ですから日本の、例えば豊臣秀吉に代表されるような、お百姓さんから関白になるなんていうことは全然、本当の身分制があればできないことなんですね。

これはやっぱり天皇陛下という圧倒的な権威があって、日本人全員が天皇陛下のいわば子供であるということから、例えば徳川家と豊臣家が戦って、徳川家が豊臣家を滅ぼしても、豊臣の居城にいた大阪の商人は、奴隷として江戸にしょっ引かれたわけじゃないんですね。

こんなことですと、本来は戦争の意味がないじゃないかと、他国の人は言うんですけど、日本ならではのことなわけですね。

ですから、天皇陛下がおられて、国が1つであった、争いごとも本当の争いごとではなくて、上の方の勢力争いだったとか、奴隷制度がなかったとか、近代日本が世界の有色人種で日本だけが独立していたとか、そういうことは全てやっぱりある程度天皇陛下のご意志というか、天皇陛下というものがおられたからですね。

天皇陛下は男系男子が相伝する理由

ただ、天皇陛下というのはどういう形でおられたかと言うと、男系男子という特殊な相伝関係を作ったわけですね。

例えば、男系男子というのは、Y遺伝子だけが親から子供に変わらないで伝わるわけですね。

男の子だけですけど。

女の子の遺伝子は融通性が高まる、女の子の遺伝子の方が優れてるんですけど、両親からいいところをもらう。

ところが男の子のY遺伝子だけは、親父のY遺伝子をそのままもらうから、改善されないんですよね。

しかしその代わり、そのY遺伝子というのがずっとつながっていますから、現在の天皇のY遺伝子は、神武天皇のY遺伝子と同じという、そういう特殊な状態を作るわけですね。

それで権威を持つわけです。

権威と権力は全く違う

権威というのは権力とは違うんですね。

例えば、権力というのは力があるものが支配するわけですから、例えば最近ですと、民主党が政権を取れば、鳩山さんが1番上になったり、菅さんが1番上になったりするんですけど、それは権力なんですね。

ところが権威というのはそうじゃなくて、その人が何かあなたをこういう役につけますよと言ったら、それをみんなが認めるというような意味での権威なんですね。

だから各国とも、大統領というのが必要だということになりますね。

それから中国ですと、昔は天子、今では主席とか、権力と権威が一緒になっちゃうと非常に大変なんですね。

権威と権力が一致し大量虐殺する共産主義国

例えば共産国なんかは権威と権力が一緒ですから、だから大量殺人が行われたりするわけですね。

権威というのは、いわば神様みたいな絶対的なものですから、反抗できないわけですよ。

だから権力を持った人が権威を持つと、大変なんですね。

日本は期せずして素晴らしい

権威と権力は別にしておいたほうがいいというのが、今の社会構成ではそういうことになろうかと思うんですね。

そういう意味では、日本は期せずして素晴らしい。

それから、これは天皇陛下を決して疎んずるとか軽視するとかいう意味じゃないんですが、実は権威に実力を求めるといけないんですね。

例えば実力のある人が権威者になるというと、非常に危険なことになるんですね。

実力のある人は権力、例えば征夷大将軍とか首相とか、そういうのになる、実力のある人が。

ところが、権威というのはちょっと神がかっていたほうがいいんですよね。

ですから、宗教の教祖であるとか、日本で言えば天皇陛下とか、言ってみれば少し神様から何かを与えられている感じがいいんですよね。

そうしますとやっぱり、今度の陛下のご譲位を検討した委員の方が言われたように、お祭りだけでいいじゃないか、天皇陛下は国民の平癒安全を祈ると、日本国の独立を祈ると、これだけでいいじゃないかと、別に公務は天皇陛下に必要ないんじゃないかというのも、非常に頷けるんですね。

むしろ公務をやることによって、いわば天皇の権威というものが高まる、そして安定するということは充分に考えられるわけですね。

天皇陛下の権威を失わせてはならない

むしろ公務というのを義務的にやった場合は、天皇陛下がおっしゃったように、自分は国民のことを知らないと、国民のことを祈ることができないという意味では、大いに旅行に行かれて、国民と接するというのはいいかもしれません。

しかし、私は3.11の東北大震災の時に天皇陛下が出られて、テレビでお言葉を述べられたのは、私は反対です。

天皇陛下のお気持ちは、遠くから見えるという方が、2000年、3000年続く権威としてはいいんですね。

辛淑玉が日本の防衛に口を出す異常事態

だから、私たちは日本というものを非常に大切にしたいので、だから僕は全然別なんですけど、辛淑玉さんと言う在日朝鮮人の方が日本の防衛の基地の反対運動をするというのは、絶対ダメだと言ってるんですね。

在日朝鮮人の人と日本人を区別するわけじゃ全然ないんですけど、日本というのは日本というのに意味があるので、やっぱりそこは一線を画さんといかん、そうしないと我々の子供たちもいい人生を送れないと、こういう風に私は思うんですね。

その意味では、私は天皇陛下の公務というのを少し減らし、さらに天皇陛下のご意向とか天皇陛下のご意見が絶対に表に出ないように、宮内庁はそこをがっちりやってほしいと。

だから今回の譲位に関する今生天皇のご意見やご意向が宮内庁を通じて漏れたということとか、3.11の時のように天皇陛下が直接テレビに出られるというようなことをし続けますと、

おそらくは日本の天皇の権威が失われ、ひいては日本の伝統の文化は喪失することになると、私はそのように思っております。

 
 
 
最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す