渡邉哲也 韓国は元々裏切り国家!反日文在寅政権の末路!米国が韓国を捨てる日!

対日強硬姿勢を貫く韓国文在寅政権の狙い

韓国海軍の駆逐艦が、自衛隊機にレーダー照射をしたという問題なのですが、韓国国防省はね、メディア対応のつまずきから、対日強硬姿勢を取り下げられない状況に陥っているという事なんですね。

確かに、どこを落としどころにするのか、未だに見えてこないという状況なのですが、

レーダー照射への反論で分かる韓国の正体

渡邉哲也渡邉哲也

落としどころも無いし、逆に言うと韓国側はですね、日本の自衛隊が、超低空飛行をして威嚇行為、脅威行為を行ったという事を言い出しているわけですね。

話の論理をすり替え始めていると。

そんな中でですね、韓国は、日本のP-3Cがですね、韓国の艦隊に対してですね、異常接近を行って、危険行為を行ったと非難声明も出している。

そして、批判声明の後にですね、5枚の証拠写真と言われるものを出したわけですね。

実は、この写真は、非常に面白くてですね、レーダーの捉えた数値が入った映像があるんですね。

レーダーの数値が入った、今どこにいるのか、どれだけ自衛隊機が近づいてきているのか、このレーダーの数値がですね、おかしい状況になっているのではないかという話が出てきているんです。

画像出典:アゴラ

渡邉哲也渡邉哲也

画面上にあるGPSデータ、いわゆる位置情報ですね、位置情報を入れると、中国の上海の東の沖、200キロ前後になるのではないかと、インターネットのユーザーの方がですね、見つけたわけですね。

日本のEEZだという話だったのにね。

渡邉哲也渡邉哲也

2回目の部分は、韓国のEEZだと言っていたのですが、これがですね、この位置情報が正しいとすると、中国の完全なEEZ内になるんですね。

で、上海のすぐ近くの中国のEEZ内にですよ、自衛隊のP-3Cが入って行ったら、入って行った時点で、中国の飛行機にですね、スクランブルをかけられますよね。

ですから、数字が非常に怪しい。

信じられない。

だから、この映像自身も、捏造じゃないかという疑惑は、前々からあったわけですが、この疑惑が更に裏付けられるのではないかと言えます。

韓国から日本への宣戦布告

渡邉哲也渡邉哲也

また、韓国のですね、MBS、韓国の放送局によりますと、韓国の国防省が、もし次の日本の挑発行為があった場合、軍事的行為を含む強硬な対応をしていいと訓じたという事が出ております。

いわゆるこれは、完全に敵国扱いをしているという事になってくるんですよね。

宣戦布告に近い状況になっておりまして、これを日本のメディアは殆ど報じておりませんが、かなり厳しい状況に追い込まれているという事は、確かであるという事は言えます。

韓国は元々裏切り国家

鈴木くにこ鈴木くにこ

厳しい状況というのは向こう側がですよね?

渡邉哲也渡邉哲也

日本にとっても、当然、脅威という意味においては、今の日本海というのは、韓国軍と日本の自衛隊との間で友好関係があるので、いわゆる戦時の、紛争地点を韓国と北朝鮮の国境である38度まで引き上げている。

ところが、韓国と日本が敵対するという事になると、日本海のほぼ真ん中、ここがいわゆる軍事的な衝突地点になってしまうわけですね。

日本海では当然、漁業もしていますし、漁業の安全等も脅かしかねないと。

実際にですね、第2次世界大戦後、韓国がですね、日本の船員さん達、李承晩ラインと言って、韓国側が主張した自国の国境というか領海ですね、この中で漁業をしているという事で、日本の船員さん達、4千何百人を勝手に拿捕したと。

そのうち、3百何十人は亡くなっているんですね。

この条件で、日韓基本条約、いわゆる人質を取られた状況で、日本側は日韓基本条約を結ばざるを得ない状況にになり、韓国側にかなり譲歩したものになったと。

で、いわゆる賠償請求権協定も同じ道筋にあって、日本はその時に、日本が逮捕していた重犯を含む犯人を含む、犯人を全員を釈放したという事情もあったわけですね。

そのくらい昔からですね、信用できない事が信用できる。

本当に、裏切り者の国というのが韓国というが現実なのですが、だからと言って、今の状況、北朝鮮の問題を抱えた状態の中で、簡単に韓国を切り捨てる事が出来ないという日本政府の立場もあるんですね。

米国トランプ大統領の韓国に対する不信感

鈴木くにこ鈴木くにこ

アメリカがね、日米同盟で日本は本当に頼りになる国と言っていますけれども、韓国に対しては最近やっぱり、あの、不信感を持っていますよね。

米韓同盟があるので、どうしようかというのが、かなりね、出てきています。

渡邉哲也渡邉哲也

日本以上にアメリカはTHAAD問題やら様々な問題で、在韓米軍があるが故に、交渉せざるを得ない状況がずっと続いてきているので、アメリカ軍のトップの人達、在韓米軍のトップの人達は、日本以上の強い不信感と、韓国疲れを起こしていますよね。

鈴木くにこ鈴木くにこ

そうですよね。

今の文在寅政権、ちょっと酷いようですね。

昔もね、そういう事があったんですけどね、廬武鉉時代とかもね、アメリカも相当韓国に対して不信感を抱いていましたけれども、今はもっと酷いですね。

渡邉哲也渡邉哲也

文在寅だからという事で変わるような軍隊であったらダメであるし、政権が変わったからと言って、同盟関係が揺るぐような状態では、本来、よろしく無いわけでございますよね。

岩屋防衛大臣の訪米に隠された意図

岩屋防衛大臣、訪米の意図、これに何が隠されているのでしょうか?

鈴木くにこ鈴木くにこ

これは本当に地味で、なんかこのための新聞記事を探して貰ったら、あまり無くてですね、一つ社説があったくらいなんですけれども、ただこれは大変ね、私は当然の事で、今、マティス国防長官がお辞めになってから、今は、国防長官代行という事なんですよ。

1月16日に岩屋防衛大臣がワシントンに行った時も、国防総省で会談した相手というのは、パトリック・シャナハンという、皆さんは、あまり聞きなれない名前だと思うんですけど、シャナハン国防長官代行という事で、正式に議会承認が無いと、国防長官には就任できませんので、そういう時期なのになんでという事なんですが、

画像出典:Twitter

それを意外と色々と調べていたら、凄く大事だったんですよ。

まず、この時期になんで、アメリカで国防長官だったマティスさんの次の代行に会いに行ったかという事なんですけれども、一つはマティス国防長官というのは、トランプ政権の中でも、大変日米同盟も大事にするし、全くクリアで、元軍人さんでもありますけれども、凄く良かったんですよね。

その中で、次の方がどうなのかという事を話ながら、日米同盟を強固、きちっとしていこうというのが、一つあったと思うんです。

ただこの時期にという事なんですけど、ここが凄く大事で、1月16日にワシントンで会談をしているんですけど、1月14日ですかね、本当に話題になっている韓国の駆逐艦から海上自衛隊の哨戒機へのレーダー照射の問題ですけれども、この実務者協議が、

去年の12月20日にあってから、シンガポールで1月14日くらいに、シンガポール、日本の両方の大使館で、色んな協議をしたんですけど、結局もう会わないというか、それ以上しても仕方ないという、その直後なんですよね。

それで、この話は絶対に上がっています。

というのは、地域情勢を話したっていう事はですね、両方の国防総省のホームページを見ても、防衛省のホームページを見ても、上がっていますけれども、

どうしてこの問題がきちっと表立ってどうだって言われていないですけれども、話されたというのはですね、この地域情勢、レーダー照射の問題をきちっと確認したり、真実を分かるには、この国際情勢、

特に、北東アジアの今行われている、海で行われている全体を日米で確認しながらじゃないと、本当の真実は分からないんですね。

その真意をお互いに擦り合わせるためにも、凄く大事な時期だと思うんです。

岩屋防衛大臣の韓国との実務者協議停止発言

鈴木くにこ鈴木くにこ

この防衛大臣ですね、岩屋さんがアメリカから帰ってきて、初めて防衛省で行った記者会見で、はじめてはっきりとですね、「もう韓国とは実務者協議、この段階では致しません」とはっきり言ったんですね。

それで、記者会見の時に記者の方から、「アメリカから言われてしちゃったんですか?」と言われた時には、防衛大臣ははっきりと「それは日韓の問題です。2国間で日本として決めました」と言っていますけれども、この問題をはっきりと決めるにあたっても、アメリカとのすり合わせは、日米同盟、大事ですし、海の上での協力は、本当にしているので、これは本当にあったと思います。

米国国防総省の発表で見えるアジア情勢

鈴木くにこ鈴木くにこ

そしてですね、それを裏付ける話ですけども、これはアメリカの国防総省のホームページの英語を簡単に私が仮訳、日本語にしたものなんですけれども、この中では、簡単にしかかいていないんですけど、

まずこの地域における日米防衛関係というのは、この地域の安定を保つための一番大事なコアな部分であるという事は、よく日米同盟を確認する時に言われるんですけど、それはやっぱり、国防総省の最初の所に書いてありました。

Strong Missile Shield Protects U.S., Allies

そして、防衛協力を行うにあたって、具体的に色々やって行きますが、特に、宇宙、サイバー、情報セキュリティ、そして、作戦協力と言われているんですね。

もう、こういう情報セキュリティはね、最近はファーウェイの問題とかもありますけれども、こういう所でも、日米はやって行きましょうという事が書いてありました。

防衛省の発表で見えるアジア情勢

鈴木くにこ鈴木くにこ

これは、あっさりとしか書いていないんですけど、防衛省の日本語、これは直で読めますけれども、地域情勢で何が語られたのかという事が、もう少し詳しく出ているんです。

韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について

これを見るとよりよく分かるんですけれども、まずもちろん、日本とアメリカですけれども、最近の北朝鮮問題を巡って、協議をしましたとう事なんですが、ここはもう本当に日本に有利なようにきちっと日本の利益、それがアメリカでも確認されたという事なんですけれども、

北朝鮮に対しては、大量破壊兵器、全部あらゆる大量兵器、全てのと書いてあるんですね。

全ての大量破壊兵器を対象にするという事で、核兵器だけじゃないんですよ。

ですから、生物兵器とか、科学兵器とか、あと放射性物質とかも含まれていますけれども、それを全て対象にすると。

それから、あらゆる射程の弾道ミサイルを対象にする。

すなわち、これはアメリカはよくICBM、先ほどの最新型レーダーを入れるという事も、ICBM、すなわち、アメリカまで届く、大陸間弾道ミサイルをアメリカは主に考えているから、単距離、中距離は日本の問題に過ぎないよという事なんですけれども、

ここでも日本の防衛大臣は、あらゆる射程、単距離も中距離もきちっと対象にしましょうという事で確認をして来ました。

それらについて、完全な検証可能な、かつ不可逆的な、よくD、Denuclearization、非核化という事が言われているんですけれども、ここでは核だけではなくて、大量破壊兵器、そして弾道ミサイルもなんで、その破棄に向けて、ひき続き、国連の安保理決議の完全な履行をする。

これはやっぱり、安保理決議で北朝鮮が制裁を受けている、それをきちっと見て監視して、完全に行われるようにしましょうねという事で、日米の防衛協力のトップが、確認して来た事なんですよね。

北朝鮮に一部認められる人道支援

鈴木くにこ鈴木くにこ

それもですね、最近国連の方に、北朝鮮に対する人道支援だけは一部認めましょうという事が、国連の中で決められました。

それが、3つくらいだけの団体なんですけれども、韓国の団体も入っていました。

アメリカも入っていました。

もう一つくらいだと思うんですけれども、それらに対しては、ちょっと懸念もね、それの人道支援という事で、北朝鮮にある種、安保理決議の制裁を逃れるような事が行われてしまうのではないかという事も言われているんですけれども、ここで確認してきた通りに、日米当局者のトップが、完全な履行と言っている事は、人道支援もきちっと見ていきますよと。

何が支援され、何が支援されていないかを見ていきますよという事を、ここではっきりと言ってきましたよという事を示しているんですよね。

日本政府も把握している韓国の瀬取りの実態

鈴木くにこ鈴木くにこ

それは本当に韓国に対してって言いますかね、下手な事はさせないんだという事なんだと思いますけれども、その後にまた続いてですね、「瀬取り」に対し、引き続き、日米が有志国と連携して、取り組んでいく事で一致したとあります。

日米だけが、北朝鮮の瀬取りを廃止するのではなく、有志国、すでにここにはオーストラリアの防衛大臣もこの間岩屋防衛大臣と会談をして、その事をはっきりと言っておりますし、文書では、日英の共同声明のトップのね、首脳会談でも声明に入っていますし、日仏では、外務・防衛の2プラス2の共同声明でも、入っています。

こういう国々が一緒になって、北朝鮮の瀬取りを監視していこうと。

こういう事をきちっと言った事で、何がという事なんですけども、渡邉さんが、昨年の20日にレーダー照射が起きた、その27日は言っておりますけれども、恐らく例えばこういう海上自衛の哨戒機で、瀬取りやもしくは、国連の制裁逃れをしているのを監視しているのを、恐らく韓国は妨害をする形で、レーダー照射をしたのではないかという憶測が色々な所で飛んでいるのですが、それに対して、やはり、それはもうさせないよというようなね、そういう意味合いも、ここにはあったと思うんです。

その後に、日米同盟と、米韓同盟に基づく抑止力というのは、この地域に対して、大変大事である。

安全保障に不可欠の認識を共有しつつ、日米共同訓練を着実に実施する事でも一致したという事で、日米同盟ありますよ、米韓同盟ありますよ、でも日米が大事で、日米はこの米韓同盟とかもね、この抑止力を大事にするためには、日米で協力をして、ある種監視も含めてやって行きますよと言われているんですね。

岩屋防衛大臣とシャナハン米国防長官代行との会談の概要

文在寅による北朝鮮の傀儡政策

鈴木くにこ鈴木くにこ

ある情報によりますと、アメリカ軍の方がですね、横須賀にあるアメリカ軍に、韓国の軍人さん達を、それこそ岩屋防衛大臣が訪米する直前だと思うんですけれども、呼んだというそういう報道もありました。

そういう事で、色んな意味でアメリカは韓国にこういう事はしてはいけないという事を言っていると思います。

ただ、ここで大変なのは、韓国の軍の人達なんですよね。

アメリカと、文在寅大統領が、本当に北朝鮮に融和的な政策と、政権なので、北の傀儡と言っていいような政策をしていますので、そこの間に挟まって、結構当局の、国防大臣なんかも政治家で任命されているので、凄くやりづらいというかね。

在韓米軍の撤退を検討する米国トランプ大統領

渡邉哲也渡邉哲也

軍の幹部は、文在寅のYesマンに全部入れ替えちゃっていますからね。

更に言うと、これまで前防衛大臣、マティスはですね、韓国からの撤退には反対だったと。

画像出典:CNN.co.jp

韓国から在韓米軍が撤退するという事もアメリカ側は視野としては入れていたけれども、マティスが必死に止めていたらしいんですね。

このマティスがいなくなったゆえに、アメリカはもう在韓米軍は信用できないと、言う事で撤退をあり得るぞというかなりの脅しをかけているという話も聞こえてきています。

で、今年の4月からですね、ソウルのアメリカンスクール、今年の9月までの間に、完全に撤退します。

今、韓国と去年の年末まで韓国とアメリカとの間で、予算交渉が行われていたんですね。

その際に、今、思いやり予算ですね、日本で言う。

韓国人がアメリカ軍の基地で働いています。

この人達の給料を、韓国が持ちます。

で、現在ですね、韓国側の思いやり予算というのは、75%が韓国、25%はアメリカが負担しているんです。

で、アメリカとしては在韓米軍って韓国だけの為にあるんで、ほぼ。

なので、なんでアメリカ軍が、韓国の軍事予算の負担をしなければいけないんだと。

おかしいだろうと。

逆に、お金を貰ってもいいくらいだと、アメリカ側は言っているわけですね。

鈴木くにこ鈴木くにこ

トランプさんが言っていますよね。

米国が韓国を不要とする日

渡邉哲也渡邉哲也

トランプも言っています。

で、もし払わない場合、今年の4月以降、在韓米軍で働いている韓国人の職員および関連職まで入れて7200人くらいいるらしいのですが、一時帰休させると。

給料を出さないと。

一時的に解雇するという所まで行っています。

この状況の中で、米朝関係もありますので、米朝会談との2つの睨み合いですね。

米朝との間で、ある程度の合意が出来て、アメリカ軍との直接的な対応が出来るような状況にもって行けるなら、韓国の重要性って、もうアメリカにとって無くなっちゃうんですよ。

在韓米軍を置く必要が無くなってくる。

場合によったら、朝鮮半島全体の軍として、北朝鮮側に軍隊を置く事だってあり得るわけで、そんな中で、ギリギリの交渉が進んでいて、実際に私の聞いている所によると、当然14日の日に交渉を止めると。

韓国と実務者協議をやってもダメだという前に、アメリカ側からの話し合いですり合わせをある程度行って、いいですよと、いうような話を取ってきたのではないかという話が聞こえて来ています。

鈴木くにこ鈴木くにこ

本当に文在寅大統領は、新北であり反日であるという事で、アメリカとしても大変やりづらいし、そこにいる方もですね、韓国人の人達もなんですけれども、最近の報道でも見たように、最高裁の長官も逮捕されるというようなね、事もありましたら、これは一つの見せしめだと思うんですよね。

だから、今いる国防大臣にしても、軍人の人達も、大変にまぁ、文在寅政権の中では、大変やりにくくなっていると思います。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す