2020年が時代の変わり目となる理由!朝日新聞は新聞社ではなく情報操作会社である!!武田邦彦

2020年は時代の変わり目

時代の変わり目になると思う2020年に、あと2年ぐらいになってきましたが。

じだ…2020年が時代の変わり目になるんではないかと私の考えはですね。

日本人が過ごしてきた無茶苦茶の30年

1930年には、日本は軍事が最も尊いもんであると、まあいうふうに信じて疑わず、それから30年経った1960年は。

テレビ・冷蔵庫・洗濯機を三種の神器というようにですね、大量生産・大量消費が正しいと信じて疑わず。

1990年なると、バブルが崩壊し環境の一部が壊れて、大量生産・大量消費は悪である、ということに徹底的になって、それからの28年間ですね。

私たちは、次の時代のに進むための混迷の28年を過ごしたわけですね。

まあその間は、本当に架空のことですね。

例えば、節約するのは大切であるとか、まあもちろんリサイクルがいいとかですね、社会保険、年金は5千万人分がなくなるとかですね。

ときに社会党の首相が、社会党の党首が首相になり、軍…自衛隊に反対してたと思ったら観艦式に出たり、というですね。

それからまあ、最後の方では民主党が政権を取り、絶対に増税しないつってるのに消費税増税に切り替えたりというふうにですね。

本当にこう、無茶苦茶な30年というのを過ごしてきたわけです。

混沌とするヨーロッパ

おそらく私は比較的、楽観的な考えをするっていうこともあってです、おそらくは2020年にはですねかなり社会が変わってくるだろうと思っています。

ていうのは世界的に見てもですね、現在ヨーロッパですね、イタリアは組閣できない内閣組閣できない、選挙のあと。

スペインは内閣不信任案が可決されて、ぐちゃぐちゃになっている。

イギリスは、EUの離脱を決めてからなかなかうまくいかない。

ドイツも、あれほど強固に見えたメルケル首相の体制も崩れている。

フランスは瞑想を重ねたうえ、現在まぁ非常に若い大統領がちょっとこう動揺したような政策をうっている。

世界から手を引く米国トランプ大統領

まぁトランプ大統領のアメリカは、当然世界から引いていく途中であると。

それから中東もですね、今までの体制が変わってきてサウジアラビアとイスラエルの連合体、それからイランとトルコの連合体というふうに、南北に分裂しつつある。

まぁあのアジアでは幸いなことに、もし朝鮮戦争が終わりまぁ今休戦ですけど、さらに北朝鮮がですね、共産主義から離れて自由な国家になればですね、まぁそこもいいと。

そういうことで、世界もですね非常に大きく変化しつつあると。

日本の野党と与党の酷いありさま

まぁ日本ももちろん、野党はもう体をなしていない状態ですね。

まぁあの、与党の自民党もそれほど感心したものではない。

まぁこういった矛盾が、一気にどんどん進展していってですね、それで新しい2020年から30年の時代を迎えるんではないかと、このように思っているわけですね。

そういう中で、そういうその不安定な時代、意味のないことが続いてる時代ですので。

朝日新聞の、まぁ非常にこうダメな報道やNHKのフェイクニュースなんかが、我々の身の回りにあるわけですが。

たらればで儲ける人達

たらればで儲ける人たち、これは本当に多いんですけども、ますます温暖化が進むとすると。

100年後にはこうなる、だから今、土木工事をしなきゃいけない、この前なんか洪水かなんかやってましたね。

これまた面白いでんすよ論理が。

温暖化すると、するとですよ、れば、温暖化すると仮定すれば、ればですよ。

100年後には、こうなるので今急いで税金を使って土木工事をしなきゃいけないと、まぁこうなってるわけですね。

で、本人の考えとか根拠は一切書かれてないんですよ。

皆が温暖化するというので、それが本当ならばという仮定がまず入りますね、ですから本人は全然責任ないんですよ。

100年後つったら誰も生きてませんからね、だからこれも責任ないんです。

二重に「れば」を使ってるってわけですね。

それで結局は来年の予算をとると、でまぁ儲けて楽な生活をすると。

その根拠は、皆が言っている温暖化でありですよ、それから100年後であると。

まぁだからキリがないんです、コンピューターぼろいコンピューターを1個買って、ちょっとしたシミュレーションの腕があれば、こう言ってるから。

温暖化利権で儲ける人の理論

実は温暖化についてはですね、まぁいつも今までそうなんですよ。

温暖化って本当に来るって思いますか?といったら、いやIPCCがそういってるから、とこうくるんですね。

じゃあ、あなたはどういう意見なんですか、いや私はちょっとね分からないんですよ。

だって、海洋性気候と内陸気候つって日本のように海に囲まれたとこがそんなに急激に温暖化するはずないじゃないですか、中学校の時に習ったんじゃないですか。

いやいや、それは私は理科系じゃないんで、理科系の先生がおまけに東大の先生が温暖化するつって言ってるくらいですから、私が判断するわけにはいかないんですよ。

あぁそうですか、じゃぁもう温暖化に基づくこと止めたらどうですか、いやそういうわけにはいかないんですよ、太陽電池とか堤防工事で儲けてますから。

てまぁこんな感じあるんですよ、実に面白いですよね逃げ方ていうか。

森友問題で事実ではなく仮説を記事にする朝日新聞

それから、最近の朝日新聞がもうものすごく言ってるのは、「たら」ですね今度は。

この情報が正しければ、たら、正しいとするならば。

例えば、籠池さんが森友問題で、安倍首相の奥さんがこう言ったというふうに言ってますね。

もちろん籠池さんが正しいかもしれませんよ、だけどもまぁ一応詐欺的なことをやって監獄に入ってた、もしくは入っている人ですのでね。

ですから、その人の言うこと、それ安倍首相の奥さんは一応否定してるんですね。

でその、ところが朝日新聞はこう来るんですよ。

もしも、籠池さんが言ってることが正しければ、これこれこういう事なるんですよねと。

それを1年半も続けてるんですよ。

加計問題で取材もせずに仮説を記事にする朝日新聞

えっと、加計学園の理事長と安倍さん、安倍首相が友達である、それはいいですよ。

だから、もしも安倍首相と加計学園の間に何かがあったとするならば、これこれこうこうと。

だけど、朝日新聞は何千人と社員が、何千人いるのかな、いてですね。

取材の特権を持ってるんだから、その安倍さんと加計学園の理事長が友達であるかどうか、もうそれはもう分かってるんだけど。

友達だから悪いことすると決まってないんですよね、現にこういうふうに悪い子事をした、ということをはっきりしなきゃいけないわけですね。

この前の加計学園の人が、まぁ少し筆が滑って安倍さんと加計学園の理事長が会ったと書いたと。

この文章もですね、朝日新聞の出し方って言うのは、こういう文章を愛媛県の知事が示した、これが本当とするならばってんですよ。

いや、あなた新聞、新聞社でしょうと。

朝日新聞は新聞社ではなく情報操作会社である

まぁ朝日新聞は実は新聞社じゃなくて、情報処理会社なんですけど、情報操作会社なんですけども。

この、人の言ったことを裏付けを取ってっていうのが正しい記者ですよ、僕ら科学者だったらですね。

誰かがこう言ってるなんて言うのをそのまま言ったら、お前バカかって言われちゃうんですよね、科学者じゃないよ。

科学者だったら、それを計算したり理論で考えたり自分で実験したりして、自分としてこれが正しいと判断すればそれを人に言ってもいいわけですよね。

石鹸も洗剤も環境に対して基本的には関係ない

まぁこのブログでもちょっと話しましたが、石鹸と洗剤の問題があって、洗剤が危険であると環境に危険であるという問題が出来たときに。

一つ二つの論文を読んだら、その論文がたまたまある傾向になってるってこともいけないのと思って私だいたい、二百くらいの論文をこうじーっと読んでみた。

そうすると、事実の解釈とかデータがばらつくのは仕方がないんですが、そのうち30から40くらいが洗剤が危ないという判定であり、

残りの160くらいの論文はですね、洗剤と石鹸は界面活性剤としての効果を等しくすれば、環境に対する影響は同じであるという結論でした。

で僕はそれを多数決で決めるわけでもなくですね、じっくり自分の専門性からいって読んでみて、それで私は洗剤と石鹸の間には差がないと、環境に対する影響に差が無いという結論に達して、

それで社会に対して、あの頃そう言ったら結構バッシングされましたけどね。

洗剤と石鹸は環境に対して、基本的には関係ない。

だけども、例えば悪い洗剤っていうのはあるわけですね、悪い石鹸とか。

そういうもの、わざわざ使いますね、それは問題が起きるというなことを言いました。

つまり記者っていうのはですね、その朝日新聞の今みたいに、誰かが言ったってことを持ってきて、こういう書付があるとどっかから持ってきて、その真偽を確かめずに取材もせずに、

もしこれが本当ならばっていう論理を展開する。

この温暖化の問題の計算だとか、朝日新聞の記事の書き方はですね、やはり1990年から続く30年間の混乱した時代の最終版ではないかと思います。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す