馬渕睦夫 石破茂に首相の器が無い理由!世界を洗脳し続けてきた2大フェイク新聞!メディアのフェイクニュースを見抜く3つの秘訣!

公開情報だけで世界の真実は読み解ける

前回、私の立ち位置の一つとして、私は親日であるということを申し上げたのを覚えておりますけれど、今回は、私がいろんな国際情勢を分析して皆さんにお話しておりますけれども、その私のその国際情勢の分析のやり方ですね、それの基本というものをもう一度皆さんと一緒にシェアしたいと思っております。

それがなぜ重要かというとまあこれから、あとで、たまたま今日目に付いた新聞記事を引用してお話申し上げますけれども、結局、今の、何て言いますかね、いろいろなメディア、既存のメディア、まあ無視してもいいんですが、

さらにまあインターネットメディアも通じていろんな、物知りの方、っていうのは失礼な言い方ですけれども、非常に世界の事情に通じておられる方が少なからずいらっしゃるわけですね。

それはそれで私、立派なことだとは思っておりますけれども、その方々と私の違いというものを、一つはっきりさせておきたいと思うんです。

というのは私は一切、いわゆる裏情報って言いますか、秘密情報って言いますか、情報屋の情報と言いますかね、そういうものは一切使っておりません。

そういうアクセスもありません。

私は公開情報のみで、この国際問題、まあ日本の政治も含みますが、を分析判断しているということですね。

実際公開情報で、まず99.9%まで分かるということは私自身の経験からそうですし、皆さま方の多くはそういういわゆる秘密情報とか特別情報をお持ちでない方がほとんどですので、そういう意味では私のやり方というものを理解していただければですね、皆さん自身もこの世界で起きていることをまあ事実上99.9%まで理解することができるということなんですね。

今日は私のやり方、情勢の分析ですね、そのやり方をもう一度ここで改めて確認しておきたいと思うわけなんですね。

ですからまず、公開情報のみだということですね。

その公開情報の中にはもちろんいわゆる既存メディアの報道も入っているわけですが、それをそのまま鵜呑みにするわけではないわけですね。

むしろその行間を読むといいますか、既存メディアの問題点っていうのは、以前に取り上げましたけれど、今日も少しおさらいをしてみたいと思いますが、その既存メディアの報道の裏側にあるものですね、あるいは行間と言ってもいいんですが、それを読むということなんですね。

それを公開情報を利用しながらって言いますか、公開情報を見ながらそういう作業をする必要があるということなんですね。

公開情報というか、既存のメディアの報道そのまま鵜呑みにするわけではないわけなんです。

メディアは嘘で洗脳する為の装置

これは非常に重要なことでして、むしろ鵜呑みにしてはいけない、あるいは、既存のメディアはやはり一種の洗脳をやっている危険がありますので、危険があるっていうか堂々とやってるわけですね。

ですから我々は、メディアの報道ってまあそういうものだということを踏まえながら、公開情報の分析を行うと、こういう姿勢が必要なわけなんですね。

以前にも別の番組だったと思いますが、そういうお話は申し上げたことがありますけれども、今一度これは確かめておきたい。

ということは未だにですね、これからちょっと例を挙げますが、日本の政治家の方、日本のメディアはもちろん、メディアとしてのインサイダーですから、はっきり言えばフェイクニュースを毎日垂れ流しているわけですね。

こういう言い方は失礼ですけれども、しかしそう言わざるを得ないというのが現状なわけですね。

その証拠はもう今まで何度も示してきましたが、今日もまた示そうと思いますけどね。

そういう状況にあるわけですね。

私が裏情報を信用しない理由

それからもう一つは、逆に言えばですね、なぜ私が裏情報とかいわゆる情報屋と称する人ですね、その情報を信用しないかというと、そこには一つの危険性があるんですね。

それは、この世界ではディスインフォメーションと言いますが、要するにゆがんだ情報である可能性が高いということなんですね。

考えてもみれば、例えば皆さんも時々こういうネット放送なんかでいわゆる保守の方の分析なんかを聞かれることあると思いますけども、中国とか、特に中国とか北朝鮮ですね。

で、その時に例えば北朝鮮の中枢に近い人の情報とかね、中国の共産党の幹部の情報、幹部筋の情報なんていうのは、ちょっと眉唾もんですね。

常識的に考えれば、そんな例えば北朝鮮なら北朝鮮の中枢にある人が、タダで情報をくれるわけがないわけですね。

しかも、それはもちろんそういうその人は、その情報源はもちろん明かさないわけですけれども、本当にその方自身が、その情報を自分でチェックして、自分でこなして、皆さんにそれを紹介しておられかどうかっていうのはまた別問題ですからね。

右から受け取って左に流していれば、これは下手をすると洗脳、工作に加担していると、そういう危険もあるわけです。

某国の情報による洗脳を見抜く方法

もちろんどの方がそういう洗脳工作をやってるかっていうのは私は分かりませんし、ここで申し上げるつもりはありませんが、わかりませんというものの何となく想像はつきますけど、ただそういうことを名前あげては申し上げませんが、

皆さんが聞いておられて、まずどこかの政権中枢から自分が得た情報だっていうのは、ちょっと距離を置いてみられたほうがいいと思います。

保守系の人も私がよく知ってる人も、時々そういう言い方をする方もおられますけど、それは逆に考えてみれば、なぜそんな情報をくれるのかということを考えてみたらわかることです。

だから私は、繰り返しますが公開情報しか充てにしないんです。

そういう裏情報には必ず裏があるって言うことですね。

下手をすると、自分が知らないうちに相手の情報操作に乗せられているという危険があるわけですね。

私も時々こういうインターネットで、あるいはyoutubeなんかで物知りの方の解説を聞くことはあるんですが、それはよくご存じですね、右から左にね。

でも人間の能力から言えば、自分の力でそこまでの情報は手に入れることができないわけですね。

ということは、言うまでもなく、誰かから情報をもらっているわけなんですが、ほとんどの方はもらっておられると思います。

それ自体は悪いとは言いませんが、その情報をもらったその方が、その方々がもらった情報を自分なりにこなしているかどうかという、このプロセスを経た情報であるかどうかということで、その情報の意義っていいますかね、内容が全く変わってくるわけです。

それを聞いたままもし流しておられる人がいるとすれば、それは皆さん自身がそういう物知りの、知識人の話を聞かれて、知らず知らずのうちに洗脳されているということになるわけですね。

そういうことも踏まえて、今回あえて私は公開情報の重要さって言いますか、逆に言えば裏情報の危険性ということをもう一度これは強調しておきたいと思ったわけですね。

結果から原因を類推する方法

それからもう一つは、私のやり方というのは、結果から原因を類推するということですね。

物事は当然因果関係があるわけでして、原因があって結果があるわけですが、歴史に学ぶということは、その結果をみて原因を類推していけばですね、大体どういうふうに物事が動いてきたかということがわかるわけなんですね。

これは誰でもできることなんです。

問題はそういう、プラクティスと言いますかね、訓練を少し自分で心がければできることだということなんですね。

ところが学校でもそういう訓練は教えないものですから、一方的に、ある歴史を教える場合、ある原因からこういう結果になったことしか教えないわけですね。

でも、それはなかなか我々は、我々一般の、歴史家ではない我々一般の人間が理解するのは難しい。

しかし我々が理解がすぐできることは、結果を見て、今、現に起こったことを見て、一体誰が得をしたのか、誰が損をしたのかということはすぐ分かりますね。

そうするとそこから、じゃあそういうことを引き起こしたのは誰かということが、まず間違いなく類推できるわけです。

ところがメディアを始め、多くの知識人はそういう作業をしないわけですね。

だいたい、欧米のメディアが流すのをそのまま、右から左に説明している方がほとんどですし、これは既存メディア、地上波それから既存の新聞はほとんどの新聞がそういうことをやってるわけですね。

ところが、皆さん自身は必ずしもそうそうメディアの関係で方ではないと思いますが、今申し上げたような、結果から原因を類推すれば、だいたい世の中の因果関係っていうのはわかってくるということなんですね。

ですから今日申し上げた3つのことですね、私が情勢を理解する上で注意している3つのこと、一つは公開情報のみで判断していると、それから裏情報は危険があるので私は近づかないということですね、それから、先ほど申し上げました結果から原因を類推すると。

この3つを実践しておりますとね、大体私が申し上げているようなことは、全て皆さんお分かりになるんだというふうに思います。

歴史を捏造する金に溺れた歴史学者

実は今日以降ですね、これから私、意図的にですね、歴史修正主義に関する本とかが出回るようになりましたけれども、その歴史修正主義について、いろいろこれからお話、何回かに分けてお話ししていきたいと思っております。

その前に、今日私の歴史って言いますか、今起こっている国際情勢を見る視点というものを今申し上げたわけですけれども、実は歴史を見るのも同じことなんですね。

だからこれから少しずつ歴史修正主義についてお話し申し上げますが、それを、必ずしも歴史学者ではない皆様方に理解していただく上でですね、今申し上げたような、因果関係の読み方、見方というものを身につけていただければ、それは並の歴史学者よりもよく分かるということだけは私は請け負っておきます。

それはなぜ並の歴史学者が実は本当の意味で歴史がわかってないかというと、彼らが利害関係者なわけなんですね、利害関係者なんです。

どういう利害関係者かというと、学会の利害関係者であり、それから大学、あるいはそういう教育機関の利害関係者であり、メディア関係だとメディアの利害関係者であるわけなんですね。

ということは逆に言えば、どうしても飛び出せない枠、というものがあるわけなんです。

で、これは実際に私がそういう学者の方とかジャーナリストの方、あるいはいわゆるその評論家等の知識人の方と付き合って分かったことですけれども、どうしても突き破れない限界があるんですね。

それは、既存の、利害関係というか、利害関係を打ち破ることがまず難しいからなんですね。

その例は、前に申し上げましたが、これからもおいおい申し上げていきますけれども、残念ながら今までメディアの洗脳であるとかあるいは知識人が本当のことを言わないとかいろいろ言われておりますけれども、その背景っていいますか根底の一つは、つまり利害関係ということですね、利権なんです、利権なんですね。

ですから、その従来の利権と言いますか、日本で言えば戦後民主主義体制という大きな利権構造ですね。

その利権構造にどっぷりと浸かっている人は、なかなかそれをぶち破ることを、打破することができないということをもう一度強調しておきたいと思います。

この利権構造というものを打破しないと、実は歴史修正主義と、あるいは今までのゆがんだ歴史ですね、フェイクヒストリーと私は言っておりますけれども、それを見破ることができないわけですね。

だからそういう事は、皆さま方の多くはもうすでに気づいておられることですけれども、あえてここでもう一度強調しておきたいと思います。

産経新聞の典型的なフェイクニュースによる洗脳

そこで、先ほど申し上げましたメディアの洗脳の話を申し上げましたが、その典型的な例が今日の、まあ毎日、典型的な例を我々はあの経験しているわけですね。

地上波のテレビニュースを見たり、それから新聞を、主要紙を見て、毎日我々は洗脳されているわけですけれども、今日のたまたま今日の収録日は9月4日ですが、そこの産経新聞の2面にこういう記事が出ておりました。

これは先般ですね、ワシントンポストが8月の28日に、安倍総理がホワイトハウスで6月7日にトランプ大統領と会談した時に、トランプ大統領が、アメリカは真珠湾攻撃を忘れないということを言ったと、脅かした、脅かしたということですね。

そしてアメリカの対日赤字について激しく非難したと、そういうのをワシントンポストが伝えたわけですね。

これはワシントンポストが伝えたということが、一つのミソ、ポイントなんですが、そうするとそれに対して、日本のメディアもそのままワシントンポストの報道ということで、それを伝えわけですね、それは産経新聞も伝えました。

ところがそれで終わってしまっていると、これはワシントンポストに洗脳されてるということになりますね。

それで洗脳された人は単にその新聞を読んだ読者だけじゃない、今日の産経新聞によりますと、例えば時事通信はですね、このワシントンポストの報道を受けてこういうふうに流たわけですね、日米関係はかつてないほど強固という安倍総理の訴えの信憑性が揺らぐ発言だと、こういうことですね、これは時事通信らしいんですが。

それから共同通信は、対日貿易赤字の削減を目指し、圧力を強める狙いがありそうだ、なんてね。

このワシントンポストの記事が正しいという前提で、こういう報道をしているわけですね。

だけど、このワシントンポストの報道、つまりトランプ氏が本当に6月7日の日米首脳会談で、アメリカは真珠湾攻撃を忘れないと言ったのかどうかっていうのは検証してないわけです。

それを検証せずに、それを言ったという前提で、ワシントンポストの報道が正しいという前提で、こういう、今申し上げた時事通信とか共同通信が報道していますし、その他の主要紙ももう例外なくそういう報道やってるわけですね。

フェイクニュースを鵜呑みにする石破茂

画像出典:news-vision.jp

それだけならともかく、例えば石破さんですね。

石破さんの発言として、これは産経新聞がクオートしているんですが、他の所にも同じのが出てきていますので間違いではないと思うんですけれども、石破幹事長、今だからあの総裁選に立候補してますね、がこのワシントンポストの報道を受けてね、講演で、友情と国益は別だと釘を刺した、とこういうふうになっているんですけどね。

だから、こう言っちゃ悪いんですが、石破さんもワシントンポストの報道が正しいということをもう何の疑いもなく受け取ってるわけですよ。

だからそれを、友情と国益は別だなんて言い方ですが、要するに安倍総理とトランプ大統領との友情が国益を害してはならないということを言ってるわけですね。

フェイクニュースを鵜呑みにした玉木雄一郎の幼稚な反応

画像出典:ameblo.jp

まあ日本の野党が何を言おうと、事実上、日本の政治には何の影響もないと思いますけども、念のために玉木さん、今度国民民主党の代表になった人ですか、なる人ですか、がツイッターで、良好に見える安倍トランプ関係だが、冷却しているとツイッターでつぶやいた、なんてなってますけどね。

こういうその幼稚な反応ですね、幼稚な反応、つまりワシントンポストはこう言ったらすぐそれに飛びついて自分の都合のいい解釈をしているということですね。

それは、安倍総理に今挑戦してる、っていうのは変な言い方ですけどね、石破さんですらそうなんだ、ということを我々はちょっと考え直す必要がありますね。

こんなにワシントンポストの報道でこれだけの、なんて言いますかね、余計な反応というものを呼び覚ますということは、メディアの洗脳というものがいかに強いかということがわかるわけですね。

安倍・トランプ降ろしを行うメディアのフェイクニュースの手口

で、産経が、私が今日取り上げた理由は、実はこのワシントンポストの報道をチェックしてみたら、そうではなかったと。

全く違う文脈で真珠湾への言及があったのはですね、4月の18日の首脳会談ですね、フロリダでゴルフをやる場面で、トランプ大統領は、日本はアメリカを叩きのめすこともある強い国じゃないかと、真珠湾攻撃を持ち出してジョークを述べた、ということを産経は調べて上げてるんですね。

だからこれをワシントンポストは全く、曲解じゃないんですよ、誤報じゃないんです、意図的に捏造してるわけですね。

捏造して、首脳会談の時に、アメリカは、トランプはまだ真珠湾攻撃を忘れないぞと、安倍さんに釘を刺したみたいなそういう報道、捏造報道をやっているわけです。

これはもう皆さんおわかりですね。

なんでこんな報道をやったのか、それはトランプと安倍さんの機密な関係を裂くためにやっているんです。

だから私がメディアっていうのは常に洗脳をやってるっていうのは、こういうところなんです。

世界を洗脳し続けてきた2大新聞の正体

ワシントンポストなんて昔からそれやってるんですよ、ニューヨークタイムズも例に漏れませんけどね。

日本ではまだ知識人をはじめ、ニューヨークタイムズとワシントンポストは、アメリカの良心を代表する2つの大新聞だなんていまだに信じてるんですけどね。

それはアメリカだけでなくて、日本を含めて世界を洗脳してきた2大新聞なんです、アメリカのね。

そういうことがトランプ大統領の登場で、いよいよ白日のもとにさらけ出されてきたんですね。

ですから彼らは焦ってるんです、今。

今まで国民をを好きに騙してきたわけですね、アメリカ国民だけじゃなくて世界の世論を騙してきたわけです。

石破茂が首相の器では無い理由

いまだにそうですね、こういうワシントンポストが、真珠湾攻撃に触れたなんていう、嘘の情報を流すとそれにすぐ飛びつくいろんな人がいるわけですよね。

だから私はこれを別の意味から考えれば、石破さんという政治家の正体がわかりますね、そういう人なんです、この報道が本当かどうかもチェックせずに簡単にこういうことを言ってしまう人ですね。

そういうそのガードの甘い人は当然のことながら首相の器じゃありませんね。

そういうことは私は言ってもいいんだと思います。

つまりこれは別に彼に対する個人攻撃でもなんでもない、総理としての資質を問うているわけですね、資質に欠ける人だということを私は、こういうのは残念ですが、自信をもって申し上げます。

石破さんが総理になることはありませんけど、断定してもいいんだと思いますけどね。

にもかかわらずこういう方が自民党の、そういう意味ではメディアが重宝する、既存メディアが重宝する政治家として存在しているということ自体が、日本の政治の、まあいわば、なんて言いましょうかね、問題点のひとつだということに我々は気づかなきゃいけませんね。

今回の放送は石破元幹事長を批判することは目的ではありませんが、この報道を取り上げたのは、いかにメディアがフェイクニュースを流しているかと、その一つの最近の典型的な例としてはお話申し上げたわけです。

メディアのフェイクニュースは宿命である

メディアのフェイクニュースっていうのはもう宿命なんですね、宿命なんです。

以前に、エドワード・バーネイズの著作を挙げましたけれども、当時エドワード・バーネイズの上司だったウォルター・リップマンですね、皆さんもご存じの。

あの「世論」を書いて、それからピューリッツァー賞を2度も受賞した、ジャーナリストの鏡なんて言われているようなウォルター・リップマンは、アメリカの民主主義は幻想であると言ってるんですよ。

その通りですね、アメリカの民主主義は。

今回トランプが出てきて改めて、アメリカの民主主義が実は幻想だったってことがわかったわけですね。

オバマより前の大統領は、若干の例外がありまして、私が知る限りケネディ大統領とそれからレーガン大統領ぐらいは例外かもしれませんが、完全には例外になりえなかったんですが、ほとんどの大統領は皆そのアメリカの民主主義、幻想であるアメリカの民主主義の中で大統領に選ばれて、その中で大統領職を務めた人なんですね。

ですから本当の意味で大統領職を、真の意味で大統領としてのリーダーシップを発揮した人たちではなかったわけです。

実はフェイクニュースから色々たどっていきますと、そういうことまで、アメリカ政治の、なんて言いますかね、恥部っていいますか、そういうことまでわかってくるわけですね。

メディアのフェイクを世界にバラしたトランプ大統領

で、今まさにトランプ大統領がなぜメディアを攻撃しているかということを、日本のメディアは面白おかしく論じるだけですが、そうじゃないんです。

今までのアメリカ、だけではなくて日本も含めた、世界を牛耳ってきたメディアの欺瞞、メディアのフェイクニュースを今、攻撃してるわけですね。

ですから我々としては、トランプ大統領に頑張ってもらいたいし、トランプ大統領を応援しなきゃならないというふうに私は思っております。

トランプ大統領と、先ほど申し上げましたように安倍総理の仲を裂こうとしているのは、アメリカのそういう既存、既存というか私はもう旧勢力だって言っていますが、旧勢力だけではないんですね。

安倍・トランプの仲を引き裂く中国の工作

もう一つの勢力は、皆さんもうお察しておられる通りですが、中国なわけですね。

今トランプは中国をもう正面から攻撃しておりますが、だから中国は今日本に対して下手で出てきているわけですね。

でも、なにも日本が中国に対して下手で出る必要は毛頭ないわけです。

中国の狙いは、日米間の離間ですからね。

ですから、このワシントンポストの報道に、中国のそういう意図が働いたかどうかは分かりませんけれども、これは中国にしても好ましい報道だったわけですね。

そういうふうに我々は考えるだけの、考える力を持てば、それだけでも私は日本の政治はよくならざるを得ないと思っております。

実際、日本の政治を良くできるのは政治家ではなくて皆さん方ですね。

この番組をご覧いただいている普通の方々なんです。

実は私が常々申し上げておりますけれども、普通の方々という言い方は失礼かもしれませんが、皆さま方の民度が高いということが、日本をこれまで持たせてきた最大の要因ですね。

皆さんの民度が高かったからこそ、日本はこのような苦難の時期にあっても耐えてきてって言いますかね、今日、世界有数の国として、まだ残っているわけですよ、まだ残ってるわけですね。

世界有数っていうよりも、今や安倍総理のもとで世界をリードする国にまでなりましたね。

しかしそれをどうしても認めないのが、世界のメディアであり日本のメディアなんですよ。

こういうことに気付かなければいけませんね。

既存の枠を打ち破れない戦後民主主義の巨大利権

ですからこの、今日取り上げたこのワシントンポストの報道そのものは、つまり日本に対する挑戦でもあるんですね。

皆さんに対する挑戦でもあるんですよ、民度の高い日本人に対する挑戦でもあるんですよ。

だからそういうふうに我々が、精神武装することを常々私は申し上げていますが、それこそが日本の国防の第一歩なんです、日本の外交の第一歩であるわけですね。

ですから私もまあかつては外交の世界におりましたけれども、結局その外交を支えるのは、国民の一人一人の方々のこういう能力なわけなんですね、民度の高い国民性というものが、日本の外交を支え、日本の政治を支えているわけなんです。

こういうことは抽象的に言ってもですね、なかなか理解できないんですが、今日の具体的に、例えば今日申し上げましたようなワシントンポストの報道の絡みで、どういう人が、日本のどういう政治家がそれに反応しているかという例を若干申し上げましたが、それを見るだけでもお分かりいただけたと思います。

もう日本の、先ほど私はなかなかその既存の枠を打ち破れないのは戦後民主主義という大きな利権、体制の中に組み込まれているからだということを申し上げましたが、残念ながら石破さんも、それからまあ日本の野党も、そこに組み込まれている人なんですね。

そういうことに気づいていただければですね、今日の話は意味があったのかなというふうに思います。

2018.09

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す