武田邦彦 児童相談所を罰しても児童虐待事件は無くならない!児童虐待事件を根本的に無くす方法!

実の親からの虐待で小学4年生の女の子が死亡

小学校4年生のですね、女の子が父親と、母親も若干関与しているのですが、イジメられてですね、大変に悲惨な死亡事故があったわけですね。

これについて、国会でも議論があり、安倍首相も発言をしたと。

戦後ねじ曲がったままの教育基本法

この問題の基本的な事が、教育基本法が戦後曲がってしまったと、戦前ですね、ある意味で親に孝行とか、兄弟のいたわりあいですね、それを強調しすぎた事で、その反動でですね、個人を大切にするという名の下で、実はその非常にきちっとした教育が行われなくなったということですね。

この問題の直接的な、法律的なというか、社会体制的な問題は、私は世の中で言う児童相談所問題とかそういうものではなくて、児童相談所だってですね、そりゃあ今度の児童相談所の対応は非常にまずかったんですけれども、そうは言ってもですね、そういう事では私は、それはそれで改善するとして、それでは私は、抜本的な改革というのは出来ないと。

イジメとかですね、そういうのは続くというふうに思っているわけですね。

で、教育基本法の改正が一番大きな問題なんですが、実はここではそういった具体的な対策ではなくて、こういった社会的出来事に対するですね、対策の立て方の理論と言いますかですね、それをちょっと考えてみたいと思うんですね。

もはやテレビに哲学的な事をきちっと話す能力は無い

本当はテレビなんかで専門家がこういった哲学的な事をきちっとお話をするというのがいいのですが、今のテレビとかにはそういう能力が無いので、補わなければならいというふうに思うんですね。

何か対策あるとしますね、例えばいい方ではオリンピックの金メダルが少ないのでもう少し増やしたいという、そういう対策とかですね、それから悪い方では殺人事件とか婦女暴行事件とか、そういうのが多いので、そういうのを減らしたいと、そういうような要請がありますね。

非道徳的な事件を減らす2つの方法

これに対しては、2つやり方があるわけです。

1つはいわゆる恥の対策と言いますかですね、恥の対策というのは少し言いにくいのですが、結局世の中はですね、中心的なものがあり、それに対して分布があるわけですね。

分布というのはどういうのかというと、例えばスポーツですと非常に足の速い人とか、水泳のうまい人というのもいるし、また、殆ど運動神経の無いという人もいると。

多くの人は、中間的で平均的であると。

これは分布なんですね。

例えば100人集まって、50人くらいが普通であって、25人、25人がかなり良かったり、かなり悪かったり、それからまぁ端の10名くらいが、極端に良かったり、極端に悪かったりと、そういう中から金メダルが出たりするわけですね。

ですから、この分布というのが頭の中に入っていなければいけない。

つまり、山ですね、山。

山のすそ野が2つあるわけですね。

山のピーク、山頂が平均値ですね。

それから、いい方と悪い方にダラダラと坂みたいになっておりまして、それが分布。

画像出典:Wikipedia

まぁ、難しい言葉で言うと、正規分布とかですね。

金メダリストを増やす2つの方法

それから、分布の形というのは、そのものによって違うので、色々と二項分布だなんだといった分布が知られているわけですが、いずれにしても何らかの分布を成しているわけですね。

とても運動が優れた人は金メダルを取る。

しかし、それに対しても殆ど運動が出来ないという人もいるという事ですね。

そうしますと、対策は2つあります。

例えば、優秀な選手を育てるような国立のジムを作る、こういうやり方がありますね。

つまり、これはエリート教育になるわけですね。

エリートを教育して、具体的に金メダルを取れるようにする方法、これがまぁ、一つあるわけです。

これは割合と多くの企業が考えつきやすい方法なんですね。

もう1つの方法はですね、全体のレベル、つまり平均値を運動神経のいい方にずらす、こういう方法ですね。

例えば、小学校の運動場を整備するとかですね、体育教師の実力を上げるとか、数を増やして子供たちが大いにスポーツが出来るようにする。

もしくは、もう少し進めばですね、親もスポーツを楽しむように出来る。

その事によって、全国民の平均がですね、運動の上手い方にずれるわけですね。

そうしますと、分布が変わらなければ、金メダルを取る人の数が増えるわけです。

というのはですね、平均値が上がってきますから。

例えば、背の高さでもいいんですね。

今まで日本人の背の高さの平均値が男女合わせてでもいいのですが、160cmだったと。

背の高い人を増やすためには、平均値が170cmになれば、背の高い人がやっぱり増えるんですよ。

そういう事でですね、平均値をずらすという方法があるわけです。

犯罪を防止する2つの方法

例えば、犯罪を防止するという時にですね、いろんな犯罪の防止方法があります。

刑罰を厳しくして、犯罪する人がですね、「すぐに殺されるからなぁ」という事で対策を取るという直瀬的な対策とですね、世の中の人達の心をですね、良くする。が

心を良くするというのは、平均値をいい方にずらすとですね、悪い事をしようとする人が減る。

それによって、犯罪を減らすという方法があります。

ノーベル賞受賞者を増やす方法

教育なんていうのはですね、中心値をいい方にずらす努力なんですね。

もちろん、教育をしてもですね、乱暴な人はいるし、色んな人がいるんですけれども、教育によって平均値を上げたり、下げたりする事が出来るので、それによってですね、現実的にイジメだとか、殺人とか、交通事故みたいなのもそうなのですが、そういうのを減らしてですね、ノーベル賞を増やし、金メダルを増やすという事が出来るわけですね。

イジメや虐待を防止する2つの方法

従って、必ず頭の中ではですね、非常に直接的な方法はですね、例えば今度ですと、児童相談所と警察とか学校の連携を良くするとかですね、その次のものが、教育基本法を改正して、教育内容を良くするというのが、まぁ、具体的な対策としてあります。

それから、今度はイジメの要因を調べて、それを解析していう、これは結構、本が多いんですね。

こういった本とかあれはですね、どちらかというと、別に私はですね、男女というのをよく区別して言うんですけど、これは最近は男女を区別してはいけないと言いますけど、私は全然違うんですよ、考え方が。

私は元々、男女といったら女性の方が優れていると思っているわけですね。

子供を産むから。

子供を産むというのが、一番、まぁ、人間にとって大切な事ですから。

だから、子供を産むことが出来る女性の方が上位だと。

ただ、戦争になると男性の方がいいて、そういう事はあると言っているんですね。

それから、男女が同じ事をしてはいけないというのが、僕の考えなんですよ。

男女というのはですね、12億年前に出来たのですが、お互いにいいところを発揮して、よりいい人類といいますか、そういうのを作るというのが男女なんですよ。

ですから、男女が同じ事をするというのは、最もよくない方法で、男はこういう点に長所がある、女はこういう所に長所があるというのをお互いに認めて、そして、まぁ、分担してですね。

この頃は、分担なんて言うと怒られちゃうんですけれども、そんな事はないんです。

それはですね、なんかね、女性の方が下だというね、先入観があるんですよ。

そんな事は絶対に無いですからね。

だから、女性らしい考え方と、男性らしい考え方が、それぞれ発揮される事が大切だというのが、僕の考えなんですよ。

全然、差別とかそういう考えは、僕には無いんですよ。

ですから、女性はどちらかというと直接的なんです。

これはね、やっぱり子供を育てるという事にあるんじゃないかと思うんですが、直接的なんですね。

それに対して男性は、若干観念的であり、総合的なんですね。

私なんかはまぁ、理科系でもあるので、そういう傾向があります。

だから、私はどちらかというと分布の形を良くするというような、全体的な事を考えがちですが、女性はどちらかというと具体的に可哀そうな人を助けるとかですね、そういうふうな方法。

それはいいんですよ、どっちも必要なんですから。

だから、こういったものは対策が2つに分かれる。

恥の対策なのか、中心地の問題か、これはやっぱりしっかりと考える必要があります。

それから、もちろん時間的にもですね、応急処置的にやる場合と、恒久的に少しずつよくするというのは違いますね。

ですから、やっぱり私はですね、今度の場合ですと直接的に児童相談所の体制をよくするという事も必要だと。

教育基本法を改正するという事も必要だと。

それから、社会全体がですね、善良な人、道徳の優れた方向に行くといのも、対策というのが必要だと、これをですね、やっぱり全体として総合的にやっていくというのが、この今度のですね、小学校4年生の女の子が命を落としたという非常に悲しい事実をですね、プラスになるものだと思います。

しかしですね、一般にはどうしても人を罰する方向に行くんですよ。

例えば今度だったら、児童相談所を罰するっていうんですね。

人をまぁ、罰する必要もあるのですが、罰したからって、よくなるものでは無いんですね。

ですから、そこの所をよく考える必要が私はあると思います。

 
 
 
最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す