武田邦彦 嘘つき政府と嘘つき記者と嘘つき学者!政府統計の嘘を一体誰が止めるのか?巨額の金を握った官僚!

政府統計の嘘と官僚のくだらない言い訳

この所、政府統計の嘘というのが随分と議題になっておりまして、なんか100くらいの政府の公式統計のうち、20とか30とか、間違った統計になっているという発表があったりしておりますけれども、

まぁ、これはですね、どうしたらいいかと。

だから、もう少しきちっとした統計を取るためには、なんかもう凄い間違った。

官僚ですからしぶといですからね、統計を取る人間が少ないんだって。

また人間を増やして、予算を取ろうとしているなぁと思うんですけど、それにやっぱり引っかかる人もいてですね。

政府に人は山ほどいる

政府には山ほど人がいるんですよ。

そんな事は何の問題も無いのですが、問題なのは当たり前なんですね。

政府は元々嘘をつく所である

政府というのは、元々嘘をつくところなんですよ。

政府が嘘をつくから、マスコミがいるんですね。

で、政府が嘘をつくのは、どこでもそうなんです。

資本主義であれ、共産主義であれ、王政であれ、共和制であれ、なんでも政府というのは嘘をつくわけです。

つまり権力を持つという事はですね、嘘をつくという事であるという事は、歴史的にはっきりしているんですよ、実は。

そうじゃないとか、そうであるとかいう前にですね、それじゃあ、もし政府は嘘つかないという人は、なぜ今まで歴史的に全ての政府が嘘をついてきたという事をどう解釈するかという事を言っておかなければいけないんですね。

それで権力側というのは、必ず権力を維持するのに凄く苦労をするんですよ。

苦労を避けるのに一番いいのは、嘘をつくことなんですね。

東電が未だに嘘をつき続ける理由

例えば私がやらない方が言いよと言っている原発がそうなんですが、嘘に嘘を繰り返すわけですよ。

東京電力なんかは、今になってもこの前報道がありましたよね。

報告すべき点検項目かなんかを報告していない。

今でもそうなんですね。

私が原子力に関係していたころ、随分と嘘があって、僕は近くにいましたからね、こんなに嘘がある所でやったってだめだと思うくらい嘘があるわけです。

それはつまり、無理やりなんかしようとしているわけです、どうしても。

だから嘘をつかざるを得ないわけですね。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す