「韓国人の交渉術」動画に菅野完がレイシズム・愚劣と発狂!韓国のレーダー照射問題で検証!

フジ系列「プライムニュース」の2019年1月24日の放送内容に関して、一部の方が、「レイシズム」「愚劣」と、躍起になって批判されておられるようです。

「レイシズム」つまり、人種的に劣っているという、差別的な発言をしていると批判しているようなんですね。

プライムニュースが放送した「韓国人の交渉術」

では一体「プライムニュース」では、どのような内容が放送されたのでしょうか?

批判されている内容というのは、「韓国人の交渉術」というものようで、韓国人が一般的にどのような交渉術を行うのかという事を、韓国に36年間在住した産経新聞ソウル駐在の黒田勝弘記者が、知らない日本人に教えてくれるといった内容のようです。

画像出典:i.imgur.com

反町理反町理

日韓関係についてはですね、ちょっとうんざりしている人もいるかと思うんですけれども、韓国在住のべ36年、韓国文化をよく知っている産経新聞ソウル駐在、特別記者の黒田勝弘さんによりますと、「韓国人の交渉術」これには、3つのポイントがあると言うんですね。

1つ、まず強い言葉で相手を威圧する。

2つ、周囲にアピールして理解者を増やす。

3つ、論点をずらし優位に立つと、

こういう風に言うんですけど、まぁ、韓国人の行動パターン。

これは、国も当てはまるとは限りませんが、これを黒田さんは、例えばレーダー照射に関して言えば、韓国政府は自衛隊機の低空での威嚇飛行を新たにポイントとして出すことによって論点をずらし、韓国国内では、今やレーダーの話は消えたと。

この3番目の戦術にあたるというという風にしているんですね。

こうなってくると日本はどうすればいいのか?

反町理反町理

そこなんですよ。

黒田さんはですね、今回、先に協議打ち切りを防衛省は言ったわけじゃないですか。

言った日本の戦略は正しいと。

韓国はこれで終わったら、韓国が間違っていたと世界に思われると焦ってしまい、挽回して終わろうと、低空威嚇飛行の事案を持ち出しただけだから、まぁ、日本は興奮せずに、冷静に放置すべきであると、このように言っています。

「韓国人の交渉術」でレーダー照射事件を検証

黒田勝弘記者の「韓国人の交渉術」でレーダー照射事件を検証してみると、

2018年12月20日に、韓国の駆逐艦が、日本の排他的経済水域で不審な動きをしている事を自衛隊の哨戒機が発見。

バレたくない事でもあったのか、韓国の駆逐艦は、同盟国であり、友好国と言われたりもする、日本の自衛隊機に対して、射撃用のレーダーを照射します。

慰安婦問題や徴用工問題などで、日韓関係が悪化している事もあり、安倍政権は、射撃用のレーダーが照射されたという証拠の動画を公開します。

それに対して、韓国側は、日本の自衛隊の哨戒機が、韓国の駆逐艦に接近したから、危機を感じてレーダー照射をした、謝るのはむしろ日本だという主張をしてきます。

動画のサムネイルは、まるで日本の哨戒機が、韓国の駆逐艦に接近していたかのように、嘘の画像を作成するという手の込みようです。

この手法が、黒田勝弘記者の言う所の、

1つ目、強い言葉で相手を威圧する

3つ目、論点をずらし優位に立つ

という交渉術にあたりそうですね。

韓国側は更に、この日本に対する抗議動画を、英語、ロシア語、日本語、スペイン語、フランス語、中国語に訳し、世界にばら撒こうとします。

この手法が、黒田勝弘記者の言う所の、

2つ目、周囲にアピールして理解者を増やす

という交渉術にあたりそうですね。

なるほど、確かに韓国政府の韓国人は、この「韓国人の交渉術」を使っているように見えますね。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す