三橋貴明 GHQが仕掛けた日本の皇統解体計画!日本が日本でなくなる日!高山正之 渡邉哲也

御代を終える今上天皇のご挨拶

高山正之高山正之

この平成の御代が終わるときに、今上天皇がご挨拶された。

大変、平成っていう時代は非常に波乱に富んだ、というか、もう結構悪い事のほうが多かったんだけど、今上天皇がおっしゃったのは、この30年間、戦争がなくて平和でよかったというような趣旨のことを言われた。

あれは、福島さんが言ったように、我々は心の中で、日本人という意識を持ってて、だからあの言葉を聞いたときにものすごく違和感があった、はっきり言って。

え、本当に平和だったの、って。

実際は北方のほうで漁船がやられたり、あるいは拉致問題ほったらかしてね、それで俺達だけ平和であればいいんだというような発言っていうのは、一瞬ちょっと、えって思ったんだけど、たぶん、日本人の人はみんな、そういう共通の感覚を持ったんじゃないか、あの言葉に。

水島総水島総

これね、よく勇気をもって言っていただいたと思うんだけど、本当に、陛下の、災害に遭われた皆さんとか、亡くなった皆さんに対する思いやりとか心遣いはたいへんありがたいんだけども、やっぱり、おっしゃるように、私たちには数百人の拉致被害者がいるじゃないかと。

あれはテロであり、戦争行為じゃなかったのかという思いはやっぱり正直これは、一応こういうところだから、私は言わなきゃいけないと。

もし、ありがたいことに陛下がそのことを、北朝鮮に拉致された人たちが一刻も早く祖国に帰れることを望みます、とでも言っていただいたら、本当にもうそれだけでね。

朝日新聞と東京天皇の天皇陛下の政治利用

西村幸祐西村幸祐

12月23日の天皇誕生日の新聞、日本の全国紙4紙を見比べると、陛下の、前日の記者会見の模様を1面トップにしたのは、なんと朝日新聞と東京新聞だけですよ。

それが如実に物語っているんですよ、朝日と東京新聞がですよ、1面トップなんですよ。

全国版ですよ、ああ、東京版で、東京本社版で。

だから今高山さんがおっしゃったことを見事にメディアが、具体化しているんですよ。

三橋貴明三橋貴明

要は褒めているわけですね、朝日新聞と東京新聞が。

西村幸祐西村幸祐

そう、それでわかるんですよ

水島総水島総

政治利用という形で、朝日新聞とか東京新聞はやりますから、陛下にはそういうあれはないとしても、我々はやっぱり、災害で亡くなられた方、40年以上北朝鮮にとどめおかれている人たちがいるってことは、本当はね、なかなか政治的に、って思っちゃうかわからないけど、同胞ですからね。

戦争がなかったとは本当にちょっと言いにくい。

皇室の伝統に対する反逆行為

高清水有子高清水有子

実は天皇誕生日の前日、NHKで珍しく皇室の特集をしていまして、そこで耳を疑ったのは、昭和天皇が皇太子、つまり、いわゆる今上陛下に対して施した中で良かったと思うことを一つあげてらっしゃる。

それが、皇太子時代の今上陛下に家庭教師としてアメリカ人のバイニング夫人をつけたことが良かったんだ、っていうことを昭和天皇がおっしゃっていたんだということを、NHKが堂々と放送してるんですね。

私は、それはどうかなっていうのもありますし、先ほどからお話が出ている、もともとは国民やこの国のことを守る、守るといいいますか、祈りを通して守るお立場であるというところからちょっと離れた所で、この平成の時代は進んできているような気がいたします。

公務削減といいながら最初に削減したのが祭祀である。

公務の方は逆に増えている現状もある中で、すごくおかしいんですね。

ですからこういうことは、たとえば災害が起きて、両陛下がお出でになって被災者をお見舞いされるというのは、これは本当にありがたく、恐れ多いことなんですけれども、歴代の天皇は災害が起こらないように、我が身を通してこの国、民を守り給えということでお祈りしてくださっている。

災害が起きてからその場においでになるのではなく、災害が起こらないようにということを心からもう命を賭けて祈ってくださっていた歴代天皇のお心というのがありますので、そういうお心、大御心と外れたところ、逆行するようなことをするから、またこの日本も、

平成は特に災害の多い時代でありましたし、いろいろな危ないこともありましたし、歴史のないことも起ころうとしている。

元号に関してもそうです。

来年新しい天皇陛下が誕生される前に元号を発令する、こんなことはこれまでにないことです。

今まで247の元号があった中で、やはりその時代を象徴するのが天皇陛下の時代、一緒に生きる、元号とともに、国民とともに、というのが、事前に発表されている。

しかも今上陛下の名のもとにというのは、これは新しい天皇陛下に対する、とても失礼なことでもありますし。

水島総水島総

皇室の伝統に対して、強い言葉でいえば、反逆行為みたいな。

高清水有子高清水有子

だから、悪いこと、新しいことがまかり通っていくと、それが前提となって次の世代にも続いていくって、これはもう恐ろしく大変なことだと思います。

皇嗣殿下は内廷皇族ではない

水島総水島総

もうひとつあえて、私もちょっとまあ、高清水さんも番組で言ってますけど、皇嗣殿下というのは内廷皇族じゃないんですよね、皇太弟じゃないから。

単なる秋篠宮家っていう、筆頭宮家なんだけど、皇嗣殿下は内廷皇族じゃないんですよ。

高清水有子高清水有子

そして、女性宮家の対象者になっている内親王殿下といわれていますけれども、この対象者は秋篠宮家のおふたりの内親王殿下で、愛子内親王殿下、敬宮殿下はその中に入ってらっしゃらない。

それはどうしてかというと、やはり皇太子の道ということを先に目論んで、そういう形ですので。

水島総水島総

そういう人たちがいるというね。

高清水有子高清水有子

そういうことです。

男系男子が簡単に途絶える危うい状況

水島総水島総

あえてこれも言わなきゃいけないんですね。

それと、皇太后ではなくて上皇后、歴史の中になかった言葉が、何の議論もほとんどなく、一部の有識者と称する連中の提案で、上皇后という、2000年以上の歴史の中でなかった言葉が急にポンとくる。

上皇というのも全く、お役割というか、こういうものが規定されないまま。

それでもう一つ一番私が心配して言ってるのはお召し列車が、天皇陛下はお召し列車、でも上皇、上皇后様は同じお召し列車なんですよ。

でも、男系男子を継ぐ、次の代になるというか、次の秋篠宮殿下、悠仁親王殿下は一般車両の中の一部。

これね、新幹線で爆破でもテロでも起きたら、あっという間に男系男子が途絶えるんですよ。

テロなんかあったら、こんな恐ろしいことをね、これはね、もう私は許さんぞと。

安倍内閣だろうとなんだろうと、全然やってないで、本当にね、ということが実はあって、これが着々と進んでいる。

それから今、バイニング夫人のことも言いましたけど、もともと小泉信三さんっていうね、今上陛下の教育係、昭和天皇は乃木大将とかそういうのがありましたけれども、小泉信三氏は間違いなく完全なクリスチャンなんです。

そして英国の王室を一番いいと思っている方、って言うのはね、実はまあどう影響はあるかないかは我々口にできませんけれども、そういう方がこういう状態になってるんで。

はっきり言うと、英国の王室に近寄らせようと、ある皇室の周りとかね、そういうのが進んでるんじゃないかと、これはもう我々の世代、平成の御世というか我々平成に生きてる人間たちの責任ですよ、これ、先祖に対するね。

高清水有子高清水有子

これからはインペリアルからロイヤルになったら格下げですからね、はい。
ここはしっかりと見ていかないと。

2000年の歴史がある日本をバカにする外国

高山正之高山正之

皇太子殿下の時代に、新しい皇室が、今上天皇になるときかな。

ヒュー・コータッツィ、サー・ヒュー・コータッツィ、元の英国大使だね、駐日英国大使、あれが、新聞に、お恥ずかしいことで産経新聞だったんだけどさ、デカデカとね、英皇室を見習えと。

おい、たかが、今のは100年も続いてないでしょ、チューダー王朝を入れたって5、600年くらいですよ、そんなのがね、何様に向かって口聞いてんだと。

そういうことをね、何の反省もなしにヒュー・コータッツィが言ったからといって、どーんと載せるっていうのは、一瞬仰天したね、どこの新聞かと。

水島総水島総

それと、宮内庁の職員も、外務省から来た人間とかね、そういうのが多い。

それからね、まあこれも言えば山本さんっていう侍従長がいましたけど、その方も敬虔なクリスチャン、人間的には大変立派な方なんだけど、そういうことがあるというね。

私たちが客観的にちょっと見ると、天皇皇后両陛下のご公務というあの行幸啓、たくさんの被災地やいろんなところにお出でいただいたり、あるいは戦地に行かれるのもね、ありがたいけども、これはどっちかっていうと王室がやるような形の。

こっちの方の、大祭司というか、大神主様としての役割が。

高清水有子高清水有子

そちらをありがたくて恐れ多いというふうに私たちが感じるのは、昭和大帝のご意向があるからだと思うんですね。

これからの時代、平成生まれの子供たち、次の時代の子供たちは、昭和大帝を知りませんから、そういう方には今の平成スタイルは通じないんではないかなと思って、とても懸念しています。

諸刃の剣だと思います。

皇族の有難さを知らない世代

水島総水島総

宮内庁自体がそういうね、よくわかった人たちじゃない人たちが大嘗祭をやるっていうね。

それからプレハブでもいいとかね。

私が信じられないのは、陛下とかそういう皆様が、皇族の皆様がね、そんな無理して、国民の税金使わなくてもいいよ、みたいなことをおっしゃったとしても、いえいえとんでもございませんと、陛下、それはお任せください、心配なさらないでくださいと、立派に日本国としてやりますからと。

はい、75%にしましたとかね、ほんとバカヤローって感じがね、恥ずかしくないかっていう。

日本を蝕む財務省の緊縮財政

三橋貴明三橋貴明

それは日本全体で緊縮財政が維持されてて、各省庁何%って削減の規則があるから、当然宮内庁も対象外じゃないんですよと。

となると、ある意味で法律に則ってるんですよね。

法律と伝統であったり、国家の安全保障であったりナショナリズムってものが完全に対立している状況だけど、こっちのほうが優先されているっていうのが今の日本なんです。

水島総水島総

それと、もっとお金的な問題でいえば、日本の大嘗祭の、立派な儀式は、世界に日本をアピールする、観光としてもですよ、こんなすごい国なんだっていう、ものすごい実は効果がね。

それを何億円とか、10億円だ20億円だとケチってね。

高清水有子高清水有子

国にできないんであれば、前に渡邉先生と話をしたことがありましたけど、寄付制度とかなにか。

象徴天皇という響きに感じる違和感

高山正之高山正之

この前の談話で、僕がちょっと気になったのは、象徴であることというのを盛んにお言葉で繰り返された。

象徴っていうのは、たかがマッカーサーが作った憲法で入ってきた言葉でね、皇統の長い歴史から見たらつい最近に起きた異変であって、象徴という言葉自体がね、非常に違和感がある。

もう一つ違和感、もっと最近だけど、秋篠宮様のお言葉で、宗教色が強い、宗教かよって言うね。

一瞬、こういうことを、宗教だったの、というね。

あれは戦後、宗教にカテゴライズされたんだけど、あれは宗教じゃないですよ、神道っていうのは。

水島総水島総

宗教色はあるけども、宗教でくくれないところがね。

高山正之高山正之

宗教じゃない。

宗教だったら教義もなきゃいけないし、教義に背いた者は処刑しなきゃならないし、そんなもの一切ないんだから。

三橋貴明三橋貴明

入信とかもないですからね。

高清水有子高清水有子

宗教色が強い一面があるというふうなニュアンスで、宗教というふうにはおっしゃってはいないんですけどもね。

高山正之高山正之

でも宗教って言葉をクオートされたことが、非常に、ちょっと異様に。

高清水有子高清水有子

悪用されそうですね。

日本の皇族のおかしな所

渡邉哲也渡邉哲也

日本の皇族の大変なところっていうか、おかしいところは、第2次世界対戦を負けて、そのあと作られた憲法によって象徴とされたんだけれども、この象徴という言葉の意味は人によって解説が全く異なると。

さらに言うと、たとえばイギリスですと、イギリスの王室というのは王室資産を持っていて、その王室資産の中で自由にやっているわけですよね。

それに対して日本の陛下、天皇家というのは、国の予算の中で動かされていて、それはもう完全に自由がないというような状況になっていて、これが例えば大嘗祭にしても何にしても、民間から寄付を集める制度もないので、国が決められ、国の国会が決めた予算の中でしか動かせないってこういう不自由さもあるんだと思いますね。

水島総水島総

だから、高清水さんの番組で私も言ったのは、そんな金がないっていうなら、我々がいくらでも浄財を集めますよと。

日本の敗戦後GHQが行った皇統解体計画

三橋貴明三橋貴明

もともと戦前、太平洋戦争に負ける前の皇室っていうのは自分たちの財産でやってたじゃないですか。

それをGHQが外したから、11宮家がいなくなってしまって。

70何年間ずっと、皇統解体計画っていうのは続いて継続してる、その延長線上の話でしょう、これは。

水島総水島総

それがだんだん徹底してきてね、だから今本当に、平成の御代の御代替わりというのは非常に、皇統の、いわゆる国体そのものの危機がね、日本が日本でなくなる危機だということを、もう少し国民も、お祝いとかいろんなことあるけれども、そこが一番私は平成の御代の、一番関心のあるところなんですけど。

三橋貴明三橋貴明

さっきの話だと、じゃあ対中国の防衛予算を増やさなくていけないんですか、じゃあ皇室予算削りましょうって平気でやりますからね、今の日本は。

こういう馬鹿げた考え方の国家なんですよ、すでに。

減税し皇族納税出来る制度にせよ

朝日新聞と東京新聞が一面トップでやったっていうのが象徴的だよね。

渡邉哲也渡邉哲也

ふるさと納税するぐらいだったらね、減税制度にして、皇族納税できる制度にすればいいんですよ。

水島総水島総

ものすごい集まると思うよ。

三橋貴明三橋貴明

それについて話すと、今日本はデフレなんだから、譲位というこういうイベントがあるんだから、バンバン金使えばいいんですよ。

そうすればデフレ脱却のほうに行くんだから、でも現実はケチっていくんですね

高山正之高山正之

皇室がつましくやったって、それは日清戦争の前は宮廷費の一部を割いて軍艦作りましょうっていってやったけど、今、軍艦作っていただいてもいいんだけど、やっぱり、あのときは国々から、国と国民から全部、官吏も含めて全部、浄財を集めたんだからさ。

日本人が抜け出せない洗脳の正体

三橋貴明三橋貴明

だからみんな勘違いしているんですよ。

例えば、宮中が今回の儀式を切り詰めましたと、だれが困るんですか、それはその仕事を受けるはずだった国民ですよ、間違いなく、仕事なくなっちゃうんだから。

当たり前でしょ、そんなの。

その視点がね、全く出てこないんだよ

三橋貴明三橋貴明

この話だけじゃなくてデフレ全般そうですからね。

公共事業やるって言ったら土建屋が儲かるだけじゃないかとかいうんだけどね。

日本弱体化計画すら知らない日本人

上島嘉郎上島嘉郎

皆さんおっしゃってる通りでね。

まあ言ってしまえば先の大戦の敗北後の占領期間中にいろいろ我が国家に手を付けられたことが長い時間かかって、まさに本当に日本を衰弱させる方向で機能してるってことだと思うんですよ。

で、その構造そのものを国民が知らないまま長い間来てるってことがやっぱり問題ですよね。

もちろんそれはマスコミが、国民に知らせないという方向で、彼らはそれがよきことだと思ってやってきてるんですよ。

グローバリズムもそうだし、つまり日本が国家として成立しないように、衰弱していくようにっていう方向でずっときた。

恐れ多いことですけれども皇室、天皇陛下のお考えも、それが平安を望む日本というような、そういうお気持ち。

でもそのお気持ちを発露されるときに、GHQが仕掛けたような、日本国家のあり方の方向に傾斜してしまう。

少なくとも国民に伝わるときにはそういうふうに伝えられてしまうというところ、ここがね、やっぱり本当に悩ましいことだと思うんですよね。

今の日本に必要不可欠な事

上島嘉郎上島嘉郎

ですから、今高山さんがおっしゃったような、秋篠宮殿下のご発言も含めて、国民として率直に違和感のあることは、私はやっぱり表明するべきだと思います。

その上で、私たちは日本をどう守っていくのかっていうことにやっぱり意識集中していかなきゃいけないと思うんですよ。

経済でも何でも、経済を豊かにするのはグローバル企業ではなくて、国民経済を豊かにしていきましょうって発想でいろいろ考えていく。

そのために、じゃあ国防はどうすべきかとか、あるいは教育はどうするか、インフラはどうするかということ、その原点がどこにあるかということを取り戻すことだと思うんですよね。

ちょっと思い出したのが、戦前小林一三がヨーロッパに外遊して、帰国したときに、一応自分はビジネスマンであると、ヨーロッパは私を対等に、ビジネスの相手として見なしてくれるけれども、これは彼らがその平等に見ているわけではないと。

彼らにとって侮ることのできない、例えば陸奥や長門などといった連合艦隊を有する我が国の軍事力が背景にあって、当時の国力っていうのはまさに軍事力なわけだから、つまり国力があってはじめて自分のこの旅の感想を持てるって書き残しているんだけども。

私たちはやっぱり、国力を維持する、それを高めるっていうことをね、あまりにも罪悪視しすぎてきたというふうに思うんですよね。

水島総水島総

富国強兵をね。

日本人に必要な誤った洗脳からの脱却

上島嘉郎上島嘉郎

で、その先行譲歩して、周りとの協調によって私たちは生きるんだっていう道をまあ憲法にあるように選んだとしても、それを選ばされたことであって、渡邉さんが日本の経済の構造の根本的な誤解を説かれたけど、私たちが習った社会科の教科書は、日本は加工貿易の国ですと、資源を輸入して加工して付加価値をつけて輸出して。

三橋貴明三橋貴明

ゼロではないけどね。

上島嘉郎上島嘉郎

でもそれが、日本経済を維持している根幹の話ではないのに、教育の中ではそれが一番大切なことなんだと、だから国際協調なんだ、譲歩なんだというふうに思わされてるっていうところ、ここを本当に脱却していくっていうことがね、次の御代の、私はもう最大の目標というか不可欠なことだと思います。

御代替わりは平成の間違いを否定するチャンス

三橋貴明三橋貴明

これね、中野さんが言ってたんですけど、御代替わりってチャンスなんですよ。

なぜかというと今回の平成のロクでもない改革、これは昭和時代の否定なんですよ、始まりは。

昭和の連中がこんなことやってたけどあれはもう古い、だから平成なんだからこういうことやるってことで、構造改革バリバリやってこんなことになったんで、次の御代の時にはぜひ政治家に、平成を否定してほしいのね。

あんな馬鹿なことやったけどあいつらもう古いと、構造改革、今どき何言ってんだと、これからはコレだっていう、それが正しい道かどうかわからないけれども、でも少なくとも平成の否定っていうのはやりやすいんですよ、御代替わりっていうのは。

まさに選挙区制度もそうじゃない。

三橋貴明三橋貴明

そうでしょ。

高山正之高山正之

オウムみたいなのも

三橋貴明三橋貴明

まさに平成の象徴ですよ、あれは。

高山正之高山正之

グローバリズム、上だけ豊かになればいい、あとは労働者みたいなさ。

水島総水島総

そうなりましたもんね、実際。

高山正之高山正之

これが象徴的だね、ゴーンさんは。

水島総水島総

そういう意味での御代替わりであってもらいたいと思います。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す