フィフィ 蓮舫議員へのデマでウヨだと炎上!国民の側に向いているのか?安田純平との確執!

フィフィ 蓮舫議員への批判が事実誤認と判明し謝罪

エジプト出身でタレントのフィフィさんのツイッターでの蓮舫さんに対する発言が、事実に基づかないといとして、批判が広がっているようです。

騒動の発端は、17日にフィフィさんツイッターで呟いたこんな発言から、

画像出典:BIGLOBEニュース

小学4年生の女の子が虐待によって殺害された事件に関して、蓮舫議員が安倍政権に対し、「子供一人の命を守れない国とはなんなのか」といった発言を受けてのものと思われます。

実際には、児童虐待防止法の改正は、全会一致で可決されており、賛成205票、反対0票と反対をする議員は1人も存在しませんでした。

しかもこの法案が可決されたのは、平成16年(2004年)の4月に国会で成立したものであって、蓮舫さんが国会議員に初当選したのは平成16年(2004年)の7月。

つまり、蓮舫さんは、児童虐待防止法に反対もなにも、そもそも国会議員ですらなかったというわけですね。

おそらく、もし国会議員として活動されておられたとしても、反対票は0だったわけですから、蓮舫さん一人が、児童虐待防止法の改正に、反対するという事は無かっただろうと思われます。

児童虐待が疑われる家庭への警察の立ち入り権に反対した民主党

平成16年(2004年)に全会一致で可決された児童虐待防止法案の改正ですが、法案の内容に関しては、当時の民主党から、反対意見が出ていたといいます。

現在、小学4年生の女の子の虐待事件などになぜ警察が介入しないんだという疑問をお持ちの方もおられると思うのですが、実は、当時の民主党は、児童虐待が疑われる家庭への警察の介入は、警察の権力の濫用が懸念されるとして、反対したという経緯があるといいます。

結果として、児童虐待が疑われる家庭への立ち入り権は、児童相談所にしか認められないという事となり、現在も警察の介入が、困難になっているという事情があったりするんですね。

2004年の民主党の代表といえば、年金の未納で代表を辞任した菅直人さん、

画像出典:Twitter

同じく年金の未納で、出馬辞退に追い込まれた小沢一郎さん、

画像出典:Reuters

無投票で代表に選出された岡田克也さんあたりですね。

画像出典:Iwj

フィフィさんは、この事と事実誤認をされておられるのかもしれませんね。

フィフィさんのデマ発言はなぜ拡散したのか?

1外国人タレントであるフィフィさんの、蓮舫さんに対する誤認による批判発言は、なぜこうも拡大してしまったのでしょうか?

まず一つに、フィフィさんによる発言の影響力の大きさにあります。

キャラクター設定なのかどうかは分かりませんが、フィフィさんは、日本の政治的な問題にも、随分と関心がおありのようで、その発言を喜ぶ方も、随分と沢山おられるようです。

フィフィさんの蓮舫さんに対するツイッターでの発言は、確認出来ただけでも、17,388件のリツイートがされ、29,847件のいいねがされています。

フィフィさんのフォロワー数も2019年2月21日時点で、419,015ものフォロワー数があるわけです。

立憲民主党の国会議員である蓮舫さんのフォロワー数は、2019年2月21日の時点で、476,801のフォロワー数。

つまり、フィフィさんは、ネット上など一部の間では、蓮舫さんとほぼ同等、もしくはそれ以上の影響力をお持ちの方であるというわけです。

最近では、保守系の月刊誌などとも呼ばれる事もある産経新聞社が出版する「正論」であったり、関西ローカル系の読売テレビが放送する「そこまで言って委員会NP」といった番組にも出演されておられるようですので、発言の社会的影響力が、かなり高まってきている方だという事なんでしょうね。

日刊スポーツ・スポーツ報知が情報確認をせずデマを拡散

更に、問題だったのが、フィフィさんの発言の情報の確認もせず、朝日新聞系列の「日刊スポーツ」が、

『フィフィ、蓮舫氏に児童虐待問題「真意を問いたい」』

という見出しで記事を発表。

画像出典:Twitter

更に朝日新聞は、朝日新聞デジタルの&というサイトに、日刊スポーツの記事を同じ見出しでそのまま掲載、

画像出典:Yahoo!ニュース – Yahoo! JAPAN

フィフィさんの発言に事実誤認があるという事を書いていませんので、情報の真偽は確かめていないという事なんでしょうね。

※日刊スポーツは公式サイト上で後に、「事実関係について十分に確認しないまま、掲載をしてしまいました」と謝罪しています。

もっと酷いのが、読売新聞グループのスポーツ報知。

スポーツ報知は、フィフィさんの蓮舫さんに対する発言を、

『フィフィ、虐待死問題で蓮舫議員への怒りの質問「あなたは本当に国民の側に向いているのですか?」』

画像出典:Twitter

という見出しで記事として発表。

こちらも、フィフィさんの発言に事実誤認があるという事は書かれていませんので、情報の真偽は確かめていないという事でしょう。

更にこのニュースはYahooニュースで拡散され、デマがどんどんと拡散されていったという流れですね。

個人メディアがやるならまだしも、朝日新聞系列、読売新聞系列という、日本の大メディア系列でもこのような状態であるというのが実態なわけです。

ちなみに、現在は記事を削除して、無かった事にしておられるようですね。

フィフィ 事実誤認を認め謝罪しツイート削除

大メディアまでが嘘情報を拡散している事を問題視し、立憲民主党は直接フィフィさんに対し、電話にて事実誤認がある事を指摘し、フィフィさんはツイッターで謝罪されたようです。

フィフィへの批判が謝罪後も続く理由

人間だったら、誰だって間違う事くらいあるわけで、フィフィさんとしても、事実誤認を認めて謝罪すると決めたのであれば、素直に謝るだけにしておけばよいものを、事実誤認があった事が恥ずかしかったのか、謝罪をした後に、このようなツイートをされておられるようです。

画像出典:buzzfeed.com

事実誤認があって、謝れと言われたから謝ったけど、事実誤認以外の部分では謝ったわけでは無いと取れるような発言をされておられるようにも見えるため、

などといった意見も出てしまっているようですね。

蓮舫は国民の側に向いているのか?

フィフィさんは、蓮舫議員に対して、

画像出典:BIGLOBEニュース

「あなたは本当に国民の側に向いているのですか?」

と疑問を呈しておられるのですが、それはもちろん、蓮舫議員は国民の側を向いておられると思います。

ですが、フィフィさんの考える国民とは、若干違うわけです。

というのも、「蓮舫さんが向いている国民」というのは、「立憲民主党や蓮舫さんの事を支持している国民」であるということです。

つまり、蓮舫さんとしては、議員としての職を失ってしまわないためにも、自分の事を支持してくれる国民からの支持を失ってしまわないように、活動されておられるというわけですね。

2重国籍の問題でも話題になりましたが、蓮舫さんは、お父さんが台湾の方で、お母さんが日本の方という日本と台湾のハーフという立場をお持ちの方です。

そのため、蓮舫さんを支持している方も、そういった立場の方が多かったりするわけで、そこには、本人たちにしかわからない、様々な事情が、おありなんだろうと思われます。

フィフィ 安田純平のジャーナリズムを否定

画像出典:FNN

フィフィさんは、シリアで拉致されていた安田純平さんが解放された際、安田純平さんが2014年に呟いたツイッターを例に出し、

と、批判をされておられるようですね。

フィフィ 自由には責任を伴う

フィフィさんは2016年Yahooニュースの取材に対しこう語っておられます。

「サンミュージックは本当にタレントの自由を尊重してくれるから。年初にベッキーさんの件が起きた時も、あれだけの稼ぎ頭のタレントさんでもプライベートはきちんと確保されていたんだなと思って『うちの事務所、マジで自由だ』と感心したくらい。私の発言もすべて放任してくれていることはありがたいですね」

とは言え、自由な発言ばかり続けていたことにいついて、一度、社長に頭を下げたこともあった。

「その時に社長が『こういうタレントがいてもいいんだよ』と返って。もちろん、自由には責任が伴うもので、その重さを感じることはよくありますよ」 Yahooニュース

「自由には責任が伴うもの」とフィフィさんは、ご自身で語っておられるわけです。

つまり、「自由な発言にも責任が伴う」という事は、ご自身も十分に把握しておられるというわけですね。

隣国などでは、「謝ったら負け」という文化の所もあるようですが、日本の文化としては、間違ったら素直に謝る。

そして、謝られた方も、中身にもよるとは思いますが、ある程度は水に流す。

というのが、日本人が長い歴史で編み出した、丸く収める秘訣だったと思うのですが…

フィフィ 蓮舫 騒動への世間の反応

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す