もう安倍政権に日本を任せておけない!安倍総理による日本破壊政策の実態!保守新党を結成します!水島総

日本の保守と自民党の現状と保守新党の結成

今日は、日本の、次第に溶けていく日本の中で、自民党あるいは我々保守、こういったものはどんな状態にあり、そしてどうすべきか、このことをお話ししてみたいと思います。

一つの答えは、先日からついにお話しし始めました保守新党の結成、こういうことでございます。

答えはそういうことでありますが、ただ我々が言わなきゃいけないことは、いわゆる政治のなかにはこうすべき論、英語で言えばshouldとかmust、have to、こうすべきである、こうしなければならない、こういうものと、英語で言う be動詞ですね、こうある姿、現実、こういったものの狭間の中で、そしてその狭間をどうやって調整するか。

同時にもう一つ、この、べき論、しなければならない論に代表されるものは、一つは時間軸であります。

過去、現在、未来、こういった縦軸の時間軸を視点にした物事の見方、これが必要であるということであります。

つまり今の現状の日本の状況、国際環境の中の日本が置かれている現在、こういったものの分析と同時に、そしてそのあるべき姿、これを語ると同時に、もう一つははっきりいいまして世界最古の文明、文化を持ってきた、歴史、伝統を持ってきた日本、皇室を中心に今日まで来た日本のあり方、そして未来へどう進んでいくか。

こういったあり方も私たちは考える分析の視点におかなければならないわけであります。

ひとつ典型的な例を挙げてみたいと思います。

保守新党結成を決心した理由

自由民主党であります。

皆さん覚えておられるように、戦後、保守合同というのがありまして、自由民主党が結成されました。

その時、結党宣言の中に、日本の自主的な独立、本当の意味での独立、そして、自主憲法制定、自分たちの憲法を作るんだと、こういった形の提案が打ち出されたわけであります。

ごくごく当たり前のことでありまして、私が皆さんに提唱し、ともに立ち上がろう、でお話ししたのはそういう、むしろ自民党の結党宣言に近いもの。

つまり日本は、自分の国力は自分で守る国になるべきである、そして自分の国の世界で一番古く、そして長い伝統、文化、歴史、これを保持し、かつまたそれを発展させていくべきである、こういう、ごく当たり前のことを当たり前に、私たちのこの現在の中で、一歩一歩実現していこう、そういうのが今回の保守新党。

名前は今、候補がいくつかありますのでもう少しお待ちください。

そして綱領や、いわゆる立党趣旨、こういったもの、それから人員、さまざまな形で私は準備をしなければならない。

そして皆さんとともにこの運動を、新政党あるいはこういった政治潮流を、大きな日本の流れに立ち戻らせていかなければいけない。

リベラル左翼の公明党と手が切れない自由民主党

その時私たちが例えば今、国家権力を握っている自民党、公明党、与党と言われる、とりわけリベラル左翼的な公明党とは別に、一応日本の保守を自称する自由民主党というものの存在、この問題についてのきちんとした見方あるいは距離の取り方、こういうことも考えなければならないわけであります。

戦争が明日起きてもおかしくない日本の危機的状況

現状というものが日本の中でどれだけ危機的な状況にあるか、これは私の番組を見ていただく皆さんは本当にご存知だと思います。

文字通り、明日戦争が起きてもおかしくない。

そして終戦後73年、74年に今年はなっていくわけですけれども、この戦後の歴史の中で最も戦争勃発の危機が大きい、そして日本が解体の道を歩みかねない、いやもうむしろ歩んでいると言ってもいいわけでありますが、

そういう時代に我々が立ち入っていること、そして最も一番の危機は、多くの国民の皆さんがこの日本の危機を自覚できていないということであります。

日本の危機を自覚できない日本国民

その感性、その認識、こういうものが圧倒的に現実に足りない。

私は、伊藤貫さんとの対談の中で、2人が意見が一致したのは実はその問題でした。

日本の戦後保守といわれる人たち、保守の雑誌や新聞、こういう人たちが北朝鮮、韓国あるいは中国、こういった批判をしている。

これは必要なことであります、必要なことではありますが、それだけで済ましてはならない。

そして、日本の左翼の人たち、こういうものの批判も必要であります。

共産主義というか、そこから派生したさまざまな思想に対しての批判も必要であります、これも必要であります。

安倍総理をもはや支持できない理由

しかし我々の、我々とあえて私も言いたいと思います、私たち保守といわれる、それを自覚する、あるいは自称する、こういう人間の中に一番足りないのは、私たち自身の中に、最も日本を解体させ、溶解させるような、そういった甘い認識や要素がないか、このことを逆に言わなければなりません。

自民党は、その体質が今一番グローバリズム政党として立ち現れてきている、つまり私たちの中にあった敗戦後から今日までの、非常に危ない、保守とは言えない、日本を日本として見ない、日本を日本でなくす、こういった要素が今自民党の中に次第次第に蔓延していき、ついにはそれが大部分になっていく、こういうことではないかと思うわけであります。

最も顕著な例は、安倍晋三総理の安倍政権ではないかということであります。

よく私たちが、戦後レジュームの脱却、日本を取り戻す、美しい国へ、瑞穂の国の資本主義、こういうものを標榜して第1次安倍内閣が立ち上がった時、そしてそれが教育基本法という大きな法改正をしながらそれが倒れ、そして第二次の時も、そういう安倍総理、靖国神社に行けなかったことは痛恨の極みだと言って立ち上がった安倍総理、

こういう総理を応援してきた。

安倍総理が進める売国政策の数々

そしてその安倍総理が、移民法といわれる、まあわれわれは言ってるわけですけども、入国管理法、つまり多民族国家への道をどんどん進み始めた。

種子法、水道法、さまざまな形でそれが現れてきている。

そしてついに昨日ですか、アイヌ新法、多民族国家、オリンピックでアイヌの踊りをやろうとか、これは菅官房長官が中心になっていると言われておりますけれども、そのトップは安倍総理であります。

こういう事態が今起こってきている。

我々はその自民党の戦後からの74年間の歴史と、そして、安倍政権の第一次、第二次そして現在に至るその変貌を見ているわけであります。

安倍晋三を支持した責任

よく、そんなことは前から分かってて、水島どんどん変えるんじゃない、コロコロ変えたその反省が必要だと、安倍を選んだ、ってよくそういうことを言う人がいます。

そんなことを言ったら、今の自民党は最初から自民党ダメだったんだから、最初から自民党ダメだって言わなきゃいけない、それと同じであります。

もう一つの認識は、最初から認識というもの自体のあれでありますけど、もともと全部すべてそういうものだったと見る見方、それから私はある意味でいうと弁証法といわわれる見方をします。

例えば、命というもの、今我々は生きている、しかし死とはどうなっているか、今、生きる要素が多いから、大部分は生という、生きる、これがなってますけど、死ぬとどうなるか。

心臓は止まり、脳が死に、そしてもちろん呼吸も止まる、そして新たな細胞の再編活動で、こういうのがなくなっていく。

しかし皆さん覚えていると思います。

死人の皆さんでもひげはずっとある一定時間まで伸び続ける。

つまり死が大きな部分で、今は0対100でありますが、それがだんだん危篤状態になるとそれが20%に30%に、結局弁証法的な相互浸透の中で、死というものが100%になっていく。

こういう時間的な流れの中でものごと、あるいは一つの命もそうなっていくわけであります。

人間も変わります。

我々も細胞も変化しますけれども、人の思想やいろんなものも変わっていく状況の中で、こういう状態になる、こういうものをちゃんと引き受けなきゃいけない。

安倍晋三はいつから変わってしまったのか?

まあよく、安倍政権に対する批判というのをあえて今日は答えたいと思いますけれども、そういう問題で、戦後レジュームの脱却、瑞穂の国の資本主義、日本を取りもどす、こう言った中川昭一さんとか安倍晋三さんという形の、こういった自民党の保守派の人たちがいっていたことはその時はじゃあ本気じゃなかったのか、そういうことじゃないわけです。

両方とも前から言ってましたけれども、非常にグローバリズム的な思考の部分とそうではない伝統保守のそういう流れを総理も持っていた。

皆さんもどうだったろう、今、戦後の保守の人達を見ると相変わらず移民法に反対できなかった、で終わってからあれは危ないとかいろんなことを言い出している。

国会議員も、内心はともかく、結局は党中央の命令のままに賛成票を入れてしまう。

変わり果てた自民党の正体

アイヌ新法も、もしかしたらそうならなきゃいけない、なってしまうか分からない、おそらくなるでしょう

われわれは断固として反対する、多民族国家を認めない。

こういったことをもちろん新しい新党も行うわけでありますが、今言ったように、そういう形で立党を、立派な精神を持った自民党も70数年間経つと、こういう形で変わってくる。

そして本来日本を主語とした自民党の出発点はいまや日本を主語ではなくて、グローバリズムの自称保守政党に変わってしまっている。

こういう現実の姿、その現実の変貌や変化、こういうものに対して私たちははっきり言いまして、体を張ってのたうちまわって、その中で、個々の部分、日本の溶解、溶け去っていく、解体していく、こういうものを一歩でも二歩でも踏ん張って、阻止しようとしてきたのがチャンネル桜であり、頑張れ日本全国行動委員会であったわけであります。

そしてついに、その流れがほぼ100%までグローバリズム政党と親中派グローバリストの政党に自民党が変わってしまった。

まだまだ少数ながら、日本を思う、日本を主語として考える国会議員の諸君もいるわけでありますが、しかし現実はいつも言っておりますように、今回の移民法、入国管理法改正案は全員賛成で通ってしまったわけであります。

次の選挙を見てるんでしょうか、まあこういうことであります。

今の日本に保守新党が必要不可欠な理由

だからこそ、新党が必要であり、そして、こういった現実認識、人は変わり人がそして世界も変わる、冷戦時代の戦後保守、中国や朝鮮あるいは日本の左翼、バカ左翼と言ってもいい、こういう人たちを批判してフルボッコにした、ぶった切った。

こういうことをやって満足してはならない、そのぶった切ったはずの自分たちは、じゃあいったい日本が、アメリカの政治、経済、軍事の従属国であるということ、それを70数年間、自分たちが容認してきた。

私はまたもう一回言いますと、日米同盟、こういうものを破棄しようとかそういうことを言ってるわけではない。

しかし自分たちはそういう属国の中で、ああだこうだ言ってきただけである。

GHQに押し付けられた憲法を認めようとする安倍政権

そして例えば今度の日本国憲法、自民党の案は自衛隊の明記、これは行政の結果としては行政政府の判断としてはそれで一歩進めればいいと思います。

しかし、胸の痛みぐらい感じろよと。

あれだけGHQやアメリカがこれを押し付け憲法だと言っているはずの戦後の保守の人たちがその胸の痛み、とても恥ずかしいと悔しい、しかし日本を守るためにはまず自衛隊を明記しなきゃいけない。

というのはどういうことかというと、日本国憲法もGHQが本当に押し付けた憲法であります。

それを認めた上で一項目加憲、加える項目を加憲する、となると、GHQの教え、教えというか押し付けた、こういった憲法を我々国民が容認するというような形になるわけです。

つまりGHQで作った憲法は国民も認めたんだと。

米国と財務省に支配から抜けられない日本の解体

で、そののち一項目付け加えたんだと、こういう形が憲法改正として提出するわけですから、アメリカや、アメリカのいわゆるディープ政党といわれる、ずっと日本を支配している、今も支配している、財務省を支配している、自民党を支配しているこういう人たちにとってはOKなわけです、どうぞやってください、そういう面もあるということ。

しかし我々は一歩でも二歩でも進んで日本の解体、溶解を防いでいく、それで日本を、具体的に日本の国民や命や財産を守っていく。

こういう行動も取らなきゃいけない、現実と本当にのたうちまわりながら対峙して、絶えずその対処療法、対処、現実的な現在の判断、行動、それを提案しかつまた未来へ向かった、こうすべき、こうあるべき日本の姿を高い理想を掲げて、というよりもむしろ本来の日本が素晴らしいわけですから、本来の日本を取り戻す、こういうことを提案をしていく。

我々の前にはそういう素晴らしい誇りある日本があるんだと、強く豊かで、そして優しい若者やお年寄りや障害を持つ人に対しても本当に国の宝だという形で大事にする、そういう伝統がある。

西洋の近代民主主義のおためごかしのヒューマニズムや人権などというよりもはるかに懐の深い、暖かい、そういった伝統があること、これを取り戻すわけであります。

これは世界最高峰の国がその形でできていく。

それを世界に提示する、21世紀の世界人類に、最高のモデルとして我々が提案をできる、こういった国を目指さなければいけない。

それは、べきであり、have toであり。

日本がダメになるのを指を咥えて見ていられない

しかし現実は今、日本がダメになっていくような、そういう我々自体が皇室やさまざまな政治形態、国体、こういったものも我々自身が今破壊しようとしている。

その痛切な自覚をもとに、高い理想を掲げ、日本を取り戻す、そういった新党結成、そういった運動をわれわれは進めていかなければならないと考える理由であります。

冒頭に申しましたように、そういうなかで自由民主党が、弁証法的な相互浸透で言うと、
本来日本を主語としたそういう政党であった自民党が次第に
さまざまな形の工作や流れの中で、

相互浸透、つまりそっちのグローバリズムの流れに飲み込まれていく。

そして、私が先ほど言った弁証法的な人間の死の流れのように、時代の中で死に体に代わっていきつつある、それを蘇生させるため、あるいは日本自体を蘇生されるために、再生させるために、新党の結成というのはどうしても必要だと決意したわけであります。

なかなか長くなりまして、とりとめのない、ように聞こえたかもしれませんけど、まもなくさまざまな綱領やそういった流れを皆様に明らかにしていきたいと考えております、今日は以上です。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す