「青汁王子」三崎優太社長 脱税の容疑で逮捕!富裕層が海外に逃げたくなる日本の制度!

青汁王子 脱税の容疑で逮捕

東京地検特捜部は、12日呼ばれる株式会社メディアハーツの社長である「青汁王子」こと三崎優太容疑者(29歳)を、法人税法違反の疑いなどで逮捕したと発表しました。

東京地検特捜部は他にも、別の会社の役員である加藤豪容疑者(34歳)と、株式会社メディアハーツの経理責任者内藤由美子容疑者(49歳)も、法人税法違反をほう助したとして逮捕したと発表しました。

三崎雄太容疑者は、一昨年までに、法人税でおよそ1億4000万円、消費税でおよそ4000万円、合わせておよそ1億8000万円を脱税したという疑いが持たれています。

東京地検特捜部と東京国税局は12日、株式会社メディアハーツの本社に家宅捜査に入り、資料を押収し、事件の解明を進めるとしています。

三崎雄太容疑者は容疑を否認しているものの、加藤豪容疑者は容疑を認めているという状況のようです。

上場企業では無いので公表されていないとは思いますが、信用調査会社によると、株式会社メディアハーツは2007年に設立し、青汁や健康食品、化粧品などの売り上げは2017年9月期時点でおよそ120億円と急成長している会社のようです。

非上場で年商120憶円の通販会社社長さんという事ですから、非常にWEBマーケティングに長けた優秀な社長さんであるという事ですね。

株式会社メディアハーツが販売する「すっきりフルーツ青汁」は、藤本美貴さんであったり、

画像出典:Twitter

後藤真希さんなどを使って紹介しておられるようです。

画像出典:女メディ

嫌がらせ的な訴訟を起こされたりもしているようですね。

出典:cnt.or.jp

とはいえ、三崎雄太容疑者は、馬4頭を所有する馬主さんであると言っていたり、

 

View this post on Instagram

 

✨セレクトセール2018✨ 競走馬を買いに北海道のセレクトセールへ☃️ 毎年1億円や2億円を超える馬が競り落とされる、競馬関係者が集う年に1度のイベント❗️ 僕も馬主として、4頭の愛馬を落札してきました🐴💓 金額は4頭合計で2億2400万円😨 今までの人生で一番高い買い物だった、でも夢が買えたからいいとしよう🔥 順調にいけば来年デビュー戦を迎えることなるので、今から楽しみです😝 デビュー戦は応援してね📣 #競馬 #競走馬 #馬主 #セレクトセール #夢の馬主 #いつかはG1 #新聞にも載った #嬉しい

Yuta Misaki(三崎優太)さん(@yuta_misaki)がシェアした投稿 –

3000万円の愛車を所有されていると言っていたり、

 

View this post on Instagram

 

久々に乗った^ – ^ 愛車の #488spider やっぱ速い🏎 #ferrari #車 #488 #オープンカー

Yuta Misaki(三崎優太)さん(@yuta_misaki)がシェアした投稿 –

即決価格8憶8000万円のストラディバリウスを全力で買うと言ってみたり、

お金は、有り余るほど、持っている方のように見えるのですが…

青汁王子 日本の税制で国税庁を批判

三崎優太容疑者は、日本に多額の税金を払った事がとにかく納得がいかなかったようで、

国税庁や国税局を批判した事で目を付けられてしまい、いざ目を付けて調べてみたら

「あれっ?こいつ脱税してるじゃないか」

という事で、逮捕に至ったという事なのかもしれませんね。

青汁王子 脱税の手口と競合他社を誹謗中傷する書き込み

三崎雄太容疑者は、マーケティングと称して、やっている事と言ったら「消費者のフリをして競合他社の悪口を書く」という事だったようですから、本当に、クソみたいなマーケティング方法を実践されておられたようです。

まぁ、三崎雄太容疑者という方は「他人を蹴落としてでも自分だけは得をしたい」という考えをお持ちの方なのかもしれませんね。

脱税の手法としては、広告費という名目で、別会社に外注として依頼する費用としていたものを、実際には、自社の従業員に誹謗中傷の書き込みをさせていたという事のようです。

世間から称賛されるマーケティング方法というのが「他人のフリをした競合他社への誹謗中傷」といいますから、蓋を開けてみると、随分とゲスな手法を使っておられるんですね。

事件には、他にも共犯者がいるはずであるとして、東京地検特捜部と東京国税局は、調査を進めているといいます。

「金を稼いだ人間が偉い」という世の中にすると、結局このような方だけが得をする世の中に、なってしまうという事なのかもしれませんね。

ですが、この三崎雄太容疑者の行動は、インターネットの特徴というものをよく表していて、要するに他社を潰して独占し1人勝ちしなければ、生き残れない状況になっているという事なんでしょうね。

日本への納税を嫌い海外に逃げる日本の富裕層

三崎優太容疑者は、日本の税金が高いので優秀起業家や経営者、投資家といった富裕層が、シンガポールなどの、海外にどんどん逃げて行っていると危惧されておられるようです。

日本から海外に逃げた方が、税金的に得が出来る。

つまり、海外に移住した日本人だけ、ズルが出来る状況があると、危惧されておられるわけですね。

三崎雄太容疑者自身も、昨年の12月に居住地を地中海のマルタに移したといいます。

個人の税金に関しては、日本は属地主義で、アメリカは属人主義などと言われたりもしていますが、日本人であれば、どこの国に行っても他の日本人とあまりにも不平等にならないように、そろそろ、租税回避対策を行う必要があるのかもしれませんね。

そして集めた税金は、国民が納得する形で、正しく使って頂くよう改善して頂き、日本の内需を拡大し、税率も下げ、日本に生まれてよかった思えるような国にして行きたいものですね。

青汁王子逮捕への世間の反応

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す