橋下徹「沖縄問題の解決策」を批判され水島総にブチ切れ!我那覇真子にバラされた正体!国民保守党結成!

橋下徹さんが、朝日出版社から出版した書籍「沖縄問題、解決策はこれだ!」の内容をバカにされたとして、水島総さんに激怒しているとして話題になっているようです。

暴かれた橋下徹の正体

水島総水島総

橋下徹さんが、「沖縄問題、解決策はこれだ!」という本を出しました。

水島総水島総

この間の討論、アイヌのね、アイヌ新法の問題で討論に来てくださった我那覇雅子さん、彼女がこの本のこの部分を取り上げたわけですね。

例えばこういう言い方をしています。

「沖縄が本気で国と喧嘩をするためには、普天間基地の辺野古移設の賛否というメッセージでは弱すぎる」

「沖縄独立の賛否、中国政府に沖縄の港を貸す事の賛否くらいの強烈なテーマで、住民投票をやるべきだと思います」

「このような、(住民)投票を仕掛ければ、政府、与党だけではなく、本土の国民にも大衝撃が走り、否応なく沖縄問題の解決につき、沖縄ビジョンXの実現に向けて、日本全体の動きが起きると思います」

「これくらいの事を政府や本土の国民にぶちかまさなければ、政府や本土の国民は、沖縄問題を真剣に考えない」

「これくらいの事をぶちかませば、喧嘩の舞台が沖縄県から、国会や霞が関に移るでしょう」と。

水島総水島総

「沖縄の独立を問う」あるいは「中国政府に沖縄の港を貸す」

スリランカでもあったね、中国に港を99年間貸すというね、こういう事を沖縄の住民が問うような事をすれば、みんな慌てて、沖縄にもっとちゃんとやるだろうと、こういう論理ですね。

これね、琉球独立という事で、極左や、それをやっている、今あれなんですよ。

それをやったらいいと。

橋下徹は有権者をバカにしている

水島総水島総

我那覇真子さんがそれを批判したらね、読みが浅すぎると。

水島総水島総

バカかと。

この人は、なんでも手段で、なんでもやればいい。

一番、国民や大衆という有権者も含めて、本当にバカにしている。

なんでも刺激的な手段を与えれば、大衆はあっち行ったり、こっち行ったりするって、この人、やって来た事ですけどね、これが。

独立問題を取り上げるという事自体が、もう政治的に、完全な第一歩になるんです、これ。

その事が、深読みしていないとか、若いからとかね。

それはお前だろうと、ね。

薄っぺらな考え方で、みんなを刺激したり、なんかやれば、ああだこうだ動くと思うと、それが政治だと。

こういう男をつけあがらせたのが、やっぱり国民がね、国民というか大阪の方の人達、やっぱり責任があると思います。

フォローして最新情報をチェックしよう!