【武田邦彦】日本・中国・韓国・朝鮮の関係が悪化し続ける理由!日本は親日国と手を組み直すべき!

朝鮮と中国から少しずつ手を引くべき理由

国か地域か、こんな事がなんで重要なのというとですね、現在、中国と韓国、朝鮮と、日本との関係が凄く悪いわけですよ。

もう、こんなにね国同士がいがみ合っているというか、日本はあんまり恨んでいないんですが、中国、韓国、朝鮮の動きは尋常じゃないですよね。

これを日本人が理解する事が出来るのはですね、国と地域の問題なんですよ。

これが分からないとですね、日本国内で溢れるほど朝鮮とか中国の悪口を言っているんですよ。

僕はもう悪口を言うのは辞めたらどうですかと言っているんですね。

隣の人が付き合うのが嫌だったら、隣と付き合わなくたって、一角向こうと付き合えばいいんだと。

だからこの際、朝鮮と中国から少しずつ手を引いて。

特に産業界ですよ。

求められる親日国との新たな連携

まぁ、経団連なんて僕から言ったら、ほんと日本人かと思うようなもんなんですが、手を引いて、トルコ、インド、インドネシア、ベトナム、マレーシア、こういう親日国と多いに連携を深め、経済的な結びつきもつけてですね、そして、発展させて行った方が、僕はいいと思うんですね。

そういう事になった原因はですね、1にも2にも、日本には国があるけど、まぁ可哀そうに中国と朝鮮には国が無いんですよ。

もうですね、中国は本当に悲惨で、中国の地域はあるんです。

これはシナって言うんですね。

シナが蔑視ではない理由

で、シナは蔑視だなんてね、日本のまたアホな左翼の人達が言っているんですけれども、シナというのはチャイナの漢字をあてた、チャイナというのは中国語からのやつですからね。

ところが今ね、パソコンで支那(シナ)って入れても、文字が出てこないんですよ。

これはね、リベラルの責任なんですよ。

ヤツらがですね、シナという言葉が出ないようにしているんですよ。

まぁ、凄いですね。

で、シナという地域があったんですよ。

国は無いんです。

中国の国というのは、漢・唐・宋・元・明みたいにですね、王朝が変わるごとに、国が変わるんですよ。

日本という国があって、鎌倉幕府とか、江戸幕府があるというんじゃ無いんですよ。

彼らは土地があるだけなんです。

地域があるだけなんです。

そこに漢という国が出来た、前漢なら前漢という国が出来た。

そこで、天子がいて、国民がいると、そこに住んでいるという事ですね。

まぁ、ずーっと下って唐が出来る。

唐が出来ると今度は、唐の天子がいて、国民がいるわけですよ。

それじゃ前の天子はどうなったかと言ったら、全部墓が暴かれて、骨がバラバラになっちゃうんですよ。

日本と朝鮮・中国の根本的な違い

日本は国の中の担当ですからね。

政権が変わるようなもんですから、まさに政権が変わるわけですね。

鎌倉から室町になれば、みんなストラクチャーは一緒なんですけれども、構造は一緒なんですけれども、源家、もしくは北条家、もしくは足利家というのが政権を引き継いでいるわけですから、もちろん前の殿様の墓を暴いたりなんかはしないで、丁寧に葬っているわけですね。

どんなに憎らしくて、どんなに戦っても、それは政権の変化ですからね。

ですから、国はずっと日本国なんですよ。

だけど、彼らは違うんですね。

僕がよく言うように、日清戦争の時に、清軍の歩兵と日本軍の歩兵が突撃体制に入るわけですよ。

ラッパが鳴ってさあ突撃というと、清軍はみんな逃げちゃうんですよ。

それで、日本軍はもちろん突撃しますから、あれ、なんであの人達逃げるのかなと思うんだけど、それは当たり前ですよね。

清という国は、その後すぐに滅びるんですよ。

国が滅びちゃうんですから。

中国という国があって、清が終わったら今度別の政権になるわけじゃ無いんですよ。

それがね、なかなか日本人には分からないらしいんですね。

ですから、色んな事が違うんですね。

例えば、北京城とか南京城というのは、お城の中に誰が住んでいるかと言ったら、国民が住んでいるんですよ。

なぜ住んでいるかと言ったら、城の外は他の国なんですよ。

だから、殺されちゃうんですね。

日本は全部が日本国ですから、お城には殿様しか住んでいないで、それで土地に住んでいる百姓は、殺されないんですよ。

あのギリシャですらね、アテネとスパルタが例えば戦って、アテネが勝ったら、スパルタの住民は奴隷としてアテネに移住させられちゃうわけですからね。

ところが日本の場合は、豊臣家と徳川家が戦って、徳川家が勝っても大阪の商品は連れて行かれないんですよ。

だから、全然、構造が違うんですね。

中国人が朝鮮人に付けた名前

朝鮮はもっと酷いんですよ。

朝鮮の事を言うのはちょっと悪いんですけどね、朝鮮は元々臭くてしょうがない国民だったんで、中国が朝鮮につけた名前が、穢(わい)っていう、うんこですよ。

そんな名前がついちゃった。

これは僕がつけたんじゃないんで、しょうがないんですね。

中国の人がつけたわけですから。

それで結局、もちろん国が無いんですよ。

国の名前が出来たのがごく最近なんです。

李氏朝鮮ていう日本が占領した時の王朝ですね。

それが、それまで国の名前って無いんですよ、実は。

だから、その時に国の名前をつけようかとう事になって、そこで初めて朝鮮という名前がついたわけですよ。

ですから、日本とう名前はもう随分ね、1500年くらい前からついていますから、そういう意味では朝鮮というのは、ずっと国の名前が無い地域だったんですね。

台湾も実はそうなんです。

台湾はもう日本が占領するまで国じゃなかったんですね。

日本が占領して初めて台湾というのが国になったんです。

嘘で扇動する左翼とリベラル

ですから、まぁこの、左翼の人とかリベラルの人は、勉強して知っていると思うんですけど、知っている事を言わないで嘘をついて国民を騙しているのかどうかはよく分からないのですが、まぁ、とのかく国と地域があるかどうかを全く論じないんですよ。

ですから、こじれにこじれちゃうんですね。

日本人も悪いんですよ。

相手の朝鮮とか中国には国が無いんですからね。

だから、変な事になっちゃうんですよ。

例えばですね、抗日戦争70年なんて言って中国共産党が大会をやり、それに韓国の朴大統領が出席したという事件がありましたが、日本は中国共産党とは戦っていないんです、全然。

中国共産党という国なんですよね。

中国に中国共産党と国民党とかがあったんじゃなくて、中国には国民党の党という政府とそれから中国共産党という政府があって、それぞれ国、その地域を占領しているにすぎない。

まぁあの、中華民国以来やや国的な要素は出て来ましたから、ちょっと私の今の言葉は少し極論なんですが、感じとしてはそうなんですね。

それをまだ引きずっているわけです。

中国の大金持ちが国外に逃亡する理由

ですから、よくみんなが分からないのは、日本は結構大金持ちでも、日本で骨を埋めようとする人が多いんですけど、中国は大金持ちになると、国外に逃げようとするわけですよ。

あれはね、国外に逃げようとする表現がまずいんですね。

元々、国が無いんですから。

だから、王朝が潰れれば逃げざるを得ないわけですね。

国が変わっちゃいますから。

今でもその意識は中国人に非常に強くて、中国人の場合は、家族とか親戚の方が、国よりか上にあるんですよ、実は。

だから、親戚一同で海外に逃げると、こういう風になるわけですね。

朝鮮の場合は、満州の民族が朝鮮の北部を中心として占領していた時が多くて、南部はですね、白州透江の戦いまでは随分日本人もいました。

そして、従来そこに住んでいる人というのは、あまりいなかったんですね。

ですから、朝鮮はもっと未熟でですね、国とうもの、地域というものをはっきりしなかったんですね。

朝鮮に正しい認識や歴史を教えようとしても無駄

だから、まぁちょっと朝鮮の人にですね、日本と同じような認識とか、歴史とかそういうのをですね、教えようというとちょっと上から目線なんですけど、そういう事を言ってもちょっと無駄なんですよね。

ハングル語を一生懸命作ろうとしたわけです。

ハングル語を普及したのは実は日本だったんですけどね。

朝鮮もやっぱり、一つの文字を持たないといけないだろうという事で、ハングル語を推薦したのは日本だったんですけど、そういう歴史的な事は抜きにしまして、ここでは大切なのは、世界の殆どの所は地域と王朝なんです。

国があったというのはですね、だいたい早くても今から500年前。

遅く言えばフランス革命以来なもんですからね。

日本人と相当違う。

この意識は、非常に僕は超重要だと思っております。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す