【ニュース 政治】望月衣塑子VS菅官房長官 質問騒動の真相を暴露!官邸記者クラブの最大の問題点とは?渡邉哲也

官邸VS望月衣塑子の熱くもない戦い

現在熱くもない戦いが繰り広げられております官邸VS東京新聞記者(望月衣塑子)という事で、記者クラブの闇という事について、お話をさせて頂きたいと思います。

メディアが報じない記者クラブの正体

そもそもですね、この記者クラブというものが何なのかというお話になってくるわけですが、この記者クラブというのは、あくまでも民間の任意団体であります。

特別に何か資格があって、行われている何かの公的な団体ではないという事をまずは理解してください。

そして、この記者クラブというものなんですが、各省庁別にそれぞれ記者クラブがあり、同時に政党などに対しての記者クラブも存在する。

この記者クラブというのは、それぞれが独立してはいるんですが、全て共通して言える事というのは、既存の大手メディアが支配しているという事なんですね。

元々、日本においては新聞の発達の方が先でした。

そのために、新聞協会に加盟する古くからの新聞社と、新規に出来上がって来た新聞の系列にあるテレビ局が、この記者クラブというものを牛耳っているわけです。

ここにはいくつかの問題があります。

記者クラブの最大の問題点

1つ目の問題、最大の問題は、この新聞社やテレビ局、古くからの大手資本が牛耳っており、新規参入が難しいという所にあるわけです。

大手の新聞社などは、新しく出来たネットメディアや、フリーの記者などをその記者クラブの記者会見に入れたがりません。

そのために、一種の既得権益化しているわけですね。

そして2つ目の問題は、この単なる民間団体である記者クラブというものが、事実上、省庁や政府の記者会見、殆どを牛耳っている事にあるわけです。

この記者会見場というのは、記者クラブの部屋もそうなんですけれども、基本的に、公的な施設の中にあり、その費用などを公が負担している場合が多いわけですね。

これは、単なる民意団体に対する利益供与と見る事も出来るわけです。

記者会見場で質問させて貰えないという欺瞞

そしてこの仕組みなんですけれども、幹事社というのがあって、数カ月に一度、新聞社とテレビ局、例えば官邸の記者クラブだと、新聞社とテレビ局がセットになった形で、変わっていく。

そしてこの幹事社が、その会見を全て仕切るという事になっています。

ですから、所属する新聞社や所属するテレビ局、記者などはその幹事社に対して、こういう質問をしたいという申し入れを行うわけです。

そして、時間調整などがなされて、質問される。

これが、いわゆる記者クラブにおける記者会見の仕組みという事になっているわけです。

某新聞社の記者は、「記者会見場で質問をさせて貰えない」とかですね、「これは政府が悪い」などと言っていますが、これを仕切っているのは、あくまでも記者クラブであって、その時の担当している幹事社の責任で、時間や質問内容が決められるという仕組みになっています。

官邸記者クラブは官房長官の時間の無駄

そして、日本の官邸記者クラブの最大の問題は、わざわざ毎回官房長官が質問に受け答えしている所にあるんだと思います。

海外などでは、政治家が説明わけではなく、プレース専門の報道官という人がおり、彼らがいわゆるメディア向けに記者会見を行っているわけです。

日本においては、わざわざその度毎に忙しい官房長官が時間を割かれている。

これこそ時間の無駄だと、私は思っております。

今日は記者クラブ制度について、お話を致しました。

渡邉哲也でございました。

 
 
 
最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す