【ニュース 韓国】大阪インターネットカジノで発砲した殺人未遂の韓国人を朝日新聞が通名報道の謎!

画像出典:Yahoo!ニュース – Yahoo! JAPAN

大阪インターネットカジノで韓国人が従業員に発砲し逃亡

11日、大阪市中央区惣右衛門のインターネットカジノ「バーファイブ」で、従業員が男に拳銃のようなもので撃たれ、意識不明となる事件が発生しました。

大阪府警は、撃った男は常連客の住居、職業不詳の韓国人姜眞一容疑者、通名井川眞一容疑者(34歳)と特定し、殺人未遂と銃刀法違反容疑で指名手配した事を発表しました。

朝日新聞だけが韓国人容疑者を通名で報道

ところが非常に不思議な現象が発生してしまっているようです。

大阪府警の発表では、容疑者は住居、職業不定の韓国人男性、姜眞一容疑者、通名井川眞一容疑者(34歳)であると発表しているにも関わらず、朝日新聞だけは、なぜか、通名の井川眞一容疑者としか報道していないんですね。

引用:asahi.com

NHK、毎日新聞、読売新聞、産経新聞などはきちんと、本名の韓国人男性、姜眞一容疑者と報じているのに、なぜ朝日新聞だけは、通名だけでしか報じていないのでしょうか?

朝日新聞にも、きちんと「韓国人男性による発砲事件」と報じて頂かないと、まるで日本人が拳銃を所持し、発砲事件を起こしたと勘違いしてしまいます。

現在は、マイナンバー制度もはじまり、在日韓国人であっても本名がきちんと把握出来るようになったわけですから、次回からは誤解が生じてしまわない為にも、朝日新聞に実名を報道できない理由が無いのであれば、きちんとNHKや他新聞と同様に、国籍、本名、通名を報じて頂ければと思います。

あと、毎日新聞は本名は伝えても、なぜか国籍を伝えていないようですので、きちんと、国籍、本名、通名を、国籍を報道できない理由が無いのであれば、きちんと報じて頂ければと思います。

引用:毎日新聞

朝日新聞の通名報道への世間の反応

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す