池江璃花子がっかり発言の桜田五輪相は本当にがっかりなのか?発言全文を誰が切り取っているのか?TBSとNHKの切り取り方!

桜田五輪相 池江璃花子へのがっかり発言で炎上

サイバーセキュリティ担当大臣であるにも関わらず、パソコンの事が分からないというがっかりな桜田義孝五輪担当大臣の池江璃花子さんへの発言が「がっかり」だと炎上しているようです。

TBSのひるおびの桜田五輪相発言の切り取り方

TBSのひるおびでは、桜田義孝五輪相の発言を、

桜田義孝桜田義孝

金メダル候補ですからね、本当に期待している選手ですからね

本当にがっかりしています

(五輪の)盛り上がりが若干下火にならないかと心配しています。

と放送。

「がっかりって、あなたの発言の方がよっぽどがっかりですよ!」

と思っていたのですが、どうやら切り取って放送されてしまっているようですね。

NHKの桜田五輪相発言の切り取り方

桜田義孝五輪相の発言をNHKでは、

桜田義孝桜田義孝

金メダル候補で、日本が本当に期待している選手なので、がっかりしている。

早く治療に専念して頑張ってもらいたい。

また、元気な姿を見たい。

1人リードする選手がいると、みんなつられて全体が盛り上がるので、その盛り上がりが若干、下火にならないか心配している。

語尾等は若干切り取っているようですが、

こちらも、もちろんがっかりを感じる文章なのですが、若干、がっかり度が違うようにも感じます。

実際の桜田五輪相の発言

桜田義孝桜田義孝

まぁ、正直なところ、びっくりしましたよね、聞いて。

えぇ、本当に、まぁ、病気のことなんで、早く治療に専念して頂いて、一日も早く元気な姿に戻ってもらいたいというのが私の率直な気持ちですね。

東京五輪出場への記者からの質問に対し、

桜田義孝桜田義孝

そう、金メダル候補ですからね。

日本が本当に、あの~、期待している選手ですからね。

本当にがっかりしております。

やはり、早く治療に専念して頑張って頂きたい。

また、元気な姿を見たいですよ。

池江璃花子さんの活躍についての記者からの質問に対し、

桜田義孝桜田義孝

日本が誇るべきスポーツの選手だと思いますよね。

本当に我々が誇りとするものなので、最近、水泳が非常に盛り上がっている時でもありますし、五輪担当大臣としては、五輪で水泳の部分をね、非常に期待している部分があるんですよね。

1人こう、まぁあのリードする選手がいると、みんなその人につられてね、全体が盛り上がりますからね。

そういった盛り上がりがね、若干下火にならないかなと思って、それをちょっと心配していますよね。

我々も一生懸命頑張ってね、いろいろな環境整備があるますけども、とにかく治療に専念して元気な姿を見せていただいて、またスポーツ界の花形として頑張っていただきたいというのが私の考えですね。

エールを贈るとしたらどんな言葉をという記者からの質問に対し、

桜田義孝桜田義孝

とにかく治療を最優先にして、元気な姿を見たい。

また、頑張っている姿を我々は期待しています。

TBSのひるおびの切り取り方は、悪意に満ち満ちていますし、NHKは、なぜか発言の順番を入れ替えているようですね。

「なんで、まずは池江璃花子さんの体の心配をしないんだろう?」

と思っていましたが、桜田五輪相はしていたわけですよ、実際には。

「がっかり」という表現は「残念」と変えた方が良かったようにも思いますが、いずれにせよ、少なくとも桜田五輪相が、池江璃花子さんの体の心配をされている事は、伝わってくるのではないでしょうか。

元々短い発言ですし、感じ方も変わってしまうわけですから、切り取らずに放送して頂きたいものですが…

立憲民主党 蓮舫 桜田五輪相「人としてどうなの」

早速、立憲民主党の蓮舫副代表は、

と人格を批判。

選手たちが目標とし、楽しみにしているであろう東京五輪を辞めてしまえという意見もあるようですね。

桜井五輪相の発言を切り取った人物

では一体誰が、桜田義孝五輪相の発言を切り取って、報じているのでしょうか?

ひるおびなどの情報番組の映像や資料等は、実は、TBSが作っているわけではないんですね。

概ね、下請け企業である制作会社に作成を依頼して、作られているわけです。

その制作を一手に引き受けているのが、株式会社泉放送制作という1965年(昭和40年)11月23日設立の老舗の非上場企業なんですね。

資本金は30,000,000円で、従業員数は150名

代表取締役社長は、田中久雄さんという方がつとめられておられるようです。

画像出典:株式会社泉放送制作

こちらの制作会社では、多くのニュース・報道番組などの制作を請け負っているようで、

TBSの「ひるおび」をはじめ、

TBSの「あさちゃん」

TBSの「ビビット」

TBSの「Nスタ」

TBSの「サンデーモーニング」

フジテレビの「直撃LIVE グッディ!」

フジテレビの「ノンストップ!」

フジテレビの「トクダネ!」

テレビ朝日の「羽鳥慎一 モーニングショー」

画像出典:izumitvp

日本テレビの「ZIP!」

日本テレビの「Oha!4」

画像出典:ntv

テレビ東京の「新春皇室特番」

テレビ東京の「ゆうがたサテライト」

テレビ東京の「未来世紀ジパング」

テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」

テレビ東京の「モーニングサテライト」

画像出典:tv-tokyo

などなど、数々のニュース・報道番組の制作を行っている会社だというわけですね。

80%くらいは真実を語り、残りの20%を隠す、嘘をつくというのは、詐欺師も使う手口ですからね。

制作会社の方も、詐欺師なのでは無いかという疑いを持たれないようにするためにも、意図的なのかどうかは分かりませんが、情報を切り取って資料を作成するといった事は、控えて頂きたいものですね。

桜田五輪相は発言を謝罪し辞任要求は拒否

13日、桜田義孝五輪担当相は衆議院の予算委員会で、池江璃花子さんに対する発言を謝罪し、撤回しましたが、野党から辞任要求は拒否。

安倍総理も続投させるお考えだという事です。

小池百合子の握手を拒否したと誤解させたひるおび

2017年7月3日、TBSのひるおびでは、都議落選組の川井重勇元議長が、都知事に選ばれ人気絶頂だった小池百合子都知事の握手を、まるで拒否したかのように見える編集をし、放送をしました。

スタジオでは、コメンテーターの三雲孝江さんが、

「握手くらいすればいいじゃないねぇ~」

「ご挨拶なんだからねぇ」

などとおっしゃり苦笑し、呆れているといった感じでしたが、

ところが実際には、川井重勇元議長は、小池百合子都知事としっかり握手し、丁寧にお辞儀までされておられたわけです。

つまり、コメンテーターの三雲孝江さんも、まさか握手した事が、編集されているとは思っていなかったという事なんでしょう。

ひるおびでは2017年7月6日に、「握手拒否した事実は無かった」と謝罪をしましたが、握手を拒否しているように見える放送しか見ていない人には、その事実は伝わっていないというわけです。

この編集した映像を作っているのが、株式会社泉放送制作という会社なわけですね。

この時は、バレたから訂正をし謝罪をしましたが、バレなければ訂正も謝罪もしない。

こうして、マスコミによって、世論が形成されていく流れがあったりするわけですね。

桜田五輪相のがっかり発言への世間の反応

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す