武田邦彦 中国経済が一向に崩壊しない理由!資本主義と共産主義の崩壊の仕方の違い!

中国経済崩壊と言われてはや10年

中国の経済が崩壊すると言われて、もう10年くらい経ちますね。

経済学者の多くの人がですね、中国経済の崩壊というものを本なんかを書かれまして、かなり売れていたと思うのですが、いつ崩壊するのかと。

現在ではもっと危ない状態に陥ってですね、不動産投資、特に不動産投資が行き過ぎているという事やらですね、それから債務が、不動産は建てたけれども、それを返せないと、焦げ付いてしまうというのが一杯あるというような事とかですね。

それから、こういう不況の中でも、内需を拡大しなければならないという事で、中国では沿岸部の鉄道は、高速鉄道はまぁまぁ計画が進んでいるものですから、中部地区の高速鉄道をこれから始めるという事なのですが、

元々高速鉄道はですね、赤字が非常に続いているという事でですね、これからどうなるかという問題があるわけですね。

それで、今でもですね、もう中国経済の崩壊は秒読みに入ったと言われております。

経済というのはなかなか分かりにくいもので、私もこう科学的な見地からですね、一生懸命考えているのですが、なかなかその時期を予測するという事は、難しいといえば難しいんですね。

資本主義ではなぜ経済が崩壊するのか?

ただ、我々が考えなければいけない事はですね、なぜ共産主義ではなく資本主義の中で、経済が時々崩壊するのかという事なんですね。

遠くは1929年のブラックマンデーの崩壊がありまして、アメリカではですね、失業者が25%になって、本当にこう、なんというのでしょうか、もう食べるにも食べられずというような人が増える。

4人に1人が失業ですから、これはもう大変な事になったわけですね。

そのブラックマンデーの恐慌によって、共和党が全くダメになり、その代わりに民主党が出てきて、民主党の中にソ連のスパイが随分と入り込んでいたものですから、結局、ルーズベルト大統領の政策がですね、反日政策になって、それが大東亜戦争を呼んだというふうに、非常に大きな変化があったわけですね。

その後、最近ではリーマンショックがありました。

なぜ、資本主義の国がですね、経済が崩壊するのかというとですね、私は全く普通の経済学者が考えているのと違うんですけど、経済というものはですね、崩壊も何もしないわけですよ、本来は。

なぜかって言いますと、経済というのは、日本国民の豊かさの指標みたいなものなんですね。

ですから、その国の人達が努力をしなくなると、まぁ、少しずつ下降したり、あるいは崩壊はしなくても、経済指標というものが落ちてくると思われるんですね。

ところが日本人のように、全く努力を怠らないと、永遠と怠らないわけですね。

改善の一途を辿る日本人

日本人の場合は、毎日毎日、改善の一途を辿っているわけです。

最近のここ20年、まぁ、景気がいいとか、景気が悪いとか言っていますが、給料が上がらないという面もあります。

給料が上がらないとかですね、そういうのは何かというと、外国との黒字幅が、350兆円もあり、企業内蓄積が、400兆円もあるにも関わらず、それを働く人に還元していないという問題が、一番多いんですけれども、

しかしですね、いくらそのお金、700兆円なら700兆円がですね、国民に還元されなくても、国民の努力というのは続いているわけですね。

日本国民は、そんな事に全然へこたれずに、日々ですね、改善しているわけです。

例えば、食料もスーパーに並んでいる食料ですね、これもどんどんどんどん進んでおります。

それから、レストランなんかとか、食堂の食事ですね。

これはもう前から見ればもう、考えられないほど美味しいものが、同じような値段で提供されております。

お酒もそうですね。

ビールとかの値段はあまり変わりませんが、その他の日本酒の品種改良、味の良さなんていうのは、もの凄くいいわけですね。

それから電車は、割合と頻繁に来るようになり、かつ、どの車にもクーラーが入り、駅にはエスカレーターがつき、エレベーターもつくと、そういうような状態ですね。

ほぼ、バリアフリーになって、どこでも重たい荷物を抱えて行けるようになる。

それから、車もですね、改善に改善を重ねておりまして、全体的には少し車の値段は高めになりつつありますが、それでもクオリティは非常に良くなった。

私なんかは、一つの車を長く使う方はものですから、もうこれ、申し訳ないんですけど、12年以上使っていると思うんですが、ますます快調というような感じなんですね。

家もですね、家もまぁ、十分ではないのですが、マンションなんかを見てもですね、非常に発達が早いんです。

それから、住宅展示場に行ってみるとですね、私が昔若い頃に買った住宅展示場の内容から見れば、格段に改善されております。

もちろんこれはビルとかホテルとか、そういうような建物もですね、もの凄く良くなっていますね。

これは当たり前で、国民が絶えまざる努力をしているわけです。

経済成長は2%で一定

私は昔から、経済成長は2%で一定だと言っているんですけどね。

2%で一定だと言っているのは、日銀の2%と違って、人間の改善というのは、常に毎年日本人の場合は2%、もしくは調子が良ければ4%改善される。

それはですね、値段に反映しない時もあります。

つまり例えばですね、もっといい食事を作るようになっても、値段は700円で同じとか、車は200万円の車が良くなっていくという事があるんですね、もちろん現実に合っているわけですよ。

それから我々はその他にAI化されますね、IT化、電子化されます。

それによって、好きな所にナビで行けるし、最近では特にスマホに打ち込まなくても、音声で行けるとかですね、非常に便利になって、効率的になり、楽になったわけですね。

テレビを見なくても、ネットでいつでもニュースが見れる。

こういった進歩はですね、実は非常におかしな事には、経済のGDPの中には入っていないんですよ。

経済学者を別に非難をするわけでは無いのですが、経済学者は全然、国民の質的な経済の向上というのは計算に入れていなくて、お金だけなんですよ。

100万なら100万で、いつまでも100万で、経済成長は0なんですけど、そんな事は無いんですね。

共産主義での経済の崩壊は無い

じゃあ、振り返って本題の共産主義における経済の崩壊はあるかというとですね、本来資本主義でも経済の崩壊は無いわけですから、共産主義の場合は、経済の崩壊は無いと思うんですね。

というのは例えばですね、赤字が出来ますね、焦げ付きますね、焦げ付いたやつは国家が買い取ったりして、結局はそこで収めてしまう。

赤字の吸収会社を設置してですね、国家がですよ、そこに赤字を入れて、それで赤字を出した人は処罰をして、商売を出来ないようにして、そうしていけば、崩壊ってしないんですよ。

つまり、経済自体が崩壊しているわけではなくて、崩壊しているのは金融システムとか、仕事のシステムという資本主義の中のシステムが崩壊しているんですね。

そうすると、金融システムも仕事のシステムも、土地のシステムも全く違う中国の共産主義の場合はですね、いわゆる崩壊は起こらない。

じゃあなぜ、ソ連とか東ヨーロッパが崩壊したかといったら、これは経済の崩壊では無いんですね。

共産主義の崩壊は経済ではなく政治の崩壊

遠い原因が経済の崩壊であり、それによって国民に不満が溜まり、崩壊したのは経済が崩壊したんじゃなくて、政治が崩壊したわけです。

ですから、中国の場合も今までの共産主義の崩壊の例に沿って、崩壊するならですね、まず経済が不調になり、国民の生活が苦しくなり、その結果、政治に不満ができ、一党独裁制が崩壊すると、こういう経過ですので、結局は現れてくるのは、経済崩壊じゃなくて、政治崩壊だという感じがするんですね。

少なくとも私のように、科学的にものを見る場合はですね、事実を積み重ねて解析するわけですから、資本主義は時々ブラックマンデーとか、リーマンショックとかいうのが、80年に一度くらいは訪れる。

これに対して共産主義というのは、やっぱり同じように80年くらい経つと、政治的に崩壊するという事ですから、戦後すぐに出来た中国共産主義は、ほぼ70年は経ちましたので、制度的には、あと10年くらいで、政治的に崩壊するという事になりますので、

この崩壊は、ソ連の崩壊のようにですね、貧乏になった後に、数年か10年くらいのうちに崩壊するという事ですので、私たちが、ブラックマンデーとか、リーマンショックのような、資本主義体制下で起こる崩壊とはですね、かなり様相が違ってくると。

これは我々の資本主義の方をですね、もう少し見直す必要があると、そういうふうに思われます。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す